〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕

 ※ 元記事に飛んで、Google翻訳にかけてみたが、NHK記事の「焼き直し」のようだった…。

 ※ ただ、「コメ欄」への書き込みでは、「通常の事故とは、思われない。」「なんらかの、軍事諜報が絡んでいる可能性が高い。」という書き込みが、多かった…。

『Thomas Newdick 記者による2021-2-8記事「Check Out The Damage To This Japanese Submarine After It Collided With A Cargo Ship」。
   8日の午前10時58分に、足摺岬の25マイル南東海上で、『そうりゅう』が鉄鉱石バラ積み船の船底を擦った。
 『そうりゅう』は訓練中であった。
 『そうりゅう』は2900トンで長さは275フィート強。

 相手船は香港船籍の『オーシャン・アルテミス』(5万1000グロストン、全長750フィート)で青島を金曜日に出港して岡山県に向かっていた。※岡山に届けるのに豊後水道は通らないのか。

 『そうりゅう』のマストハウジング、ペリスコープ、アンテナが損傷。
 このため通信ができなくなり、艦を陸地に近寄せて乗員がスマホで呉と連絡をとった。そのため最初の報告は事故から3時間半後になった。

 第五管区の海保が飛ばした捜索機「サーブ 340B」が多数の写真を撮影し公開。それを見ると、潜舵が一枚折れている。

 商船側に怪我人はいないという。

 一般に潜水艦は、パトロール中や、作戦情況を与えられた訓練中は、浮上するにしてもアクティヴ・ソナーは使わない。

 ※潜水艦が自己の所在を韜晦しつつ長距離移動するために大型貨物船の底にぴったり張り付いて行くなんざ世界中の海軍でやっていることで、なぜその訓練をしてましたと正直に言えないのかいまだに理解に苦しむところだ。何ゆえか、貨物船の船底との距離間隔を適正に保ち続けるのに失敗したのである。海水の浮力(塩分濃度)や海流が急に変わったせいかもしれない。いずれにしても操舵室では反応し切れない急変だったのだろう。ところで事故の時刻は、日照のある時間帯だった。米潜が北極海の氷の下を進むときは、「トゥエルヴ・オクロック・ハイ」を見張れるTVカメラをモニターしながら進む。日本の潜水艦には、この上向き監視用のカメラは付いてねえのか? 撞木鮫みたく潜舵の両端にカメラをつけておけば、距離感だって掴めるだろ。それともうひとつ。艦首とセイル頂部と後甲板に3個の真上向きの指向性パッシヴソナーをつけておけば、これまたステレオ効果で貨物船との「ヘッド・ルーム」の変化を刻々と追えるだろ。それを可視化するモニターを操舵手の目の前に置けばいい話じゃね?』