台湾企業、中国勢との接近止まらず 米国の意向に逆行

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0165H0R00C21A2000000

『【台北=中村裕】台湾の大手が中国企業との連携を強めている。高速通信規格「5G」関連や電気自動車(EV)などの成長分野で、出資や合弁生産に踏み出す事例が相次ぐ。中台が補完し合い、中国市場で巨大な利益を分け合うのが狙い。米国政府は昨年から台湾に接近して新たなサプライチェーン(供給網)を構築し、中国を排除する絵を描いてきたが、台湾大手がこれに逆行する動きをみせている。

iPhone生産で世界2位の台湾大…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

iPhone生産で世界2位の台湾大手、和碩聯合科技(ペガトロン)は1月28日、中国企業と手を組み、今後は「中台連合」で5G対応のiPhone生産を強化すると発表した。具体的にはペガトロンが傘下の有力子会社株を、競合する中国新興の立訊精密工業(ラックスシェア)に約1千億円で売却。ラックスシェアは高度な技術や半導体などのサプライヤー網を新たに手にし、台湾勢が独占してきたiPhone生産に参入する。

ラックスシェアは既にペガトロンから約100億円の出資も受けており、事実上、相互出資の形を取った。今後は中台連合で調達や生産などを融通し合い、米アップルの巨大ビジネスを分け合う戦略だ。

こうした台湾企業の動きが最近目立つ。iPhone生産で世界最大手の鴻海(ホンハイ)精密工業も1月、中国車大手の浙江吉利控股集団とEVで提携した。折半出資で新会社を設立し、急拡大が予想される中国のEV市場を取り込む戦略だ。吉利の李東輝最高経営責任者(CEO)も「台湾の鴻海との強力な提携で、業界に変革をもたらす」と強気のコメントを残している。

鴻海は同じ1月、中国新興EVの拝騰(バイトン)ともEVの量産で提携すると発表。矢継ぎ早の中国企業との提携で、新規参入となるEV市場で弾みをつける狙いだ。

中台の連携は半導体でも進行する。昨夏、米制裁で窮したファーウェイが、真っ先に頼ったのが台湾勢だった。9月中旬に制裁が強化される前に半導体を大量に確保する必要があったが、それに全力で応じたのが台湾半導体大手の聯発科技(メディアテック)と台湾積体電路製造(TSMC)だった。

米国が厳しい視線を送るなか、中台はさらに関係性を強めた。特にメディアテックの動きが目立つ。昨年後半から小米、OPPO(オッポ)、vivo(ビボ)の中国スマホ3強向けに、5G用半導体の大量供給を開始。今や「メディアテックなくして、中国メーカーの存在はない」(業界関係者)。米制裁は順守しつつも、中台で持ちつ持たれつ、取引の拡大が進むのが現状だ。

2017年には小米がメディアテックの最高執行責任者(COO)を招き入れた。中台企業で経営幹部の動きは以前から活発だったが、今も健在。中国半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)は、米国から制裁を科された直後の20年末にTSMC出身の台湾人有力幹部2人を経営陣に迎え入れ、救いを求めた。支え合う今の中台の企業関係を象徴する動きだ。

一連の動きから読み取れるのは、ビジネスにおける中台関係の分厚さだ。中国には「台商」とよばれる台湾人経営者が約80万人もいる。市場の小さい台湾を90年代に離れ、言語が通じる中国大陸で工場を次々と建設し、財を成してきた人々だ。

中国の高度経済成長期を支え、頂点には鴻海の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏らがいる。経済界に強い影響力を持ち、中国との融和路線を敷く最大野党・国民党の支持者が多い。脱中国を掲げる民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権とは利害が一致しにくい。

そのため、昨年から急接近した米政府と台湾当局の動きにも距離を置く。米台は昨年11月、ワシントンで初の「経済対話」を実施し、半導体や5Gを中心に新たなサプライヤー網を構築し、中国排除で一致した。だが、台商の多くは否定的。中台の経済のパイプを断ち切るのは容易ではない。

それでも、中国に強硬だったトランプ前政権の時代は、台湾企業も派手な動きは控えた。米政権の移行後も、政治的には台湾と米国の関係は続くとみられる。ただ、ビジネス面では台湾勢は中国との関係を再び強め、巨大な中国市場で果実を得ようと、再び現実路線にかじを切り始めている。

iPhoneビジネスを独占してきた台湾勢が、中国メーカーと手を組み、協力姿勢に転じている=AP
昨年、台湾から中国への輸出額は過去最高の1514億ドル(約16兆円)。輸出全体の44%を占め、台湾経済をまさに中国大陸が引っ張った。米国の予想に反し、中台関係は今、経済で一段と関係を深めている。

ライバルの中国企業に有力子会社を手放してまで、中台連携を優先し、iPhone事業の拡大戦略を打ち出した台湾のペガトロン。経営ナンバー2の程建中・副董事長は「サプライチェーンに色はない。(紅いといわれ、警戒される中国企業であろうと)いつでも協力できる相手になりうる」とし、中国との連携の必要性を強調する。