東証大引け 4日続伸で連日30年ぶり高値 ドル建て日経平均は最高値

https://www.nikkei.com/article/DGXZASS0ISS16_T10C21A1000000

 ※ 今日は、こんなところで…。

『13日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に4日続伸し、前日比292円25銭(1.04%)高の2万8456円59銭で終えた。米国の大規模な追加経済対策への期待が手掛かり材料となったほか、原油相場の上昇基調も投資家心理を上向かせ、上げ幅は一時340円に迫った。

米ドル建ての日経平均はQUICK算出の参考値で前日比4.20ドル(1.55%)高い274.46ドルと、QUICK・ファクトセットベースの過去最高値(1989年12月27日に付けた273.07ドル)を約31年ぶりに更新した。

米バイデン次期政権では上下院とも民主党が多数派を占めることにより、積極的な財政出動を伴った追加経済対策への期待が強い。追加策は14日に公表予定で「景気敏感株の多い日本株への関心が高まっている」(国内証券)との見方があった。

なかでも半導体関連株は上昇が目立った。高速通信規格「5G」をはじめとする市場拡大で需給逼迫が見込まれるなか、海外勢だけでなく国内の個人投資家が順張りで買いを入れているとの指摘があった。

日経平均はコロナによる緊急事態宣言の対象地域拡大などを警戒して午前には下げる場面もあったが、下落幅が限られるなかで次第に損失覚悟の買い戻しが優勢となり、上昇相場に拍車を掛けた。

JPX日経インデックス400は5日続伸。終値は前日比64.77ポイント(0.38%)高の1万6915.26だった。東証株価指数(TOPIX)も5日続伸し、6.46ポイント(0.35%)高の1864.40で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆7355億円、売買高は12億3956万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1232と、全体の6割近くを占めた。値下がりは856、変わらずは98銘柄だった。

東エレクやアドテスト、太陽誘電が大幅上昇。国際石開帝石やENEOS、コナミHDやバンナムHDが買われた。ソフトバンクグループ(SBG)やファストリも高い。半面、オリンパスやテルモが下落した。東電HDや関西電、東ガス、大ガスも売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

ドラマ 「クィーンズ・ギャンビット」 : 机上空間

http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/24817154.html

※ 久々で、「机上空間」さんのサイトから紹介する…。

※ 米国大統領選の「混乱」を見て、「民主主義」というものの将来に、深い失望を覚えられたようで、暫くお休みなさっていたようだった…。

※ しかし、最近、また活動を再開されたようだ…。

※ オレ自身は、「将棋」や「チェス」や「囲碁」と言ったものには、全く疎く、そっち方面は、からっきしだ…。

※ しかし、「人生」というものや、「人間性の本質」といったものに触れている、含蓄深い話しが語られていると思うので、一部を紹介する…。

 『女性を主人公にする事で、ドラマとしては、さらに深みを増す演出になっています。というのは、チェス大会は、当時としては珍しく実力だけで勝負がかけられる世界で、ローカルな地方の大会は別にして、メジャーな大会では男子の部・女子の部という区分けがありません。年齢の制限も無くなるので、少年対老人といった対戦も普通に起きます。レーティングという戦果を表す数字が、評価の全てなので、その他の要素は考慮の外なのです。』

『それゆえ、チェスに魅了された選手というのは、敗北感で心理的に打ちのめされる事が多く、心を病む人が絶えないんですね。物凄くIQが高く、思考力においては優れている人々なのですが、容赦の無い勝負の世界での挫折感で、アルコール中毒や、家庭崩壊で廃人になる率が高い世界です。それでも、まるでパチンコ中毒のように、チェスを止められないのです。その上、男女差が無いとは言え、当時、趣味以上に没頭する女性プレイヤーは皆無の状態で、完全な男性社会です。それゆえ、ドラマの設定としては盛り上がるわけですね。』

『題名になっている「クイーンズ・ギャンビット」ですが、ギャンビットというのは、ポーンを敢えて犠牲にする事で、駒の展開や陣形を優位に整えるオープニング全般を指す言葉です。ポーンはチェスにおいて、「兵卒」と訳される自陣から見て2列目に8個並ぶ、前進しかできず、斜め前の駒しか取れない駒の事です。犠牲にするポーンをどれにするかで名前が付いていて、クィーンの駒の前にある白のポーン(チェスでは先手が白と決まっています)を、2マス進めてd4という盤面の位置へ動かす事から始まる展開を、クィーンズ・ギャンビットと言います。

