羽田空港アクセス線に事業許可 JR東、29年度中の開業目指す

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2101/21/news088.html

『JR東日本は1月20日、「羽田空港アクセス線」の鉄道事業許可を同日付で国土交通省から受けたと発表した。2029年度に運行を開始する予定だ。

(出所:プレスリリース)
 整備区間は東京貨物ターミナル駅~羽田空港新駅(仮称)間の約5キロ。JR東日本はこの区間から東京駅を経由し、宇都宮線や高崎線、常磐線への直通運転を計画している。現在、東京駅からJRを使って羽田空港に向かう場合、浜松町駅で東京モノレールに乗り換える必要がある。所要時間は約28分だ。また、品川駅で京浜急行に乗り換えた場合でも約33分かかる。今回認可された東山手ルートを使った場合だと約18分に短縮されるとしている。

(出所:プレスリリース)
 JR東日本では、多方面から羽田空港へ直接アクセスできるようにする「羽田空港アクセス線構想」を推進している。羽田空港に新駅を設け、東京貨物ターミナルまでの「羽田空港アクセス線」を建設。そこから東京駅方面の「東山手ルート」のほか、新宿駅方面への「西山手ルート」、新木場駅方面への「臨海部ルート」を構想している。

羽田空港アクセス線構想の全体像(JR東日本グループ経営ビジョンより)
 事業費は車両費を除いて3000億円。JR東日本では1日あたり72本、1時間あたり4本の運行を計画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.』