〔「国民主権」というものの話し…。〕

※ 「民主主義」とは、統治される側の「国民」が、統治の決定過程に参加し、理念的には「最終・最高の国家意思決定権を持つ」とする政治システム、と言える…。

『国民主権( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E4%B8%BB%E6%A8%A9
国民主権は、主権は国民にある、という思想であり、つまり国民が政治権力の源(拠り所)・責任主体であり、政府は国民の意思により設立され運営される機関であるとする思想・考えのこと。「主権在民」または「人民主権」ともいう。』

『概要
ここで言う「主権」とは、国政のあり方を最終的に決定することを意味する。

「国民主権」は、歴史的で多義的な概念であり、その時代、論者によって内容が異なる概念である。「主権在民」または「人民主権」ともいう。

「人民主権ないし国民主権」は、17~18世紀にかけて、社会契約説の概念を背景に、ロック、ルソーによって発展させられた概念である。「人民」と「国民」は、peuple プープルとnation ナシオン(フランス語の表記。英語ではpeopleとnation)という対立的な概念として図式化されることもある。

また「人民主権ないし国民主権」は、フランス、ドイツのほか、アメリカ合衆国[1]、日本(日本国憲法は「国民主権」を明記している) 他、多くの国家の現行憲法で採用されている。ただし、その内容は必ずしも同一ではない。

これらの国に対し、英国では「国会主権」がとられているが、政治的な主権は市民が有するとされている。』

『日本における国民主権
概略
日本では、日本国憲法前文と日本国憲法第1条が国民主権を定めている。日本の学説においては平和主義、基本的人権の尊重とともに三大原則の一つとされている。この憲法における国民主権は、個人主義と人権思想の原理に立脚する、とされている。

国民主権の下では、主権は国民に由来し、国民は選挙を通じて代表機関である議会、もしくは国民投票などを通じて主権を行使する。その責任もまた国民に帰趨きすうする。

歴史的にはかつて「必ずしも君主主権と相反するものではない」などともされていたが、日本国憲法下の学説では君主主権を否定する原理であるとするものが多い。

伝統的見解
日本国憲法の制定後、まもなく生じた尾高・宮沢論争を経て、国民主権とは、全国民が国家権力を究極的に根拠づけ正当化する権威を有すること(正当性の契機)に尽きるとの宮沢説が伝統的見解となった[6]。この見解は、国民主権を君主主権ないし天皇主権を否定する概念とする一方で、正当性の契機における「国民」は、国家権力を正当化し権威付ける根拠であるから、有権者に限定されず、抽象的な全国民を意味するとする。そして、その権威は国民に由来するが、権力は代表民主制に基づき、「国権の最高機関」である国会が行使すると解した上で、憲法上、要請される代表制は、選挙民の意思に拘束されない自由委任を前提とした「政治学的代表」を意味するとする。』

※ 「法的な概念」は、全てそうだが、特に「憲法における法的概念」は、「あいまいで」「はっきりとせず」「どうとでも解釈できるようなもの」が殆どだ…。

※ 当然だ…。「国家権力」発動の、「根拠」となり、その「正当性」を裏付けようとする「文書」だからな…。その時々、時代時代の権力闘争の「妥協の産物」だ、後々自分の陣営に都合がいい解釈の余地を残して作られる…。

※ 「国民主権だ!」「国家意思の最終的決定権は、国民にあるのだ!」と言ったとたんに、「国民って誰?」「オレも、国民だ!」「オレの意見を、国政に反映しろ!」「なぜ耳を貸さない!国民の声を、ないがしろにするのか!」という問題が生じる…(どっかの政党が、よく言ってる、よく聞く話しだな…)。

※ 「民主主義」とか、「国民主権」とかの根底には、「個人の尊重(国民一人一人が大切な存在で、国政の上で、尊重されるべき存在である)」という理念が横たわっている…。それを追求して、国民個人個人の利益をてんで勝手に追求することを許すと、その大切な存在であるはずの個人の生存・生活の基盤である、「国家システム」「社会システム」まで破壊してしまって、却って(かえって)、個人の尊重を傷つけてしまう結果となる…。大矛盾だ…。