ポーン(特徴の無い平凡な駒)を犠牲にして、クィーン(オールマイティーに前後斜め全ての方向へ動ける駒)を活かすクィーンズ・ギンビットは、このドラマで最初期の導師的立ち位置の用務員の老人から少女のヒロインに向けられる「才能は犠牲を要求する。お前の中には大きな怒りがある」という言葉と呼応しています。チェス以外に興味を示さなくなったヒロインは、実力で活路を切り開くのと引き換えに、一般的な生活や魂の平穏、幸福からどんどんと遠ざかっていきます。』

『ちなみに、フィッシャーの要求した賞金の100万ドルですが、金銭欲からではなく、敬意を表すのに、フィッシャーが賞金の金額以外の手段を知らなかった為と言われています。それくらい、浮世離れした生活をしていたわけです。後に、この出来事が縁で知り合ったツィタにフィッシャーは求婚しているのですが、これは断られています。ツィタによると「チェスの世界を極めるということは、他の全てを諦める事と同義なのを、フィッシャーを見ていて感じた。自分には無理である事を思い知った」と語っています。』

『クィーンズ・ギャンビットの題名は、このチェスの神様と言われた人物が生きた人生が語る「突出した才能は大いなる犠牲を伴う」を暗示しています。ドラマ中盤での栄光と反比例するヒロインの生活の荒れっぷりは、まさにフィッシャーの伝聞される人生を投影しているかのようです。』

〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕(その2)

 ※ インド社会の「実相」に触れている、貴重な情報だ…。

 ※ インドにおける、ヒンドゥーとイスラムの相克の問題は、押さえておいた方がいい…。

 ※ ヒンドゥー教は、「階級肯定」宗教だから、「階級・階層の固定」の側面があることも、承知しておいた方がいい…。

 ※ モディの「ヒンドゥー至上主義」には、そういう危うい側面が存在している…。

 ※ コロナは、どこの国においても、「社会的弱者」階層を直撃するから、インドにおいては、カーストの問題…、貧困の問題…、感染症による「生命(いのち)」の問題…、が噴出することになる…。

 ※ こういう「パンデミック」は、日ごろ覆い隠されていた、その社会に存在する「社会的な問題」を、白日の下に晒し、その解決を「緊急に迫る」ことになる…。

 ※ オレらが目の当たりにしている、世界のあちらこちらで生じている「光景」とは、そういう姿だ…。

 『Vasudevan Sridharan 記者による2018-10-9記事「Tata Nano: End of the road for ‘world’s cheapest car’」。
  ※「タタ」という姓は、イスラムへの改宗を拒んでインドまで逃げて来たペルシャ人の一団が起源らしい。だから軽口を言えば自動車に「マツダ」と名付ける資格だってあるわけだ。ペルシャは9世紀まではゾロアスター教圏だったが7世紀いらいの地球気候寒冷化でビザンツとの抗争に疲弊していたところをアラブ人によって徐々に切り崩された。ゾロアスターが辺境パルティア族を切り捨てていたので恨んだパルティアがアラブと組んで叛いたのが致命的だった。余談ついでに。トルコはイランを征服したイスラムが北と西へ拡張して行く過程で、ペルシャ人のあとからイスラム化される。それ以前のトルコ人の宗教は「テングリ」教というアニミズムだった。同じスンニ派であってもトルコ人の文化ベースには「テングリ」があるため、トルコからは原理主義テロリズムは出ないのだという。

  「タタ ナノ」は世界でいちばん廉価な四輪自動車として2008年から売られてきた。だが2018-6月に製造を停止した。
 この「ナノ」を造って売ろうと考えたのは、先代社長のラタン・タタ。
 雨に塗れた道路上で、2輪バイクに一家4人が乗って移動しているのを見かけて、思いついたという。

 新車の自動車を10万ルピー(2008年の価値で1900米ドル)で市販できれば、全インド世帯が自動車オーナーになれるだろうと彼は夢見た。 ※1980年代にスズキのアルトが47万円で新発売されたと記憶する。そのさらに半値と思えばいい。

 「タタ ナノ」は総計30万台売れた。その7割は、発売開始から4年の間に売れている。

 インドは階級社会であった。低価格車は、低カーストであることを、社会的に意味してしまったのだ。だから人気が爆発せず、失速した。

 タタはインドの自動車メーカーとしては三番目の規模の会社だが、タタというブランドにも、低層のイメージがついてしまった。

 国外からは、比較的に低廉なコンパクトカーが数種、輸入されている。経済が発展し、購買力の増した消費者は、そっちの「ちょい豪華」を選好するようになっている。

 タタは、廉価版の電気自動車に刷新のチャンスがあるかもしれないと考えている。
   ※ところが電気四輪車は電気二輪車ほど安価に製造することはできなかったのである。めでたくなしめでたくなし。』

〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕

 ※ この世の中、「公式の、表(おもて)のルート」ばかりで、できているのでは無い…。

 ※ 「裏(うら)のルート」、「闇のルート」というものも、厳然として存在する…。

 ※ そういうものに対しても、目配りしておくことが、「世の中の実相」「本当のところ」を把握するには、重要だ…。

 ※ しかし、そういう方面に深入りしすぎると、今度はまた、「陰謀論」にどっぷりと嵌まることになってしまう…。

 ※ 結局は、「真贋を見極める眼力」「真相を見抜く洞察力」の有る無しの話しへと、還って行く…。

 『ストラテジーペイジの2021-1-11記事。
   フィリピン政府に対して中共は、注射2500万回分の「シノヴァック」ワクチンを、ディスカウント価格で売りましょうと申し出ている。供給は金曜日から開始できるが、最後のロットを納品できるのは2021年の12月だそうである。

 比島政府は併行して、インド国内で製造されている英国製のアストラゼネカ、米国のファイザーとモデルナ、ロシアのガマレヤ、もうひとつのシナ製ワクチン「シノファーム」を公式発注。

 中共製ワクチンの効き目は、他のワクチンの半分だということを、彼らは承知している。
 それを承知の上で、比島政府は、すでに闇市場ルートで、「シノファーム」を輸入し、武漢ウイルス患者に最も接するリスクが高い兵隊と公務員に接種したという。

 ※闇ルートで売り渡せる体制になっているというところが、そもそもすごいわ。とうぜん、中共政府公認の行為だろう。中共政府が武漢ウイルスを研究所から漏出させた責任を感ずるなら、それをタダで世界に分配しますというのが筋のはず。それを人々が接種したがるかしたがらないかは別の話だ。』

プーチン体制という名の怪物 始まった危険なゲーム

プーチン体制という名の怪物 始まった危険なゲーム
 上級論説委員 坂井 光
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK062MT0W1A100C2000000

 ※ 一つ前の記事や、こういう記事を読むと、つくづく「自由な言論の流通」、「自由な情報の流通」というものが、「統治・統制しようとする側」にとっての「鬼門」であることを感じる…。
 
 ※ しかし、そうなると、「玉石混交」となり、その「真贋を見抜く眼力」「取捨選択する力(ちから)」の強弱が決め手となってくる…。

 ※ そこへ持ってきて、その「情報流通の要石(かなめいし)」たる「プラットフォーム」自体が、独占・寡占体制になってしまって、そこを制している勢力の「意のまま…」という問題も生じている…。

 ※ いずれ、個人個人としてやれることは、せいぜいが、「真贋を見極める眼力」「背景を自分の頭で考える思考力」「全体構造を見通す洞察力」を、日々鍛錬して行くことだけだ…。

『2021年は1991年末のソ連崩壊から30年の節目にあたる。その後のロシアを10年ごとに大ざっぱに区切ると、債務不履行や通貨危機などを経験した最初の10年は喪失と混乱の時代だった。

それが、プーチン大統領が登場し権力基盤を固め始めた2001年からの10年は、大国への郷愁と自信回復の時代となった。06年に自らの故郷サンクトペテルブルクで主要8カ国首脳会議(G8サミット)を主催し、08年には旧ソ連のジ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・06年に自らの故郷サンクトペテルブルクで主要8カ国首脳会議(G8サミット)を主催し、08年には旧ソ連のジョージアに侵攻した。

・そして、11年から昨年までは孤立と停滞の10年だろうか。14年には隣国ウクライナ領のクリミア半島を武力で併合。国際的な経済制裁を受けたうえに、石油価格の低迷で経済成長が止まった。

・そのあいだ一貫していたのは、反体制派への弾圧と強権体質だ。ジャーナリストのポリトコフスカヤ氏、元スパイのリトビネンコ氏、元第1副首相のネムツォフ氏らが暗殺された。野党指導者ナワリヌイ氏が毒殺されかかったのは昨年のことだ。

・これらの事件の真相は不明だ。だが、治安機関の力が増し、表だった反対運動は起きにくくなっている。

・すべては「プーチン体制」温存のためだ。政界、財界、地方、治安機関……。あらゆる分野のエリート層はいずれもプーチン氏を支持することでその地位と利権を得た。つまり「体制」そのものだ。

