バイデン米大統領、対ミャンマー制裁を警告 国軍に権力放棄要求

※ いつもより、「トーン」が激しい気がするのは、気のせいか…。

※ なにか、「思い入れ」でもあるのかな…。

※ そう言えば、「数少ない功績が、ミャンマーの民主化だった…。」というような記事も、見かけたような気もするが…。

『【ワシントン時事】バイデン米大統領は1日、ミャンマーで起きたクーデターについて声明を発表し、制裁発動を警告した。国軍による権力掌握やアウン・サン・スー・チー国家顧問らの拘束は「民主化移行と法の支配への直接攻撃だ」と非難。米政府は民主化進展に伴い対ミャンマー制裁を解除してきたが、制裁に関する見直しを直ちに行うと説明した。

【まとめ】ミャンマー政変 ~国軍がクーデター、スー・チー氏ら拘束~

 また、国軍に対して権力の即時放棄、拘束された活動家や当局者の解放、通信制限の解除などを求めるため「国際社会は声を一つにして団結すべきだ」と指摘。各国と連携して国軍に対応を迫る考えを示した。』