仮想通貨「NEM」不正交換容疑で約30人摘発 200億円分

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG21AIF0R20C21A1000000

 ※ デジタル・データは、これがあるからな…。

 ※ CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)も、こういうことからは逃れられない…。

 ※ しかも、大規模停電、大規模ネットワーク障害に脆弱…、ときてるからな…。

 ※ 「正規の資産との交換に応じたヤツ」なんて、世界中に散らばっているから、現国家単位の警察力では、対応できるはずも無い…。

『暗号資産(仮想通貨)交換事業者「コインチェック」から2018年1月、約580億円相当の暗号資産「NEM(ネム)」が流出した事件で、警視庁がこれまでにNEMの不正な交換に応じたとみられる約30人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検したことが捜査関係者への取材で分かった。不正交換の摘発総額は約200億円分に上るという。

一方、流出に関与した首謀者らの摘発には至っていない。

事件では…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

事件では、何者かがサイバー攻撃で同社のシステムに侵入し、NEMを外部に送金。その後、匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」上で約580億円相当を相場より15%安いレートでほかの暗号資産との交換を持ちかけた。

【関連記事】
ダークウェブに捜査のメス 海外との連携に課題
流出「NEM」を不正交換容疑 警視庁、男2人逮捕

関係者によると、捜査当局は流出したNEMを追跡し、通常のインターネット上の暗号資産取引所で交換された際に、そこに登録された利用者の身元を特定するなどして捜査を進め、これまでに約30人を摘発したという。

暗号資産は利用者の氏名など個人情報を登録した取引所を介さなければ、所有者や受け取り手を特定するのが難しい。通常の通貨と比べ匿名性が高く、マネーロンダリング(資金洗浄)に悪用されるケースも多い。

この記事の英文をNikkei Asiaで読む https://asia.nikkei.com/Spotlight/Cryptocurrencies/Japan-police-target-about-30-people-linked-to-huge-cryptocurrency-heist?n_cid=DSBNNAR
Nikkei Asia

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

山本由里のアバター
山本由里
日本経済新聞社 マネー編集センター マネー・エディター
コメントメニュー
別の視点マネーロンダリングの温床になりがちな暗号資産(仮想通貨)を巡る不透明性は変わっていませんが昨年は価格が大きく上昇。久々に利益をあげた人、新しく取引を始めた人も多いのではないでしょうか? 仮想通貨で20万円超の所得があれば会社員でも確定申告が必要です。含み益ではなく売買した場合ですが、要注意なのは日本円にして口座に戻した場合でなく、仮想通貨間の交換(例えばNEMからビットコイン)でも所得発生となります。確定申告期間は2月16日~3月15日。忘れないようにしましょう。
2021年1月22日 8:05いいね
9