イタリア、4月末まで非常事態宣言を延長へ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR1409C0U1A110C2000000

『【ウィーン=細川倫太郎】イタリアのスペランツァ保健相は13日、非常事態宣言を4月末まで延長すると表明した。従来は1月末までの予定だったが、新型コロナウイルスの感染が猛威を振るい続けているため、国民に高い警戒度を維持するよう求める。

伊保健省によると、13日の1日あたりの新規感染者は約1万5800人。…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り146文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・伊保健省によると、13日の1日あたりの新規感染者は約1万5800人。4万人を超えていた2020年11月のピークと比べると減少しているが、年末から再びじわりと増え始めている。累計の死者は8万人に達した。スペランツァ氏は「今後数カ月間は非常に困難な状況になるだろう」と話した。非常事態宣言が出ていれば、中央政府の権限が増し、規制などを迅速に導入することができる。