ミャンマー国軍、兵士・装甲車を展開 再びネット遮断

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM143AD0U1A210C2000000/

『【ヤンゴン=新田裕一、バンコク=村松洋兵】クーデターを起こしたミャンマー国軍は14日、最大都市ヤンゴンなどで国軍兵士の市街地への展開を始めた。国軍は同日夜、「今夜から国軍、警察、消防が協力して治安維持の責務を負う」と発表した。国軍は15日未明からインターネット接続を再び遮断した。

【関連記事】
ミャンマー国軍、令状なしで逮捕可能に 法律を停止

クーデターに抗議する数十万人規模のデモが全土で広がるなか、これまでは警察が治安維持に当たってきた。国軍がデモ鎮圧に武力…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

国軍は同日夜、「今夜から国軍、警察、消防が協力して治安維持の責務を負う」と発表した。国軍は15日未明からインターネット接続を再び遮断した。

【関連記事】

ミャンマー国軍、令状なしで逮捕可能に 法律を停止
クーデターに抗議する数十万人規模のデモが全土で広がるなか、これまでは警察が治安維持に当たってきた。国軍がデモ鎮圧に武力行使する懸念が強まった。

現地メディアがSNS(交流サイト)に投稿した写真や動画によると、14日夕方からヤンゴン市内の複数の主要道路を装甲車が進行した。装甲車は国軍基地を出て、市街中心部にある政府庁舎の敷地などに展開したという。

国軍関係者は14日夜、日本経済新聞の電話取材に、装甲車の展開を認めたうえで「治安悪化に市民がおびえているため」で、現時点では夜間に限定すると説明した。国軍は12日に収監中の囚人2万3000人以上に恩赦を与えて刑務所から釈放しており、多くの市民が治安悪化を警戒。近隣同士で自警団をつくるなどして対応していた。

15日は拘束中のアウン・サン・スー・チー国家顧問の勾留期限で、大規模デモが起きると予想されている。現時点では国軍が日中も市街地に展開するかどうかは不明だ。

国内の通信事業者は14日、「ミャンマー当局から15日午前1時(日本時間同3時30分)から同9時までインターネットを遮断するよう指示を受けた」と公表した。ヤンゴンでは15日午前1時ごろからインターネットが利用できなくなったが、同9時ごろに復旧した。

英国に本拠を置くネット監視団体「ネットブロックス」はミャンマー全土で午前1時ごろにネット通信量が急減したと報告した。ネット遮断は6~7日以来、2度目だ。

在ミャンマー米国大使館は14日深夜、英国やカナダ、欧州連合(EU)などと連名で「治安部隊にデモ参加者や市民への暴力を控えるように求める」とする声明を出した。米国大使館は同日、在留米国人向けのメールで「国軍が部隊を動かすとの情報がある」としたうえで、夜間は屋内に避難するように求めた。

国軍の展開はヤンゴン以外でも進んでいるとみられる。SNS上には北部カチン州で迷彩服を着た兵士とみられる一団が放水車とともに道路を進行する映像が投稿された。複数の発砲音も聞こえた。西部ラカイン州の現地メディアは、州都シットウェーで装甲車や警察が共同でパトロールする様子を撮影した動画を投稿した。

15日は国軍が拘束したアウン・サン・スー・チー国家顧問の勾留期限を迎える。スー・チー氏は無線機を無許可に輸入した嫌疑がかけられており、裁判所が15日間の勾留を認めていた。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

土屋大洋のアバター
土屋大洋
慶應義塾大学 総合政策学部学部長
コメントメニュー

別の視点 ミャンマーのネットワーク構成を見ると、南の旧都ヤンゴンから北方内陸部の首都ネピドーを通り、中国の昆明市に抜けていくルートが主要ルートのように見えます。海外につながる海底ケーブルが数本、他に隣国タイとの接続点が数カ所あるようです。国際的なゲートウェーを政府が押さえていれば、海外とのアクセスの遮断は容易でしょう。記事によれば国内の通信事業者も当局から要請を受けたとのことですから、インターネットの回復は政府の意向次第なのかもしれません。ただ、この時代にどこまで完全に情報封鎖ができるのか、注目したいと思います。
2021年2月15日 11:28いいね
9