〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕(その1)

『Peter Keller 記者による2021-2-2記事「The Outlook for LNG as a Marine Fuel」。
    現在、新造発注商船の燃料としてLNGが選ばれる率は13%で、これはますます増えると予想されている。
 2020年には、「バイオLNG」で走る外航船も、初登場した。

 国際商船協会IMOは、2030年までにカーボン排出を21%減らせ、という方針。これはウェル(油井)からウェーク(航走)までの全過程が対象なので、地下からLNGを採掘するのでは理想的ではない。
 だから バイオLNGの次は 合成LNGが実用化されることが期待されている。2050年までに。

 しかし合成LNGができるようになるには最低10年かかるだろう。そのくらいに、見通しが立っていない。

 銀行はグリーンファイナンスに傾いているので、LNG船の建造資金を融資してくれという申し込みは、受け入れられやすい。

 バイオLNGは、食料廃棄物や畜産業廃棄物、森林にうっちゃられているバイオマスを原料とするので、「カーボン・ニュートラル」である。つまり、もともとは大気中に存在していた二酸化炭素が、燃やされて、ふたたび大気中に帰るだけ。

 ナタネ油とかパーム油だと、食料生産活動と競合したり、森林破壊を助長してしまう。今考えられているバイオLNGは、そうした競合や自然破壊を最初から回避するのである。

 しかもバイオLNGは化学成分としては化石LNGと同じなので、エンジンも、貯蔵施設も、これまでのLNG用のものでOK。すべて今のもので、対応できる。

 現行のLNG専焼エンジンは、メタンガス漏出はゼロである。しかしLNG供給網の途中で、メタンの大気中への漏出をゼロにはできまい。このメタンは、二酸化炭素以上に、地球を温暖化するガスである。

 最終的には太陽光や風力で発電した電力によって合成LNGをつくるところまでいかないと、「ゼロエミッション」とはならない。それはいつの日であろうか。

 ※核融合炉なんてものができたとしても、そのマシンの内部には中性子線が飛び交うので、内部の機械類は強烈な放射性を帯びてしまう。それが古くなれば、それらはすべて、高放射性の廃棄物となるしかないのである。』