インド、世界最大のコロナワクチン接種計画 16日開始

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM156NN0V10C21A1000000

『【ニューデリー=キラン・シャルマ】新型コロナウイルスの感染者数で米国に次ぎ世界2位のインドが16日、野心的なワクチン接種計画を開始する。数カ月以内に全国民13億人のうち約3億人に接種する予定だ。

インド政府は年初、2つのワクチンの緊急利用の承認を与えた。1つは英オックスフォード大と英製薬大手アストラゼネカが共同開発し、印セラム・インスティチュート・オブ・インディアが製造した「コビシールド」。もう1…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・もう1つは印バーラト・バイオテックが政府系研究機関と共同開発した国産第1号のワクチン「コバクシン」だ。両方とも初回接種から28日空けて再び接種する必要があり、セ氏2~8度の冷蔵保存が必須となる。

・モディ首相は、ワクチン接種会場約3000カ所をつないだビデオ会議を開き、ワクチン接種計画の開始を宣言する予定だ。14日の発表によると、各会場ではそれぞれ100人が初日に接種を受ける。つまり初日に計30万人がワクチン接種を受けることになる。接種計画はその後、段階的に拡大する。まず1000万人の医療従事者、そして警察や軍隊などの2000万人が接種を受け、接種費用は政府が負担する。続いて、50歳以上の2億7000万人や糖尿病・高血圧など既往症を抱える患者が接種を受ける計画だ。

モディ首相がワクチン接種計画の開始を宣言する予定だ(20年8月、デリー)=ロイター

・ワクチン接種開始は、1050万人の感染者と15万人以上の死者を出したインドが新型コロナを抑え込む上で重要な段階となる。「いま、我が国は新型コロナ感染拡大との戦いを左右する決定的な段階に入った。我々は世界最大規模のワクチン接種計画を始める」。全国の地方自治体の首長らとのオンライン会議でモディ首相は強調した。「今後数カ月で3億人にワクチン接種する」

・政府はすでに税抜きの単価200ルピー(2.73ドル)でコビシールドを1100万回分調達した。550万回分を調達したコバクシンについては、一部が無償譲渡されたため「調達単価は206ルピーになる」と保健省が今週明らかにした。

・保健省によると、多くの国で緊急利用が認められている米ファイザーと独ビオンテックのワクチンの単価は1431ルピー、米モデルナは2348~2715ルピー、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)は1027ルピーという。モディ首相は「我々のワクチンは両方とも(ほかのワクチンより)費用対効果が高い」とし、「インドの状況を考慮して開発された」と力を込めた。

・保健省はデジタルプラットフォームを利用して、ワクチン在庫や貯蔵温度、接種者の個別追跡などリアルタイム情報を管理している。ハルシュ・バルダン保健相によると、接種後に微熱や痛みなどの副作用が出る可能性もあるという。「少し時間がたてば副作用は自然となくなると考えられる」とバルダン氏は14日、ツイッターに書き込んだ。バルダン氏は以前、3億人への接種は「7~8月までに完了する計画である」ことも明らかにしていた。

・インドに先立ち、シンガポールやインドネシア、アラブ首長国連邦(UAE)、イスラエル、米国、英国など多くの国がワクチン接種を始めている。ただ、規模が桁違いのインドでの接種計画は世界から関心が高い。「インドでのワクチン接種の行方を多くの国が見守ることになる。大きな責任がある」とモディ首相は語った。

この記事の英文をNikkei Asiaで読むNikkei Asia
https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/India-embarks-on-world-s-largest-COVID-vaccination-drive

新型肺炎

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

慎泰俊のアバター
慎泰俊
五常・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
コメントメニュー
別の視点 弊社のインドの同僚たち(3000人ほど)をサンプルに取ると、10人に1人くらいが感染している印象があります。現時点で陽性判定数は1000万人ですが、病院に行かない人が多いので、実際の数は遥かに多いのでしょう。また、2020年9月に改定された農業法案への反対デモが長く続いているのですが、大勢のデモ参加者のほとんどがマスクをせずにデモに参加していました。

いきなり高額紙幣を廃止したことから始まり最近のロックダウンまで、現政権は突然に極めて強烈・苛烈な対策を打つ傾向があります。これまで、その多くは大混乱を引き起こしてきました。本件が無事に進むことを願っています。
2021年1月15日 22:53いいね
13

小島武仁のアバター
小島武仁
東京大学 マーケットデザインセンター所長
コメントメニュー
別の視点 ものすごいワクチン接種ですね、これからに注目です。幸か不幸か日本のワクチンはもう少し後になりそうなので、接種をスムーズにできるように準備をぜひと思います。関連して、ちょっと手前味噌ですが、ブリティッシュコロンビア大学助教授の野田俊也氏が、我々が主催する東京大学マーケットデザインセンターにワクチン接種方法についての論考を寄稿してくださったのでご紹介します:

https://www.mdc.e.u-tokyo.ac.jp/2021/01/13/report-covid19-vaccine/
2021年1月15日 20:06いいね
13