米下院、トランプ氏を弾劾訴追 史上初の2回目 弾劾裁判は新政権発足後に

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN13ETO0T10C21A1000000

『【ワシントン=中村亮】米下院本会議は13日、連邦議会議事堂の占拠事件を扇動したとして、トランプ大統領を弾劾訴追する決議案を可決した。2019年12月に続く弾劾訴追で、トランプ氏は2回の弾劾訴追を受けた史上初の大統領となった。次の焦点は上院の弾劾裁判に移るが、開催は20日の新政権発足後になりそうだ。

決議案は弾劾条項に「反乱の扇動」をあげた。「トランプ氏は議会での非合法行為を促す発言を意図的に行った」と断じ、6日の議会占拠事件に関与したと結論づけた。事件は民主党のバイデン次期大統領の選出手続き中に起きており、「民主的システムの正当性を脅かした」「平和的な政権移行を妨害した」などとトランプ氏を批判した。

【関連記事】
共和指導部、異例のトランプ氏批判 造反10人に

採決は賛成232票、反対197票だった。共和党から10人が賛成に回った。前回19年の弾劾決議案の採決では造反者は出ておらず、トランプ氏の求心力が揺らぎつつあることを示した。手続きの不備などを理由に弾劾に反対した下院共和党トップのマッカーシー院内総務も13日、議場で「暴徒による水曜日の議会への攻撃について大統領に責任がある」と断じた。

トランプ氏は13日、ホワイトハウスのツイッターに投稿した動画で事件をめぐり「私は先週起きた暴力をはっきりと非難すると明確にしておきたい。この国に暴力や破壊行為はまったくふさわしくない」と強調した。一方、自身の責任や弾劾訴追については触れなかった。

トランプ氏の任期切れが1週間後に迫るなかで、異例の弾劾訴追になった。民主党のペロシ下院議長は13日、議場で「大統領は我々が愛する国家にとって明確で今まさに存在する危険となっている」と指摘し、事件からわずか1週間で弾劾訴追に至った理由を説明した。前回は調査開始から弾劾訴追まで3カ月近くを要していた。

次の舞台はトランプ氏が有罪かどうかを争う上院の弾劾裁判に移る。与党・共和党上院トップのマコネル院内総務は13日の声明で「今後7日間は安全な就任式(の開催)やバイデン次期政権への秩序的な移行に集中することが国にとって最も良い」と指摘。政権交代する20日までは弾劾裁判を開かない考えを示した。

上院民主党トップのシューマー院内総務は13日の声明で「上院の裁判はすぐに始めることができる」と指摘し、早期の裁判開始に意欲を示した。「重大な罪や軽罪で大統領を有罪にするか採決を行う」と説明し、トランプ氏が政権を去っても裁判を進める立場を明言した。バイデン政権が発足し、5日の南部ジョージア州の上院選決選投票で勝利を確実にした民主党の2候補が就任すると、民主党が上院の多数派を握り裁判の手続きについて主導権を握れる。

トランプ氏の退任後でも裁判を進めるのは、トランプ氏の行為が「有罪」に相当すると明確にして、類似の出来事が将来的に起きないよう予防する狙いがある。弾劾裁判では上院(定数100)のうち出席議員の3分の2が賛成すると有罪になる。

【関連記事】

トランプ氏弾劾、共和に同調の動き 米下院で採決へ
有罪が確定すると上院はトランプ氏から公職資格を剝奪するかを決める採決を行うことができる。採決で過半数が賛成すればトランプ氏は24年の大統領選に再出馬できなくなる。

トランプ氏を有罪とするには共和党から最低でも17人程度の賛成が必要になり、現時点でハードルは高い。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

詫摩佳代のアバター
詫摩佳代
東京都立大学 法学部教授
コメントメニュー

今後の展望上院の弾劾裁判でトランプ氏を有罪とし、政界から追放するというシナリオは、現時点ではハードルが高そうです。そのため、トランプ氏は大統領を辞した後も、集会やTwitterにかわる新たなプラットフォームを通じて支持者を煽り続け、次期政権の政権運営や米国の民主主義そのものを危機に晒す可能性があります。SNSのアカウント凍結という手段の制限だけでは、トランプ氏とその支持者の動きを止めることはできません。国民と丁寧にコミュニケーションを図りつつ、コロナ対策と経済の回復に真摯に取り組むことで、社会に蔓延る不満や不安を取り除いていく政治こそが、米国の民主主義を守る上で、求められているように思います。
2021年1月14日 9:49いいね
27

