中国の探査機、火星の軌道入り成功

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM10DLT0Q1A210C2000000/

『【北京=多部田俊輔】中国の国家宇宙局は10日、初の火星探査機「天問1号」が火星の周回軌道に入ることに成功したと発表した。5、6月に着陸を計画している。これまでに米国だけが成功した火星での軟着陸と探査を実現し、「宇宙強国」をアピールする狙いだ。 

天問1号は2020年7月に大型ロケット「長征5号」に搭載されて海南省の文昌宇宙発射場から打ち上げられた。…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

今年は中国共産党の結党から100年を迎える節目の年で、習近平(シー・ジンピン)指導部は火星探査成功で国威発揚も狙う。

火星探査を巡っては、日本の種子島宇宙センターから三菱重工業のロケット「H2A」によって打ち上げたアラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機も9日に火星の周回軌道に入ったばかり。米国の火星探査機も近く火星の周回軌道に入るとみられる。