米中のはざま、退く民主化 ミャンマーでクーデター

米中のはざま、退く民主化 ミャンマーでクーデター
アジア総局長 高橋徹
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0177Y0R00C21A2000000

『半世紀もの国軍の政治支配を振りほどき、順調に歩んでいたかにみえたミャンマーの民主化は、クーデターによってわずか10年で頓挫した。バイデン米新政権の発足直後に世界を揺るがせたアジア発の政変は、民主主義の岐路を象徴する。

バイデン氏が副大統領を務めたオバマ政権は、対外政策の重心を中東からアジアへ移す「アジア・リバランス(再均衡)」を掲げていた。対中国で弱腰だと批判されたなか、数少ない成果がミャンマー民…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

対中国で弱腰だと批判されたなか、数少ない成果がミャンマー民主化だった。

アウン・サン・スー・チー氏の軟禁など、かつての軍政は民主化運動を弾圧した。米国は1997年以降、自国企業による新規投資やミャンマーからの輸入、金融取引を禁止する制裁を科した。

軍政が2010年の総選挙後に民政移管を進めたのは、米欧から制裁解除を引き出し、停滞する経済を成長軌道に乗せるためだった。米国も呼応した。12年11月、オバマ氏が現職の米大統領として初めてミャンマーを訪れ、コカ・コーラやマスターカードなど米企業も次々と同国に参入した。

米国が意識したのは北隣の中国の存在だ。ミャンマーは中国とインド、東南アジアの結節点という地政学上の要衝に位置する。中国の影響力をそぎつつ「最後の経済フロンティア」の成長力を取り込むことは、国益にかなっていた。15年の総選挙でスー・チー氏が政権を手中にし、その流れは加速するかに思えた。

転換点は17年以降に深刻化したイスラム系少数民族ロヒンギャへの迫害問題だ。国軍だけでなくスー・チー政権の対応にも国際社会の批判が集まり、外資は投資機運に水を差されてしまった。

中国は息を吹き返す。ロヒンギャ問題に理解を示し、広域経済圏構想「一帯一路」では港湾や発電所、鉄道の開発を支援する。今回の政変も「我々はミャンマーの友好的な隣国」と静観する。米欧からの再制裁の恐れもある国軍の頭の中に、後見役としての中国の存在があるのは間違いない。

「台頭する中国、衰退する米国」という構図を背景として、強権政治が幅を利かせるのは、ミャンマーだけではない。14年のクーデターを経て軍が政治を主導するタイ、フン・セン首相の与党が野党弾圧により国会の全議席を握るカンボジア、ドゥテルテ政権が人権無視の薬物犯罪捜査を進めるフィリピンも同様だ。

バイデン政権はオバマ時代の外交チームを再結集し、改めて民主主義や人権を対外政策の柱に据える。だが尻すぼみだったリバランスと、アジア軽視が覆い隠せなかったトランプ前政権下で薄れた影響力は、容易には取り戻せそうにない。

(アジア総局長 高橋徹)

【関連記事】
ミャンマー民政頓挫 国軍、改憲論に危機感
ミャンマー「最後の成長市場」暗雲 中国への傾斜懸念
ミャンマーでクーデター 国軍が全権掌握
ミャンマー最大都市、クーデターで混乱 携帯一時不通
バイデン氏、ミャンマー制裁排除せず 民主化後退を懸念