米Amazonが低価格住宅 2000億円投資、家賃高騰受け

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN06D8O0W1A100C2000000

『【ニューヨーク=白岩ひおな】米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムは6日、米国内の本社や拠点の周辺地域に20億ドル(約2060億円)を投じ、中低所得者向けの低価格帯の住宅を建設すると発表した。高賃金のアマゾン社員の増加に伴う地域の家賃高騰や住宅不足に対応する。市場への影響力の大きさからハイテク大手への逆風が強まる中、地域での批判をかわす狙いもありそうだ。

【関連記事】
巨大IT4社トップ、独占巡り応酬 米公聴会
10月の米住宅価格指数1.5%上昇 前年比1割高、急騰続く

本社のあるワシントン州シアトル近郊のピュージェット湾岸地域、第2本社となるバージニア州アーリントン、オペレーションセンターを建設するテネシー州ナッシュビルでの建設を想定している。5年間で少なくとも2万戸の住居を提供する計画だ。ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は「手ごろな家賃水準の住宅を維持し、地域に住む人々の安定した暮らしにつなげる」と話す。

アマゾンはシアトル周辺に7万5000人以上の労働者を抱えており、アーリントンやナッシュビルでもそれぞれ1000人以上の従業員が働く。 通販などの需要拡大を受け、5年以内に各拠点の従業員は5000人超に増える見込みだ。

こうした高賃金労働者の流入は地域の家賃上昇を招く。アーリントン地域のアパートの平均月額賃料は2010~19年の間に1789ドルから2262ドルに26%上昇した。米シンクタンク、アーバン・インスティテュートのサラ・ローゼン・ウォーテル所長は「教師や医療従事者、交通機関の労働者らにとって手ごろな価格のアパートが高級アパートに再開発され、働く家族の住宅の選択肢を減らしている」と指摘する。

サンフランシスコやシリコンバレーなどハイテク大手の本拠地の周辺でも家賃高騰が深刻で、地域住民団体から住宅整備支援の要望が相次いだ。グーグル親会社のアルファベットやフェイスブックは、すでに手ごろな価格の住宅整備に乗り出している。

アップルはカリフォルニア州の住宅難解消に向け、25億ドルの基金を拠出する方針を明らかにしている。住宅ローンや頭金の支払い補助、土地の無償提供、低価格住宅の建設資金に充てるという。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

大槻奈那のアバター
大槻奈那
マネックス証券 執行役員チーフ・アナリスト
コメントメニュー
ひとこと解説この数年、アマゾン他巨大IT企業が地元の地価高騰等の弊害をもたらしているという批判が強まっています。実際、アマゾン本社のあるシアトルは過去10年で全米一家賃が上がった都市とされているなど(米住宅都市開発省、Self Financial)、地域経済への貢献と並んで、弊害を生んでいるのも事実です。

昨年もアマゾンは本社敷地内にホームレス・シェルターを設置し話題になりましたが、それでも批判は止まず、7月には、近隣対策やコロナ対策として、シアトル市が大企業向け新税導入を可決しました。今回の施策は巨額ですが、これだけで住宅不足を補いきれるわけではなく、批判がかわせるのかどうかは不透明でしょう。
2021年1月7日 7:54いいね

8
奥平和行のアバター
奥平和行
日本経済新聞社 シリコンバレー支局長
コメントメニュー
ひとこと解説サンフランシスコでグーグルなどの社員の通勤用バスが襲撃されたのは3年ほど前のことだったと記憶しています。高給の社員が流れ込み、家賃が上昇して旧住民が住みづらくなったのが理由のひとつでした。

アマゾンは19年、住民の反対を受けてニューヨークに第2本社を設ける計画を撤回しています。

巨大テクノロジー企業にとって地元との関係構築は大きなテーマになっていますが、アマゾンだけでも世界の社員は過去2年で8割増えて110万人を突破。焼け石に水とは言いませんが、「2000億円、2万戸」くらいではまだまだ足りないでしょう。

なお、この2000億円(20億ドル)は低利融資と寄付の合算だそうです。
2021年1月7日 8:36いいね

5
山崎俊彦のアバター
山崎俊彦
東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授
コメントメニュー
ひとこと解説記事には米国の賃貸事情の詳細までは書いてありませんが、大都市や大きなテックカンパニーを擁する地域はものすごい勢いで家賃が値上がりしています。地域にも依るでしょうが、毎年家賃更新をするところも多く、そのたびにすごい勢いで家賃も上がります。一部ではハイテク株に投資するより不動産に投資するほうが儲かるとまで言われるほどです。よく「あの企業の年収はXXXX万円!」という記事が踊ります。でも、家賃やその他の生活費も非常に高く、やりくりには苦労するという話をよく聞きます。
2021年1月7日 7:54いいね

8
村山恵一のアバター
村山恵一
日本経済新聞社 本社コメンテーター
コメントメニュー
ひとこと解説アマゾンがニューヨークにつくろうとして結局断念した第2本社の話を思い出します。地元政治家らの反対にあったのが理由でした。巨大企業を誘致すれば地域に雇用が生まれ、経済が広く活性化するというわかりやすい方程式が通用しなくなっています。テック企業と富の再配分。引き続き重要テーマです。
2021年1月7日 8:19いいね
2
初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

有料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login