慰安婦判決「受け入れず」 官房長官、韓国に是正要求

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE0837Z0Y1A100C2000000

『加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、韓国のソウル中央地裁が元従軍慰安婦訴訟で日本政府に賠償を命じる判決を出したことを巡り「極めて遺憾だ。断じて受け入れることはできない」と語った。「韓国が国家として国際法違反を是正するために適切な措置を講ずることを強く求める」とも強調した。

加藤氏は「国際法上の『主権免除』の原則から日本政府が韓国側の裁判権に服することは認められないという立場から控訴する考えはない」と話した。日本政府は主権免除の原則から、訴訟そのものが「却下されるべきだ」と主張してきた。

加藤氏は慰安婦問題に関して「1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済みだ」との立場を説明した。「2015年の日韓合意で最終的かつ不可逆的な解決が日韓両政府の間で確認されている」とも訴えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

※ ある国家の行為が、別の国家の「裁判権」に服することは無い…とか、法理としては、当然至極の話しだ…。

※ 裁判権をも含んだ、ある国家の「統治権」が及ぶ範囲は、その国家の「領土内」「その国民」のみに限られる…。

※ そういう限定を超えて、他国の領土や他国民にまで、ひいては他国そのものの行為にまで、ある国家の「統治権」が及ぶのだ…、という話しになったら、到底収拾がつかないことになってしまう…。

※ そういう「法理」を唱えている国家が、韓国以外にあるという話しは、寡聞にして、オレは知らない…。