・変化を求めないのは彼らの総意だ。守るべきはおのおのの利益であり、国益ではない。暗殺のような不可解な事件が起きるのもそのためだろうか。もはやプーチン氏の意志だけでは思い通りに動かない怪物のような存在となり、年々手に負えなくなっている。

・その怪物が24年に予定される大統領選に臨むためのゲームが21年に本格化する。ルールを決めるのはプーチン氏とその一部の側近だ。20年7月に憲法改正を決め、同年末にかけては約100もの立法措置を駆け込み的に導入した。

・プーチン氏は最長で36年までの続投が可能になり、終身免責も決まった。20年末の記者会見で「(24年の選挙に)出馬するか、しないか、まだ決めていない」と述べたが、仮に大統領でなくなっても、安心して院政を敷く選択肢をつくった。

・一連の立法措置では、警察などの建物付近での集会は禁止となり、インターネット上の中傷的な書き込みは規制対象となった。

・いわゆる外国エージェント(代理人)法では、外国から支援を受けて政治活動をする個人は当局に申告し、報告を求められる。現地の独立系メディアは、SNS(交流サイト)などで個人が情報を流す場合「支援の解釈や政治活動の範囲など運用のさじ加減でほとんどのロシア人が処罰の対象になりうる」と警告する。いずれも政権批判を封じ込めるのが狙いとみられる。

・今年9月には大統領選に次いで重要な下院選が実施される予定だ。体制側は最大限、新たな法律を活用し、24年に向けた教訓とするはずだ。

・ただ、このなりふり構わぬゲームは危険だ。国民を抑圧する代わりに、はけ口として外国との対立をあおることが予想される。米欧やウクライナなどとの火種は尽きない。日本の領土交渉も困難さを増しそうだ。

・国民の不満をやわらげることができるのは経済状況の改善だが、石油価格次第なので期待しづらい。長期的にも世界的な脱炭素化の流れが加速する一方、ロシアは石油・ガス産業以外にけん引する産業は育っていない。このままでは先細りが目に見えている。

・今後強権だけでゲームに勝ち続けられるかは不透明だ。極東ハバロフスクでは知事を解任した政権に抗議する運動が20年7月から続く。蓄積した不満への対応を誤れば、国民は牙をむきかねないことが浮き彫りとなった。

・この先の10年、ロシアはどういう時代になるのだろう――。昨年大みそか、新年を迎えるにあたりプーチン大統領は次のように国民に呼びかけた。「これからの10年にロシアが直面する課題を、我々はともに解決し続けると確信している」。怪物が生き永らえるには長い年月だ。

【関連記事】
ソ連崩壊から30年 綻ぶロシアの求心力
ロシア大統領経験者に免責特権、プーチン氏が法案署名
ロシア反体制派「工作員が犯行認めた」 毒殺未遂疑惑で

坂井 光
プーチン体制という名の怪物 始まった危険なゲーム(2:00)
ロシア悩ます「不安定の弧」 周辺外交の限界あらわに(2020年11月18日)

習近平執務室の写真に透けるコロナ起源追究への壁

習近平執務室の写真に透けるコロナ起源追究への壁
編集委員 中沢克二
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH1113U0R10C21A1000000

 ※ 「事実を、言説でくるむことはできない。」…。

 ※ たとえそれが14億人の民を、情報コントロールにより統治する「強権」をもってしてもだ…。

 ※ 「事実」とは、どんなにくるもうが、水が割れ目からしみ出すように、しみ出てくる…。

『中国政府が、湖北省武漢市などでの世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルスの起源に関する本格的な現地調査を1年近く拒んできた理解に苦しむ行動の本当の理由は何か。その一端が透ける記念写真が、国家主席の習近平(シー・ジンピン)が執務する北京・中南海の仕事部屋におかれていることが明らになった。

20年12月31日、恒例の国民に向けた新年メッセージを読み上げる習の背景にあった書棚に1枚の写真が掲げられ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3133文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・20年12月31日、恒例の国民に向けた新年メッセージを読み上げる習の背景にあった書棚に1枚の写真が掲げられていた。赤を基調にした独特の衣装をまとった雲南省の少数民族、ワ族の少年少女らに囲まれて笑顔をみせる自身の写真だ。なんの変哲もない笑ましい地方視察の記録にみえるが、注目したいのは撮影された雲南省という場所と2020年1月19日という日付である。

