バイデン氏支持率、歴代平均下回る 米ギャラップ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN05EK60V00C21A2000000/

 ※ そういう「分断」に対する、唯一の「処方箋」が、「好調な経済」だ…。

 ※ コロナがなければ、トランプ氏が再選される可能性が、高かったろうにな…。

 ※ 人々のプライオリティも、生命の危険>日々の生活…、というわけだ…。

 ※ バイデン政権は、「不人気政権」としてのスタートを切るわけだ…。

 ※ これで、「経済も、不調。」だと、あっと言う間に「にっちもさっちも」に、追いつめられることになる…。

『【ワシントン=永沢毅】米調査会社ギャラップがまとめたバイデン政権発足後初の世論調査でバイデン大統領の支持率は57%だった。第2次大戦後で1期目に臨んだ歴代大統領の初調査の平均(60%)を下回った。不支持率は37%となり、トランプ前大統領(45%)に次いで史上2番目の高さだった。

支持率が歴代の平均を下回ったのは米国の分断が主因だ。民主党支持層は98%が支持したが、共和党支持層では11%にとどまる。87ポイントという党派間の支持の差は就任後初の調査としては過去最大だ。共和支持層は85%が不支持を表明した。

トランプ氏も支持率に党派間の差が際立ち、2017年の初の調査でその差は76ポイントにのぼった。今回の調査は1月21日~2月2日に実施した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login