バイデン次期米大統領就任式、警護の州兵も身辺調査

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM191DC0Z10C21A1000000

『【ワシントン=共同】バイデン次期米大統領の就任式が20日に迫り、会場となる首都ワシントンでは18日、厳戒態勢がさらに強化された。国防総省は、過激なトランプ大統領支持者らによるテロや暴動を警戒して投入を決めた州兵2万5千人の身辺調査を決定。「内なる脅威」を未然に防ぐためで、連邦捜査局(FBI)と協力して万全の態勢で臨むとしている。

米メディアによると、トランプ氏支持者らによる6日の連邦議会議事堂襲撃には、軍経験者も加わっていた。議事堂で警察に撃たれて死亡した女性(35)も元空軍兵士で、大統領選の結果を認めないトランプ氏の強硬な主張が軍関係者に浸透しているとの懸念が浮上した。

ミラー国防長官代行は18日の声明で、内なる脅威を示す報告はないものの、安全確保のためにあらゆる可能性を排除しないと強調。不審な動きに気づいた場合には、指揮系統内で共有しなければならないとした。

18日には議会議事堂で就任式のリハーサルが行われている最中に、約1キロ離れたホームレス居住地で火災が発生。リハーサル参加者が避難して議事堂を一時封鎖する騒ぎになり、当局がテロなどに神経をとがらせていることをうかがわせた。

米政権移行最新情報
初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login