■少数民族に囲まれた笑顔の政治性

・その翌日20日の北京時間午後6時、習はウイルスまん延に対処せよとする初めての重要指示を出した。重症急性呼吸器症候群(SARS)問題の際、活躍した中国の権威ある医学専門家が初めて「人から人への感染」を認めたのも同じ20日だ。

・武漢市の内外と中国の外にウイルスがものすごいスピードで拡散していた時、対処の司令塔となるべき習近平は北京を外していた。17、18日両日、ミャンマーを訪問し、その帰路も真っすぐ北京に帰っていない。

・ウイルスの本当の恐ろしさに気付かないまま旧正月前の華やいだ雰囲気だった雲南に入り、3泊4日を過ごしている。本来、この時期がウイルスのまん延していた武漢から中国内や世界への拡散を防ぐ最後のチャンスだった。ミャンマー訪問を含め計5日間も習は不在。首都に戻ったのは21日のことだ。

・武漢で第1号の患者が出たとされるのは19年12月初めである。この時期より前に遡る新型コロナウイルスの起源がWHO調査によって中国内にあることがはっきりすれば、必然的に1カ月以上、有効な措置をとらなかった中央指導部の無策に焦点が当たってしまう。1月20日、習が雲南省から重要指示を出すまで、中国政府は人から人への感染さえも認めなかったのだ。

・こうした「中国責任論」の広がりだけは、いかなる代償を払っても封じ込める必要がある。それがこの1年、中国外交に課された最大の使命だった。ウイルス起源などについて独立した国際調査を主張したオーストラリアへの類を見ない圧力など「戦狼外交」の根源はここにある。

・一方、習の執務室に置かれた雲南省視察の写真には、中国政治独特の重大な意味がある。中国メディアによると、新たに登場した20年撮影の8枚の写真のうち、時系列的に第1枚目の写真が少数民族に囲まれた指導者の構図である。

・それは辺境地域の貧困を撲滅し、少数民族の生活向上を実現したという20年の習近平政治の成果の一つを示す。その重要度は次に登場するコロナ禍に打ち勝った成果を示す武漢視察といった写真に引けを取らない。

少数民族に囲まれて乾杯する毛沢東主席(建国70年を記念する展覧会の絵画から)

・多くの少数民族らに囲まれる絵柄は建国の指導者、毛沢東のおはこだった。建国70年を記念して北京で開いた美術展でも毛沢東の周りで喜ぶ各民族を描いた「民族大団結」と題した絵が掲げられていた。雲南省の写真は、毛沢東に倣う「終身の主席」をめざす習近平の執務室に必須の写真だったのだ。とりわけ今年は習が新年メッセージに込めたように共産党創立百年という特別な年である。

■初期対応の失敗の象徴にも

・だが、それはあくまで共産党が主導する内政の論理にすぎない。武漢で亡くなった人々の家族や、今なおコロナ禍に苦しむ世界各国の人々からみれば全く逆になる。コロナ禍への初期対応を巡る失敗の象徴である。1月19日という日付こそが問題なのだ。

・これに関連して最近、中国政府から新たに驚くべきデータが示され、大きな話題になった。人口約1100万人の武漢市で広がった新型コロナウイルスの感染規模は、中国当局が確認していた数(5万人)の10倍に当たる50万人近くに上る可能性が出てきたのだ。第1波の後、実施された武漢市民を対象にした検査では4・43%が抗体を保有していた。

・ウイルスがまん延していた武漢市からは旧正月を前に人口の半分近くに当たる約500万人が中国内や国外に旅行に出かけていたことが判明している。彼らと接触したかもしれない別の地域の中国の人々も含め、それぞれ数十万人単位で欧州、米国、日本を含むアジアの諸国に出国した。

20年3月10日、コロナ禍の武漢の居住区を視察した習近平氏の写真も執務室に飾られている(中国国営中央テレビの報道から)

・このウイルスのやっかいな特徴は、目立った症状がない感染者が知らないうちにウイルスを広げるリスクである。無症状の人々が大挙して世界各地を旅すれば容易にウイルスは飛び散る。もし19年12月中か、遅くても20年1月前半に中国から世界への人の動きを制限していれば、ウイルス拡散のスピードを相当遅らせることができたかもしれない。

・武漢の抗体保有率4・43%という数字は、中国疾病予防コントロールセンターによる貴重なデータの公表である。ただし公表された時期は、実際の調査から8カ月も経過した20年末になってからだった。政治の高い壁が立ちはだかったに違いない。これでは命を救うためになされるべき世界中の研究が大幅に遅れかねない。

