〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕

 ※ 情報発信も、実は「サーバー」頼み、「プラットフォーマー」頼みとなる…。

 ※ そこを「牛耳った」勢力が、「情報流通」の要石(かなめいし)を、押さえることになる…。

 『Jack Nicas & Davey Alba 記者による2021-1-10記事「How Parler, a Chosen App of Trump Fans, Became a Test of Free Speech」。
  パーラーのマッツ社長は27歳で、ラスベガスのソフトウェアエンジニアだった。
 パーラーApp のユーザーは、1500万人いるという。

 大障害発生。パーラーはアマゾンの巨大サーバーを借りていたらしい。だから米国時間の月曜に、パーラーはオフラインになってしまった。サーバーから放り出されたのだ。

 マッツ社長は今、中小のサーバー提供会社に声をかけまくって、データ保存のため奔走している。1週間くらいはかかるだろうという。

 ※フリースピーチを本気で維持したいなら、1社のメガサーバーに依拠しては絶対にいけなかったのだね。いずれ誰かが、データもサーバーも極限まで分散して、ユーザーの個人所有PCが、多重的にデータのごく一部の「カケラ」を匿名的に「雨宿り」させる、そんなシステムを考えるんじゃないかと思う。』

 ※ アルメニア・アゼルバイジャン戦争は、「戦史」に名を刻んだ…。

 ※ その余波の一つだろう…。

 ※ 「火砲」を、「自爆ドローン」で置き換えていく各国の兵器体系・兵器体制に注目だ…。

 ※ おそらく、「火砲」だけでなく、「短距離ミサイル」も、一定程度は置き換わっていくものと、思われる…。

 ※ そして、今度はそれが、「防空システム」へと影響を与えていくことになる…。

 『Todd South 記者による記事「New in 2021: Marines and loitering munitions ― from LAVs to infantry squads, the Corps wants more in the new year」。
   海兵隊は、大型と小型の二種類のロイタリングミュニション(無人うろつき自爆特攻機)を導入したい。世界のメーカーに対する公募は11月になされ、応募の締め切りは1月である。

 歩兵が携行できるポータブルコンテナから、レンジ20km、滞空90分可能な自爆ドローンをスウォーム放出したい。スウォームの規模は15機である。

 海兵隊の火力支援部門は、十五榴だけでなく、120ミリ迫撃砲までも廃止してしまいたい。その代わりにスウォーム自爆ドローンを頼ろうというのだ。

 射程100kmの地対地ミサイルの弾頭部に複数の自爆ドローンを詰め込んで放つという案も。この兵器の最短レンジは7kmになる予定。』