[FT]キューバ、経済の大半を民間に開放

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0931B0Z00C21A2000000/

 ※ 「陥落」の一歩手前のように、見受けられる…。

『ソ連崩壊後最悪の経済危機に苦しむキューバ政府が民間部門の大幅な拡大を発表した。

ディアスカネル大統領率いる政府は1月に通貨ペソの切り下げと二重通貨制度の廃止を実施したのに続き、先週末、経済の大部分で民営企業の活動を認めると発表した。

フェイトー労働大臣は民間の活動を認める業種を現在の127から2000超に増やすと述べた。国営企業が一部または全部を占める業種は124だけとなる。同氏は対象となる業種に…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

同氏は対象となる業種については明言しなかった。

国営企業への補助金廃止で倒産が相次ぐ可能性
1959年のキューバ革命以降で初の通貨切り下げにより、国内の物価は上昇している。政府は一部国営企業への補助金廃止も計画しており、倒産が相次ぐ可能性もある。

通貨制度改革と民間部門拡大には政治的リスクが伴うと専門家も危惧する。通貨切り下げで大半の商品やサービス、公共料金が値上がりした。公務員の賃金や年金は大幅に引き上げられたが、市民は不満をあらわにしている。

トランプ前米政権による制裁で弱体化した同国経済に、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が追い打ちをかけている。観光業収入はほぼ消滅し、輸入に依存する同国は深刻な外貨不足に陥っている。

長年停滞していた経済は2020年に前年比11%のマイナス成長となり、輸入は3分の2に減少した。債権者は資金を回収できず、市民は日用品を買うのに何時間も列に並んで待つ。

主要産業の観光部門では20年の外国人訪問者数が80%近く減少した。11月に空港が再開され旅行者数はわずかに回復したものの、コロナ感染者の急増を受けて経済回復への期待はしぼみつつある。

経済改革で雇用創出や物価抑制
同国の経済学者で改革を支持するリカルド・トレス氏は、民間への経済開放が実現すれば雇用創出や物価抑制にもつながるとの見方を示した。

「当局が国営企業の再編を進めたり、官僚の裁量範囲を狭めたりしやすくなる」と同氏は話した。

トランプ前大統領は政権交代直前にキューバをテロ支援国家に再指定した。キューバ政府はバイデン米大統領が厳しい制裁の一部を解除し、オバマ政権時代の緊張緩和路線に戻ることを期待している。

米キューバ貿易経済委員会のジョン・カブリッチ委員長は、キューバ政府が為替レートの自由化と民間部門拡大に成功すれば、米国もキューバに関与しやすくなると指摘した。

「経済再建に真剣に取り組んでいるとバイデン政権に信じさせることが最も重要であり、その真剣さを示す唯一の道は変革の痛みに耐えることだ」

現状では厳しい制限や規制
1991年12月のソ連崩壊以降、キューバは民間にどの程度経済を開放すべきか検討を重ねてきたが、現状では厳しい制限や規制を課している。

当局は「民間部門」という言葉を使いたがらず、「非国家」部門と呼んでいる。「民間企業」は「自営業」と称される。国営メディアが民間部門の拡大を決定した閣議を報じた際は「自営業の仕上げ」と形容した。

国営企業を経由するという条件付きながら、民間企業が卸売業や輸出入業務を認可され、海外投資家からの資金受け入れが可能になったのもつい数カ月前のことだ。一方、個人事業を会社として登記したり、国営企業などと同等の権利を付与したりする法改正は長年の公約にもかかわらず、いまだに実現していない。

非国家部門は主に小規模事業者や協同組合とその従業員、専門技術者、タクシー運転手、小売業者などで構成する。数十万戸の小規模農家は原料や資材を国から購入し、農産品も国に販売しなければならない。

フェイトー大臣は60万人以上が民間部門に従事し労働力の約13%を占めていると述べた。またその40%が観光で生計を立てているか、公共交通機関で働いているとの推計を明らかにした。

元キューバ中央銀行のエコノミストで現在は南米コロンビアのハベリアナ大学カリ校で教べんをとるパベル・ビダル氏は、国営企業再編と一部企業の倒産につながるとみられる通貨制度改革が成功するかどうかは、民間部門の拡大にかかっていると話した。

「自営業者にとってはドル資金も資本もほとんど持たず、複雑な経済情勢下で事業を始めるのだから前途多難だ。だが少しずつ良くなっていくだろう」

By Marc Frank

(2021年2月9日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/

(c) The Financial Times Limited 2021. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

英フィナンシャル・タイムズ(FT)と日経新聞の記者が、アジアのテクノロジー業界の「いま」を読み解くニュースレター「#techAsia」の日本語版をお届けします。配信は原則、毎週金曜。登録はこちら。
https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=B009&n_cid=BREFT053

【関連記事】
[FT]バイデン政権 キューバとの関係改善へのハードル
米、キューバ国営銀を制裁対象に 「軍が支配」と判断
キューバ、2021年初に二重通貨を一本化
キューバ、米の制裁緩和を期待 バイデン氏当確で