米、対中関税を精査中 国務長官「国益沿うか確認」

 ※ ちょっと日和った印象だな…。

 ※ ミャンマーへの「投資」の救出と、バーターでもするつもりなのか…。

 ※ あとは、香港市民脱出の支援ビザでも、取り下げるか…。

 ※ いずれ、「ミャンマー・クーデター」の一撃は、相当効いたようだ…。

『【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は1日放送のNBCテレビのインタビューで、トランプ前政権が発動した中国に対する制裁関税について精査していることを明らかにした。「われわれの利益になっているかを確認する必要がある」として、適切かどうか見直す考えを示した。

対中制裁関税、すぐ撤廃せず バイデン氏が見解―米紙インタビュー

 バイデン大統領は他国による報復を招いた制裁関税に慎重な立場を取り、トランプ前政権が進めた中国との貿易合意を全面的に見直す考えを示してきた。ブリンケン氏も「中国よりわれわれの方が打撃が大きいかを見極める」と語った。関税を撤廃するかどうかは言及していない。』