・WHOもこれまでミスを重ねている。20年1月23日の緊急理事会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送った。中国から受け取った情報からみて、その時点では人から人への感染は家族内と医療関係者に限られ、世界的な脅威と判断するには時期尚早、と判断したのだ。

・ある意味、それは当然だった。直前の1月21日まで習は北京に戻っていない。それなのにWHOがいきなり世界に向けて緊急事態を宣言すれば、体面が失われる。中国としてはそれだけはどうしても避けたかった。このWHOの判断が各国の油断を生み、深刻な事態を招く一因になった。

・そもそもコントロールに成功したとされる中国でもコロナ禍は現在進行中である。北京に隣接する河北省の中心、石家荘市では感染者が増えており、1000万人の全市民に自宅待機が通知された。

■結論に一定の枠をはめる手法

・武漢市で新型コロナウイルス感染症の患者が出たとされる時期から1年1カ月を経て、中国政府はようやくウイルスの起源を探る本格的な調査団の現地入りにゴーサインを出した。コロナ禍でなお痛手を被り続けている全人類のためには、本来、純粋に科学的見地から一刻も早く追究すべき問題である。

・しかし中国への配慮を欠かさなかったWHO事務局長のテドロスまで一時、失望を口にするほどのドタバタ劇が演じられた裏には、ウイルス起源調査を警戒し続ける中国政治の高い壁がある。

中国での新型コロナウイルス起源調査のカギを握るWHOのテドロス事務局長=ロイター

・それは19年12月から習近平が雲南から北京に戻った20年1月下旬に至るまでの情報隠蔽と対応の遅れを浮き彫りにしかねない。第1号の感染者が出た時期は、中国の発表よりかなり遡るというシミュレーションも有力だ。

・すでに気になる兆しがある。中国の国務委員兼外相の王毅(ワン・イー)は先の新華社などのインタビューで「ますます多くの研究が世界の多くの場所で(感染が)同時に爆発したことを示している」と語った。起源調査に必要なのは科学的な知見で本来、外交とは無縁のはずである。WHOによる起源調査がなされる前に、結論に一定の枠をはめるような手法は百害あって一利なしだ。

・くしくも中国が人から人への感染を認める前、習近平が滞在していた雲南省は、まさに新型コロナウイルスに近いゲノム配列のウイルスを持つとされるコウモリが生息する場所だった。WHOの専門家が指摘するように今後の起源の解明には雲南省などの現地調査も欠かせない。

・実は20年3月の段階で習近平もウイルスの起源を科学的に追究すべきだと宣言している。それならば新型コロナウイルスの国際研究に積極的に門戸を開くべきだ。それでこそ今後も発生する可能性がある新たなウイルス禍の被害を最小限に食い止める予防策を講じることができる。(敬称略)

中沢克二(なかざわ・かつじ)
1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

英国なきEUの不協和音 「立場の違い、明るみに」亀裂の欧州(3)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR07D050X00C21A1000000

『暮れも押し迫った2020年12月30日のブリュッセル。欧州委員長のウルズラ・フォンデアライエンは19年7月の委員長選出時とよく似た白のブラウス、ジャケット姿でカメラの放列の前に現れた。マスクを外してペンを握った先に置かれたのは、英国との決別のための合意文書。「勝負服」をまとったフォンデアライエンは、晴れやかな表情で迷いなく署名した。

【前回記事】
スコットランド、くすぶる「英からの独立」

「欧州連合(EU)と英国の関係に新たな章を開く」。署名式後のEU…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・署名式後のEUの声明文には前向きな文言が躍った。だが、フォンデアライエンはツイッターで「長い道のりだった。ブレグジットから離れる時だ」とぽつり。やっと前向きな仕事に集中できるという本音をにじませた。

・英国なきEUはどう変わるのか。ヒントは署名式と同じ日に開かれたEU・中国の首脳会談にある。この日、6年以上交渉が続いてきた投資協定で大筋合意に達した。中国市場を開いて技術の強制移転などを防ぎたいEUと、米欧の間にくさびを打ち込みたい中国が歩み寄った。

EU・中国の首脳会談にはメルケル独首相、マクロン仏大統領も参加した=ロイター

・合意の立役者は20年後半にEU議長国だったドイツだ。「ドイツエンジン」(政治専門サイトのポリティコ)とも呼ばれる独首相のアンゲラ・メルケル、フォンデアライエン、EU貿易総局長のザビーネ・ワイアントのドイツ人女性3人が中国の人権侵害などを問題視する加盟国を説き伏せ合意に持ち込んだ。

