中国のワクチン外交はASEANの支持を得られなかった:調査

https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/China-s-vaccine-diplomacy-fails-to-win-ASEAN-support-survey?n_cid=DSBNNAR

『(Google翻訳文)
中国のワクチン外交はASEANの支持を得られなかった:調査
中国が最もパンデミックな援助を提供しているにもかかわらず、北京に対する不信感は残る

SinoVac COVID-19ワクチンは1月にジャカルタの主要国際空港で降ろされます:ASEANの人々は中国の助けを認めていますが、多くの人がその影響を警戒しています。©ゲッティイメージズ
谷正太郎(日系スタッフライター)
2021年2月10日 07:00 JST
ジャカルタ — シンガポールのISEAS-Yusof
Ishak研究所のASEAN研究センターの調査によると、「ワクチン外交」を通じてコロナウイルス大流行の間に東南アジアで心を勝ち取ろうとする中国の試みは横ばいになったようだ。

11月18日から1月10日まで実施された東南アジア諸国連合10カ国の学者、政府関係者、ビジネスマンを含む1,032人の世論調査では、回答者の44.2%が、中国がパンデミック期間中に地域に最も多くの援助を提供したと答えました。

中国は、この地域の国々とのCOVID-19ワクチン取引に積極的に取り組んできました。インドネシアはすでにシノヴァツから300万の既製ワクチンと2,500万種のバルクワクチンを受けており、現在国内で唯一のワクチンであり、大量接種プログラムに使用しています。フィリピンとマレーシアは1月、中国企業からそれぞれ2500万回と1400万回の用量を確保したと述べた。ミャンマーは1月の王毅外相の同地域訪問中に30万回の投与量を約束された。

しかし、これらの努力にもかかわらず、回答者の61.5%は、彼らが進行中の米中のライバル関係で側を選ぶことを余儀なくされた場合、中国よりも米国を選択すると答えました。米国支持率は昨年の調査から7.9ポイント上昇した。

「新しいバイデン政権の見通しの結果、この地域のワシントンへの支持が高まったかもしれない」と報告書は述べている。

調査の他の結果は、ASEAN諸国が中国をこの地域の主要なプレーヤーと見なし続けている一方で、多くの人がその影響力を警戒していることを示しています。

回答者の約76.3%は中国がこの地域で最も影響力のある経済大国であると答え、ラオス、タイ、シンガポール、ミャンマー、カンボジアでは80%以上が米国、EU、日本などの国やブロックに対して中国を命名した。しかし、中国が最も揺れ出していると見た人々の中で、72.3%が「地域の経済的影響力の増大を心配している」と述べた。

同様に、49.1%は中国をこの地域で最も影響力のある政治的、戦略的大国と名付け、米国が30.4%を上回った。しかし、北京を選んだ人々のうち、88.6%がその影響力を心配していると言いました。約46.3%は、中国が「修正主義勢力であり、東南アジアを勢力圏に変えるつもりだ」と同意し、31.5%は中国が「徐々に米国の地域リーダーとしての役割を引き継ぐ」と見ており、2020年の34.7%から減少したと述べた。

中国も世界大国の信頼度が低かった:63%は、中国政府が世界社会に対して「正しいことをする」という「自信はほとんどない」または「自信がない」と述べ、2019年の51.5%から著しく上昇した。中国の意図に関して「自信」または「非常に自信を持っている」人々は、2年前の19.6%から16.5%に低下した。

日本は地域で最も信頼されている国で、67.1%が世界の善のために行動すると予想していると述べた。米国とEUは、いずれも前年に比べて信頼性に対する認識が著しく高まり、回答者の48.3%と51%がそれぞれ、世界的な利益のために行動することを期待していると答えた。

「中国におけるこの地域の信頼の赤字は上昇傾向にある。中国は、2020年の60.4%から2021年には63.0%にマイナスの評価を引き上げた唯一の大国です。「この地域における中国の支配的な経済的、政治的影響力は、愛情よりも畏敬の念を生み出した」と報告書は述べている。「大多数は、このような経済的なヘフトが中国の軍事力と相まって、自国の利益と主権を脅かすために使われるのではないかと懸念している」。』