米韓首脳「日韓関係の改善を」 初の電話協議

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM041DV0U1A200C2000000/

 ※ 「見出し」と中身が、相当違っている印象だ…。

 ※ 単に、『韓国側によると、両首脳は日韓関係の改善と日米韓の協力関係が「地域の平和と安定に重要だ」との認識で一致した。』というだけの話しだ…。

 ※ しかも、『韓国側によると、』ということだ…。

 ※ こういう時は、相手の米国側が、どういう発表を行っているのか…、ということを調べる必要がある…。

『【ソウル=恩地洋介】バイデン米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日、電話で約30分間協議した。韓国側によると、両首脳は日韓関係の改善と日米韓の協力関係が「地域の平和と安定に重要だ」との認識で一致した。1月20日にバイデン政権が発足して以来、初めての電話協議となる。

両首脳は米韓同盟の強化を目指す方針を確認した。韓国大統領府によると、協議では「朝鮮半島とインド太平洋地域の協力を超え、民主主義や人権に寄与する包括的戦略同盟」という表現を使った。文氏は協議後、ツイッターで「韓米同盟をもう1段階アップグレードすると約束した」と明らかにした。

米朝対話を巡っては、早期に包括的な対北朝鮮戦略をまとめる必要があるとの考えで一致した。文氏が「朝鮮半島の非核化へともに努力しよう」と呼び掛け、バイデン氏は「韓国と共通の目標のため、緊密に協力していく」と応じた。

クーデターで国軍が暫定統治するミャンマー情勢についても意見を交わした。懸念を共有し「民主的、平和的な問題解決へ協力する」と確認した。

米朝対話の再開を望む文政権は、バイデン政権との関係強化を最優先の外交課題に据えている。文氏はツイッターに「新型コロナウイルスや気候変動、経済の両極化など世界的危機での『米国の帰還』を歓迎した」と投稿した。』

『Readout of President Joseph R. Biden, Jr. Call with President Moon Jae-in of the Republic of Korea | The White House

President Joseph R. Biden, Jr. spoke today with President Moon Jae-in of the Republic of Korea to stress his commitment to strengthening the United States-ROK alliance, which is the linchpin for peace and prosperity in Northeast Asia. The two leaders agreed to closely coordinate on the Democratic People’s Republic of Korea. They also agreed on the need for the immediate restoration of democracy in Burma. The two Presidents discussed a range of global issues critical to both our nations and agreed to work together to address shared challenges such as the COVID-19 pandemic and climate change.』

 ※ ホワイトハウスの、「ブリーフィング」の内容は、以上のようなものだ…。( https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2021/02/03/readout-of-president-joseph-r-biden-jr-call-with-president-moon-jae-in-of-the-republic-of-korea/

 ※ オレの「つたない英語力」では、「日韓関係の改善」も、「日米韓の協力関係」も、見つけることはできんかった…。

 ※ ただ、「米韓同盟は、北東アジアの平和と発展にとっての「リンチピン(重要な要(かなめ))」であるという従来からの認識を、繰り返したこと…。

 ※ そして、「ビルマ(ミャンマー)の民主主義を、早急に立て直す必要があること」「新型コロナや、気候変動の問題のような、世界的な課題について、協働していくこと」で同意したこと…、は読み取った…。