メルケル独首相、Twitterを批判 意見表明の自由重要

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN113R30R10C21A1000000

『【ベルリン=共同】ドイツのメルケル首相は11日、トランプ米大統領のアカウントを永久凍結したツイッター社の決定について、意見表明の自由を制限する行為は「法に基づくべきだ」と述べ、同社の対応を批判した。報道官を通じてコメントした。意見表明の自由を守ることは絶対的に重要だと強調した。

メルケル氏は多国間主義の重要性を基本理念に据え、トランプ氏の「米国第一」の政治姿勢に対しては批判的な立場を取っている。

【関連記事】

Twitter、トランプ米大統領のアカウントを永久停止
Facebook、トランプ大統領のアカウントを無期限凍結
IT大手「トランプ流」決別 Amazon、新興SNS接続停止
右派SNS「パーラー」接続不能に トランプ氏支持者愛用
米議会乱入、右派SNSが扇動 トランプ氏に共鳴

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

福井健策のアバター
福井健策
骨董通り法律事務所 代表パートナー/弁護士
コメントメニュー
分析・考察
 我が国とは比較にならないほど言論の自由に高い価値を見出す米国判例史にあって、100年前にその礎を築いたホームズ判事は、それでも「満員の劇場で火事だと叫ぶ言論の自由は無い」と断じています。問題は、当時の具体的な状況下にあってトランプ大統領の言動が、直接の不当な暴力の引き金になる明白な危険性を持っていたか否か、でしょう。

トランプ氏の個別問題はそういう具体的な事情しだいかと思います。とはいえメルケル首相が、「巨大ITが政治上の発言を理由にアカウントを削除する力を持ち得ること」に反応したのは、問題意識としては極めて正当だと感じます。
2021年1月12日 8:52いいね

49
滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー
分析・考察「私は貴方の意見に反対だ。しかし貴方の発言の権利は命懸けで守る」
ヴォルテールのこの言葉が思い起こされます。メルケル首相はトランプ大統領とは犬猿の仲。そのメルケル氏がトランプ氏のアカウントの永久凍結を非難し、意見表明の自由の重要性を強調した意味は重い。意見表明の自由に対する制約は法に基づくべきだ、というのも正論でしょう。
もちろんメルケル発言には、米国の巨大SNSは自主規制に任せるのではなく法による規制が必要という、欧州の主張を感じ取る向きもあるでしょう。それにしても、ロシアの野党指導者ナバリヌイ氏がメルケル氏に呼応するなど、意見表明の自由の重要性に強い光を当てたのは確かです。頂門の一針です。
2021年1月12日 8:00 (2021年1月12日 8:20更新)
いいね
72

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login