GM、全乗用車を電動に 35年まで 脱炭素を加速

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN28F0I0Y1A120C2000000/

 ※ さあてね…。

 ※ オレは、懐疑的だ…。

 ※ アフリカや、アジア各国で、そうそう電動車が普及するものかね…。

 ※ まだまだ「未舗装路」が多いし、JAFみたいなレスキューが未発達の国も多いだろう…。

 ※ そういうところで、電気系統のトラブルに見舞われたら、どうするんだ…。ヘタすれば、「生命の危険」という話しにもなってくる…。

 ※ あくまで、購入するのは「ユーザー」だ…。

『【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、2035年までに乗用車を全面的に電動化する方針を盛り込んだ経営目標を発表した。ガソリン車やディーゼル車の販売を取りやめ、電気自動車(EV)など二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロ・エミッション車への全面移行をめざす。環境保護を重視するバイデン米政権の発足に伴い、脱炭素に向けた企業の動きが本格化してきた。

多目的スポーツ車(SUV)やピックアップトラックなどを含む「ライトビークル」を「努力目標」として35年までにEVか燃料電池車(FCV)に切り替える。併せて40年までにグローバルの製品と事業活動からの炭素排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を実現する計画を「必達目標」に掲げた。

同社は昨年9月、ガソリン車の車台やエンジンをホンダと共通化すると発表した。当面必要なガソリン車の開発をホンダに委ね、自社はEVの開発に特化する。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は同日、「環境に優しいより良い世界を実現するため、世界の政府と企業の取り組みに参加する。自動車産業と経済全体への大きな影響にするために、同業他社にも加わってほしい」と述べた。

バイデン政権は地球温暖化防止の国際的枠組みであるパリ協定に復帰し、全米50万カ所に充電設備を設けてEVの普及を促進する方針を打ち出している。GMは昨年11月に25年までにEV30車種を投入する計画を示したが、脱炭素の目標実現に向けてさらに電動化に踏み込む。自動車大手では独ダイムラーが19年、39年に乗用車からのCO2排出をゼロにする計画を発表した。

クリックするとビジュアルデータへ https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/greenhouse-gas-0/

無料・有料プランを選択

今すぐ登録 https://www.nikkei.com/r123/?n_cid=DSPRM1AR07&ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQODE2850J0Y1A120C2000000%2F

会員の方はこちら https://www.nikkei.com/etc/accounts/login?dps=1&url=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQODE2850J0Y1A120C2000000%2F

Think!
多様な観点からニュースを考える

梶原誠さんなど2名の視点
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

梶原誠

日本経済新聞社 本社コメンテーター

別の視点
「GMにいいことはアメリカにいいこと。逆もまた真なり」。全盛期の1950年代にトップが語ったとされる一言です。当時のGMは国の利害と経営戦略を一致させることで成長しました。バーラさんの「環境に優しいより良い世界を実現するため、世界の政府と企業の取り組みに参加する」にも重なる面があります。正論ですが、行きすぎて「世界に役立ってるんだから少々もうけなくてもいい」と傲慢に転じたら、危ういです。政府と蜜月だったGMも2009年、破綻してしまいました。

2021/1/29 12:05

菅野幹雄

日本経済新聞社 ワシントン支局長・本社コメンテーター

分析・考察
バイデン大統領就任から8日、米政権の路線転換とGMの新方針は世界の潮流の激変を物語ります。4年後の大統領選挙で共和党候補が勝ったとしても、ガソリン車やディーゼル車と決別する方針は不変でしょう。気候変動を軽視したトランプ時代のひずみがかくも蓄積していたということでしょうか。

バイデン政権の気候変動問題特使、ケリー元国務長官は28日の米ニュース番組でドイツと米国の自動車ブランド名を列挙し「どこも電気自動車への転換を見据えている」と語りました。米国で評価の高い日本車ブランドの言及はゼロ。「ガソリン車の開発はホンダに委ね」と記事にありますが、EVシフトと脱炭素を巡る日本勢の出方が気になります。

2021/1/29 8:02