EUのワクチン輸出制限、WHOなどが批判

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR313RC0R30C21A1000000

『【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)が打ち出した新型コロナウイルス用ワクチンの輸出制限措置が、国際社会から批判を受けている。変異ウイルスがまん延するEUがワクチンを囲い込み、国際協調の足並みを乱していると映ったためだ。EUは事態を沈静化させたい考えだが、措置は継続する構えだ。

「まず私に相談すべきだった」。アイルランドのマーティン首相は1月31日、英BBCの番組で苦言を呈した。矛先は同29日…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

矛先は同29日に輸出制限の導入を発表したEUだ。EUは加盟国アイルランドと地続きの英領北アイルランド間のワクチン輸送も制限の対象になるとの見解を示していた。

20年1月にEUを離脱した英国とEUとの離脱協定には「深刻な経済的、社会的な困難がある場合」に輸出を止められる規定があり、ワクチン確保に躍起のEUはこれを発動しようと画策した。だが北アイルランドの国境問題は過去の紛争で多くの犠牲者を出した歴史があり、英国の離脱交渉で最大の懸案の一つだった。欧州委の拙速な対応に英国だけでなく身内のアイルランドからも批判が出て撤回に追い込まれた。

輸出制限措置はEUが域内で製造したワクチンの出荷計画を事前に申告し、許可を得るよう製薬会社に義務づける内容だ。英アストラゼネカが1月下旬、EUへの1~3月の供給量を過去に合意していた半分以下に削減すると通告したことにEUが反発し、契約を守るよう圧力をかけた形だ。

欧州委はワクチンを総額27億ユーロの基金から購入し、ワクチン開発や治療に8億ユーロ以上を支援する。キリヤキデス欧州委員(保健・食品安全担当)は「EUの資金を得る以上、企業は契約を守らねばならない」と訴える。

EUが強硬な手段に出たのは加盟国との関係を重視したためだ。EUは加盟27カ国を代表し、執行機関の欧州委員会がワクチンを調達する。EUの結束を優先し、小国が手に入らない事態を避けたい考えだが、EUにかかる重圧は大きい。

加盟国からは「ワクチン配分が遅い」との不満が出ており、ハンガリーは中国製のワクチンを独自に承認した。秋に議会選を控えるドイツでもワクチンがどの程度行き渡るかで選挙結果に影響するとの見方もある。

EUの強硬姿勢には世界から批判が相次ぐ。カナダのエング中小企業・輸出振興・国際貿易相はEUのドムブロフスキス上級副委員長との電話協議で「健康・医療の供給網が開かれたままであることは重要だ」とクギを刺した。

世界保健機関(WHO)も「ワクチンの公平な分配を妨げうる」と主張する。EUは人口4億5千万人に23億回分のワクチンを契約しており「必要以上に囲い込んでいる」との批判もある。日本や韓国も相次ぎ懸念を表明した。

高官は記者団に「他国の懸念は理解できる」と話すが、変異ウイルスの感染者が急増し、外出制限の影響で経済も低迷するなか、ワクチン確保が命綱となっているのが現状だ。

クリックするとビジュアルデータへ https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-vaccine-status/