・中国との首脳会談にはフランス大統領のエマニュエル・マクロンも参加して合意にお墨付きを与えた。英国の離脱でEU内で群を抜く大国となった独仏が手を取り合い欧州統合をけん引する。そんな未来像が浮かぶ。

・欧州統合に慎重で米国との関係を優先する英国が抜ければ、EUは統合強化に動きやすくなる。ただ、独仏主導は手放しで歓迎されているわけではない。

・EU・中国の首脳会議の直後、イタリアなどで「なぜマクロン氏が参加したのか」と反発が広がった。議長国ドイツはともかく、ほかの加盟国と同列のはずのフランスを優遇することは理屈が立たないというわけだ。安全保障で米国に強く依存するポーランドなども統合の速度などを巡り独仏と温度差がある。

・「英国の存在は加盟国の立場の違いを隠していた。英国が去った今、その違いが明るみに出るだろう」。残された27の加盟国の足並みは果たしてそろうのか。1月にEU議長国となったポルトガル首相アントニオ・コスタの予言は暗い。(敬称略)

【関連記事】
「英国にいては勝てない」 物流、EUとの国境復活

米IT大手、バイデン政権にプライバシー規制の統一要望

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12CZD0S1A110C2000000

『【シリコンバレー=白石武志】消費者保護に積極的な米民主党が大統領選に加え上下両院でも多数派となったことで、米国でも包括的な個人情報保護ルールの策定作業が本格化すると見込まれている。世界最大のデジタル技術見本市「CES」で開かれたプライバシーに関する討論会では、グーグルやツイッターなど米IT(情報技術)大手の幹部から連邦政府による統一的なルールの策定を求める声があがった。

【関連記事】
米加州でプライバシー規制 日系企業も翻弄
きょうのことば 個人情報保護規制
米ツイッター、極右集団のアカウント7万件停止

ツイッターでチーフ・プライバシー・オフィサー(CPO)を務めるダミアン・キエラン氏は欧州や日本などに広がる国境を超えたプライバシー保護の取り組みが「米連邦政府の行動を促すだろう」と指摘。バイデン次期政権のもとで2年以内に米国でも連邦政府レベルの個人情報保護ルールが導入されるとの見方に賛意を示した。

現在はカリフォルニア州など一部の州が欧州に倣った独自の個人情報保護ルールを定めつつある状況だが、州ごとに異なる規制が乱立すれば対応を迫られる企業の負担は増す。グーグルのキース・エンライトCPOは「(連邦政府レベルで)統一された法制度は、競争の観点からも産業界の活気と公平性を維持するのに役立つ」と指摘した。

アマゾン・ドット・コムで音声人工知能(AI)「アレクサ」のプライバシーを担当するアン・トス氏はハリス次期副大統領がカリフォルニア州の司法長官として「プライバシー問題に積極的に関与していた」と指摘。「彼女の経験がバイデン政権で生かされていくことを期待している」と述べた。

2018年にフェイスブックで発覚した大規模な個人情報流出事件をきっかけに、消費者のプライバシーに対する意識は高まっている。CESでプライバシーの討論会が開かれるのは20年に続き2回目。20年にはプライバシー保護に力を入れるアップルの幹部が登壇し、同社として約30年ぶりにCESの公式イベントに参加し話題を集めた。

CES 2021

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

奥平和行のアバター
奥平和行
日本経済新聞社 シリコンバレー支局長
コメントメニュー

今後の展望討論会で印象的だったのは、「Balkanization(バルカン半島化)」という言葉が何度も使われたことです。バルカン半島が紛争により細かい国に別れたように、細分化、乱立が進むことを意味します。

欧州ではGDPRが導入されたほか、米国でも連邦政府レベルのルール策定は遅れる一方で州ごとに法整備が進みつつあります。国、地域ごとに異なる仕組みなり企業活動の妨げになるとの懸念が強まっています。

バイデン政権の発足で国レベルのルール整備や国際協調が進むとの期待がありますが、こうした変化は反トラスト法や通信品位法の改正などIT大手が望まない方向にも作用する可能性があります。
2021年1月13日 7:33いいね
3

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

NYダウ反発、60ドル高 経済対策への期待で

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00002_T10C21A1000000

『【NQNニューヨーク=川内資子】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比60ドル00セント(0.2%)高の3万1068ドル69セントで終えた。バイデン次期政権による経済対策への期待などから景気敏感株の一角が買われた。主力ハイテク株が利益確定売りに押され、相場の上値は重かった。