鈴木一人のアバター
鈴木一人
東京大学 公共政策大学院 教授
コメントメニュー

別の視点日本では弾劾の仕組みに類似する手続きがないので表現が難しいのだが、大統領が「有罪」という場合、下院の弾劾決議だけで「有罪」と言える。下院で「重罪でも軽罪でも(Crime and misdemeanor)」があったかどうかを認定し、認定された時点で「有罪」と言える。上院の弾劾「裁判」と呼ばれるのは、人民の投票によって選ばれたが「有罪」となった大統領を罷免するかどうかを決めるプロセス。上院での弾劾「裁判」で罷免するためには3分の2が必要で、民主・共和が同数の現在は共和党から17人の離反が必要で、現時点ではロムニー上院議員など数名に過ぎない状況なので罷免するのは難しい。
2021年1月14日 10:19いいね
16

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー
分析・考察 弾劾訴追の目的のひとつは、「トランプ氏が将来、ホワイトハウスに戻れない(he can’t run for office in the future)」ようにすること。ペロシ下院議長は先週末、CBSの「60 Minutes」に出演し、そう発言しています。
弾劾訴追は議会を暴力行為から守るためとペロシ氏らは主張するのですが、それに2024年の大統領選という政局論が絡むと自認していることになります。FBIの捜査を待たず、直接的な証拠のないまま、弾劾手続きを始めることは、政治的な思惑が先行しているように思われます。米国の「分断」を批判してきた人たちが、かえって分断を深めることにならないでしょうか。
2021年1月14日 9:31 (2021年1月14日 10:17更新)
いいね
28

山本由里のアバター
山本由里
日本経済新聞社 マネー編集センター マネー・エディター
コメントメニュー

別の視点この写真を見たとき「アレ?」と思いました。原因はペロシ議長の服装。前回ほぼ1年前の「1回目」のトランプ大統領弾劾可決の時と同じ服です。現地報道で確認してもやはりそのよう。わざと「impeachment outfit」(弾劾用衣装?)を選んだものと思われます。さすが女性、芸が細やかと思うと同時に、特にトップエグゼクティブにとって服装も含め「メッセージをいかに伝えるか」は能力の核をなす一手であるのも事実。翻って、コロナ禍による緊急事態宣言拡大で今がまさに勝負所の菅首相。服装はともかく「伝える気迫」を見せていただきたいものです。
2021年1月14日 8:39 (2021年1月14日 9:57更新)
いいね
49

秋田浩之のアバター
秋田浩之
日本経済新聞社 本社コメンテーター
コメントメニュー
分析・考察 上院でトランプ氏を「有罪」とするには、共和党から17人の造反が必要になります。大きなカギを握るのが、同党の上院首脳であるマコネル院内総務の出方。彼がどう判断するか、米メディアの報道は錯そうしています。マコネル氏が有罪に賛成票を投じれば、他の共和党議員にも同調する流れが広がる可能性あります。
 そうなれば、上院全体で有罪が確定しようがしまいが、共和党とトランプ氏の関係は断たれるでしょう。その結果、米国は事実上、共和党、民主党、「トランプ党」の3大政党に移行することになります。22年の中間選挙、24年の大統領選は引き続き、混迷しそうです。
2021年1月14日 9:09いいね
23

小平龍四郎のアバター
小平龍四郎
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー
分析・考察 仮に弾劾裁判でトランプ氏が有罪になったとしても、大統領選で同氏が集めた7000万票を超える支持そのものが無効になるわけではないでしょう。トランプ大統領は政治の表舞台から消えても、トランプ主義は残ります。むしろ、陰謀論を信じる支持者にとって、裁判を通じてトランプ大統領の偶像化が進む可能性はないでしょうか?不測の事態への警戒も怠れないでしょう。
2021年1月14日 8:50 (2021年1月14日 8:53更新)
いいね
34

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login