バイデン米大統領、加・メキシコ首脳と電話会談

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM231CY0T20C21A1000000

『【ワシントン=時事】バイデン米大統領は22日、カナダのトルドー首相、メキシコのロペスオブラドール大統領とそれぞれ電話で会談し、2国間関係の強化などを協議した。20日の就任後、外国首脳との電話会談は初めて。

ホワイトハウスによると、バイデン氏はトルドー氏に「2国間の活発な対話と協力の深化に取り組む」意向を伝達。両者は2月に会談することで合意した。ロペスオブラドール氏はツイッターで、バイデン氏と「移民問題や新型コロナウイルスなどについて話し合った」と明らかにした。

トランプ前大統領は、関税問題や不法移民対策をめぐってカナダ、メキシコ両首脳とぎくしゃくした関係が目立ち、カナダで開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席を除き、任期中に両国を訪れていない。バイデン氏は就任後初の電話会談の相手に両国を選ぶことで、隣国関係を重視する姿勢を打ち出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login