韓国白書、日本の表記を格下げ

韓国白書、日本の表記を格下げ
「同伴者」から「隣国」に
https://this.kiji.is/729177174555099136?c=39546741839462401

 ※ そういうことをやっている「余裕のある国際情勢」じゃ、ないだろう…。

 ※ この国でかねがね疑問なのは、ちゃんと「情勢分析」をやっているのか…、ということだ…。

 ※ 他人の国のことながら、「それで、いいのか…。」「そういうことを、やっていていいのか…。」と言いたくなる…。

『【ソウル共同】韓国国防省は2日、2年に1回発行している国防白書(2020年版)を発表した。聯合ニュースによると、周辺国との交流や協力について記載した部分で、18年版白書では日本は共に協力しなければならない「同伴者」と表記していたが、今回は「隣国」との表現にとどめた。聯合は「悪化が続く韓日関係を反映した格下げだ」と伝えた。

 国防省関係者は今回の表記変更について、19年の日本政府による輸出規制強化措置などのため「隣国が妥当だと判断した」と説明した。

 18年版白書では、従来の「韓日は自由民主主義と市場経済の基本価値を共有している」との記載が削除された。』