米国のインド太平洋調整官新設「歓迎したい」 茂木外相

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE154BW0V10C21A1000000

『茂木敏充外相は15日の記者会見で、米国のバイデン次期大統領がホワイトハウスに「インド太平洋調整官」を新設するのを「歓迎したい」と述べた。「インド太平洋地域を重視する次期政権の姿勢の表れ」と評価した。

調整官に就くカート・キャ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り110文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・調整官に就くカート・キャンベル氏はオバマ政権時代に東アジア・太平洋担当の国務次官補を務めた。茂木氏は次期政権の顔ぶれについて「これまで政権内で具体的に仕事をしてきた方が多い。キャンベル氏を含めて関係が深い方々が含まれている」との見解を示した。