バイデン氏は14日に家計への現金給付の増額などを含む数兆ドル規模の経済対策を公表する。財政規律を重視する共和党議員による反対で規模は縮小する見通しとはいえ、新政権発足後に支援策が成立し、米景気回復を促すとの見方が多い。

景気拡大による需要増加を織り込み、12日のニューヨーク原油先物相場が一時、昨年2月以来の高値を付けた。採算改善への期待からシェブロンなど石油株が買われた。化学のダウが4%高、前日夕に新製品を発表した半導体のインテルは3%上げた。米長期金利が一時1.18%と昨年3月以来の水準に上昇し、利ざや拡大期待からゴールドマン・サックスなど金融株も買われた。

一方、顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトなど主力ハイテク株は売られ、ダウ平均の上値を抑えた。長期金利の上昇で高PER(株価収益率)銘柄が売られやすかった。製薬のメルク、クレジットカードのビザも下げた。

ナスダック総合株価指数は反発し、前日比36.003ポイント(0.3%)高の1万3072.434で終えた。主力ハイテク株はさえなかったが、前日に大きく下げた電気自動車(EV)のテスラが5%近く上げ、半導体株の一角も買われた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

米、ワクチン1回目接種を優先 高齢者向けに在庫放出

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12CY00S1A110C2000000

『【ワシントン=鳳山太成】米政府は新型コロナウイルスワクチンの供給を倍増させるため、2回目の接種のために保管するワクチンの在庫を全量放出する。医療従事者を優先してきたが、高齢者の接種も始める。国内の死者数が1日4000人を超えるなか、遅れを取り戻すために戦略を転換する。

アザー厚生長官が12日の記者会見で明らかにした。12月中旬以降に始まった米ファイザーや米モデルナのワクチンは1人2回の接種を前提としており、2回目分を配らずに取り置いてきた。同氏は「供給が需要に追いついた」と述べ、取り置き分を放出すると説明した。2回目の接種が遅れることはないという。

米疾病対策センター(CDC)によると、12日までに約2770万回分が各州に供給され、約933万人が1回目を接種した。アザー氏によると、保管分を放出することで即座に配布分も含めて合計3800万回分が利用可能になる。さらに今週追加で供給する予定だ。

米国では約2100万人の医療従事者と約300万人の介護施設居住者を優先的にワクチンを投与してきた。これから約5300万人に上る65歳以上の高齢者にも接種を始める。米政府は、実務を担う州に対し、すべての医療従事者が2回打つのを待たずに、高齢者への接種を始めてもよいと勧告した。

ファイザーやモデルナのワクチンは3~4週間空けて2回接種することで90%超の予防効果が得られるという。ただ1回目でも一定の予防効果があり、アザー氏は接種者を増やすことが「現時点で人命を救う最良の方法だ」と強調した。

コロナの被害拡大が止まらないなか、各国政府の対応は時間との闘いだ。いかにワクチンを速やかに供給するかが大きなカギを握る。

トランプ政権は2020年末までに2000万人のワクチン接種を目指したが、2割にとどまった。メーカーの増産に時間がかかるほか、接種場所や人員の確保、物流網の整備が遅れている。一般市民へのワクチン接種を始めるにあたり、西部カリフォルニア州ではディズニーランドを会場にする。

ワクチンの早期供給はバイデン次期米大統領が最初に直面する難題だ。就任後、朝鮮戦争下に成立した「国防生産法」を使って、ワクチンに必要な材料を優先的に生産するよう企業に命じる方針だ。政権移行チームは8日、ワクチンの在庫を全量放出する方針をトランプ政権より先に表明していた。

バイデン氏は就任100日後の4月末までに1億回分の接種を目指す目標を達成するため、自らの供給計画を近く発表する。ただワクチン接種の最終権限は地方自治体が持ち、連邦政府の対応には限界がある。CDCが指針をつくって助言するが、誰の接種を優先するかなど具体策は州によって分かれる。公約実現のハードルは高い。

新型肺炎

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

鈴木一人のアバター
鈴木一人
東京大学 公共政策大学院 教授
コメントメニュー

ひとこと解説 アメリカではワクチンに対する期待が高く、感染を抑え込む唯一の手段であり、日常を取り戻す魔法のような扱いになっている(同時に反ワクチン主義も根強くある)。そのため、政府に対するワクチン供給を求める圧力が高く、二度目の接種のために備蓄していたワクチンを放出せざるを得なくなった。しかし、一度の接種では効果が限定的だが、二度目の接種が遅れても効果がなくなる。今回の放出で二度目の接種を受けられない人が増えることも問題となるだろう。
2021年1月13日 7:19いいね
3

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login