[英文]トルコ、中国ワクチン調達 野党は批判

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGV155X20V10C21A1000000

『トルコ政府は14日から中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種を始めた。同ワクチンの輸入を巡っては昨年から数回にわたって遅延され、昨年末にようやく輸入が実現。同じタイミングでトルコ議会では今月下旬に開く国会で中国との間での犯罪…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り140文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

 ※ Google翻訳文。

・しかし、ワクチンの注文が遅れた後に遅れに直面した後、一部の人々は、国がウイグルのディアスポラに影響を与える可能性のある中国政府と署名した引き渡し条約を批准するために足を引っ張って罰せられているかどうか疑問に思い始めました。

・トルコ保健省の医薬品規制当局は水曜日、シノヴァツバイオテックのワクチンに緊急使用許可を与えたと述べた。大量予防接種は、高齢者や医療従事者から始まる木曜日に始まりました。

・トルコはシノヴァツバイオテックのワクチン5,000万回の契約を結び、2月末までに到着する予定です。それはこれまでに受け取っています 300 万用量その最初のバッチとして, しかし、唯一の約 3 週間の合計 3 つの遅延後.ファーレッティン・コカ保健相は、より多くの要求がシノヴァツによって却下されたと述べた。

・12月の最初のバッチの遅れは、トルコのメブリュト・カヴソグル外相と彼の中国のカウンターパート、王毅との間の電話を促しました。ワクチンの最初のバッチがトルコに送られる予定の数日前の月末までに、中国政府は予想外にトルコとの引き渡し条約を批准したと発表した。

・トルコは2017年、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領が一帯一路イニシアチブフォーラムに出席するために北京を訪問し、中国と引き渡し条約に署名した。中国はウイグル問題に関してトルコに協力を求めていたが、トルコが中国からの投資を勧誘する条約に署名したと考えられている。条約は2019年に議会に送られ、批准を待っている。

・先月の動きは、中国が条約の批准にトルコに圧力をかけるためにワクチンを差し控えているかどうか疑問をトルコの野党のメンバーに促した。共和党人民党の野党イルディリム・カヤは、「中国が引き渡し条約の批准をトルコに圧力をかけるためにワクチンの出荷を延期しているという主張は真実なのか」と政府に疑問を呈した。野党政治家は、1月26日に議会が再召集される際に批准を押し戻すことを誓った。

・ウイグル人の政治団体は、トルコに住むトルコ人イスラム教徒の約5万人のウイグル人がいると推定しており、その一部は市民権を得ている。条約の批准は、迫害されている中国に送り返される可能性に直面しているため、トルコの市民権をまだ受けていないウイグル人にとって大きな懸念の原因となるだろう。

・イスタンブール大学トルコ研究所のオメル・クル准教授によると、トルコには最大のウイグル・ディアスポラが住んでいる。彼は、トルコのウイグル人も最も政治的、声高に活発であり、45以上の協会と財団がウイグル人の原因に焦点を当てていると言いました。

・中国は、同国西部の新疆自治区の広大な労働収容所に約100万人のウイグル人やその他のイスラム教徒の少数民族を投獄したとの報道をめぐって国際的な批判に直面している。中国は投獄の非難を否定し、国内のテロと分離主義と戦っていると主張している。

・12月末の記者会見で、カヴソグルは条約の批准は「日常的」に過ぎないと述べ、ウイグル人が中国に強制送還されるとの主張を強く否定した。「中国はそのような要求を持っていたが、我々はそのような措置を講じていない」と彼は言った。「ワクチンと東トルキスタンやウイグルトルコ人は全く関係がない」と付け加えた。

・ウイグル人やトルコ人の多くは新疆を「東トルキスタン」と呼んでいます。

・トルコの議会筋は、条約は議会の優先事項が低いと述べたが、「1月26日に総会が再召集されたときに政治がどのように進化するかも分からない」と認めた。

・刑法を専門とするアティリム大学法学部のティムシン・コプルル准教授は、現地の規制はウイグル人に何らかの保護を提供すると述べた。

・「たとえ引き渡し条約が批准されたとしても、そのような要求がトルコの裁判所で異議を申し立まれるので、トルコがウイグル人を中国に引き渡す可能性は低い」と彼は言った。彼はまた、トルコは欧州人権裁判所の署名者であり、過去にはウイグル人の強制送還を認めないことを決定したと指摘した。

・ドイツに拠点を置く世界ウイグル会議のエルキン・エクレム副会長は、中国の目的は「中国の東トルキスタンの人々に、たとえ逃げ出してもトルコから連れ戻すことができるというメッセージを伝える」ことだと語った。

・彼は、中国はすでにこの条約でウイグル人に心理的圧力をかけることによって勝ったが、グループは批准プロセスを止めるためにアンカラにロビー活動をしていると言いました。エルキンは、トルコはドルクン・イサ大統領を含む世界ウイグル議会の一部の高級メンバーの入国を禁止することによって、中国に敵対しないようにしようとしていると言いました。

・政府はまた、国内の平和を維持することに熱心です。同国は、ウイグル人に同情的な宗教的に保守的で民族的にトルコの民族主義的政党の同盟によって支配されている。

・トルコアジア太平洋研究センター所長のセルチュク・コラコグル教授は、ウイグル人の窮状は批准を「売り切れ」と見なす有権者と強く共鳴し、政治家にとってさらに難しい決断だと語った。

・しかし、コラコグルは、カヴソグル外相の最新の発言と中国の条約批准は、トルコが進まなければならないという双方の暗黙の了解を示唆していると述べた。

・「与党連合は現在、議会、社会、米国や欧州連合(EU)の可能な反応のレベルを測ろうとしている。「議会は数ヶ月間批准を行うかもしれない」とコラコグルは言った。しかし、書き込みはすでに壁にあるかもしれません。