中国ワクチン、ブラジルの治験で有効性50%に下方修正

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1301M0T10C21A1000000

『【サンパウロ=外山尚之】ブラジルのサンパウロ州にあるブタンタン研究所は12日、同研究所で行っていた中国の製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の新型コロナウイルスのワクチンの有効性が50.38%だったと発表した。これまで78%としてきたが、国際基準に合わせて下方修正した形だ。

ブタンタン研究所の説明によると、世界保健機関(WHO)の定める基準に沿ってワクチンの有効性について計算し直したという。WHOはワクチンの有効性について最低「50%以上、6カ月以上」を求めている。同研究所の責任者はシノバックのワクチンはこの基準を満たしているとして、早期の承認を求めた。

研究所を管轄するサンパウロ州は7日、約1万2000人を対象とした臨床試験(治験)でワクチンの有効性が78%になったとの結果を公表し、翌8日に薬事当局である国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用の許可を申請したばかりだった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login