※ それを「回避するための方策」は、「国民主権」と言いつつ、「国民」の意思が「直接流入することを、極力避ける」という、「国民主権の希薄化」策だ…。

※ 上記で紹介されている「尾高・宮沢論争」からも見てとれるように、国民主権とは、決して「個々の国民の意思が、現実に反映されるという力(ちから)がある」ということまで、保障するものではない…、とせざるを得ない…。

※ これまた、当然の話しだ…。個々の国民の「考えていること」「大切だと思っていること」「こうあって欲しいと思っていること」が千差万別、十人十色である以上、そういう人たち「全員」を「納得させ」「満足させる」現実解なんてものが、あるはずも無い…。

※ 現実の姿は、「そこそこな解決。」「まあまあ、手ひどく酷い事態ではない。」という辺りに、落ち着かざるを得ない…。

※ 「最大多数の、最大幸福」の追求という辺りに、ならざるを得ない…。

※ そしてまた、この「希薄化策」の現実の姿は、各国において、少しずつ異なったものとならざるを得ない…。

※ これまた、当然の話しだ…。

※ 各国は、それぞれ異なった歴史的背景、異なった民族構成、異なった「国民」の集合体だ…。「最大多数の最大幸福」を達成しようとするシステムのあり様は、そういう「国民の姿」を反映した、異なったものとならざるを得ない…。

※ 「欧米では…。」とよく言うが、「欧(ヨーロッパ)」と「英・米」では、はっきりと「法的な伝統」が異なる…。法体系も、「ローマ法」以来の「成文法」中心のやり方と、辺境だった「連合王国」(UKとは、「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」のこと。そう言うと、スコットランド人やウエールズ人が、「オレらは、ブリテン人じゃねえ。」って言うんだよ…。)とでは、相当異なる…。こっちは、「慣習法」「不文法」が中心のやり方となっている…。

七王国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E7%8E%8B%E5%9B%BD

イギリスのカントリー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC

※ さらには、「英米」とひと括りにするが、「英」と「米」でも、異なる点が随分ある…。

※ これまた、当然だ…。「米」は、とにかく国土が「広大」だ…。東西に広大だから、「時間帯(タイム・ゾーン)」が3つもある…。国内で「時差」が公式に3つある国なんだよ…(こういう実情は、中国もロシアも同じだ…。似たような「システム」になっているんだろうと思う…)。

※ 大体、こんな風に領土を拡張してきた…。

※ そもそもの「建国の歴史」が、イギリスからの植民者(ピルグリム・ファーザーズが有名だな…)に始まっていることと、国土が「広大」で、各地域で気候・風土に違いがあることもあって、「各州」の独自性が強く反映される「システム」となっている(合衆国だしな…)。

※ 「不文法」「慣習法」という法体系は、そういう「異なった統治システム」の併存にとって、好都合なものでもあるわけだ…。

※ そういうことで、「西側民主主義国」と一括りにするが、その「民主主義」「国民主権」の現実のシステムは、随分と異なった姿をしているものなわけだ…。

※ そういうところに持って来て、建国の初期段階から、国土建設に「労働者」を使役した(公然と、「奴隷制」も採用されていた…)から、社会の内部にそういう存在も抱え込むことになってしまった…。

※ こうなると、ますます、「国政に参加できる「国民」って、誰?」「そういう資格の無い輩(やから)は、排除しなくちゃな。」という論が横行することになる…。

※ 「個人の尊重」「統治される側が、統治する体制に参画していくシステム」という言説や理念は、美しく、耳障りが良く、心地よい…。

※ しかし、その「実相」は、ドロドロとしていて、生臭く、人間の欲に塗れて(まみれて)いるものだ…。