[英文]インドネシア、来週からワクチン接種開始

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGV053EX0V00C21A1000000

『インドネシア政府は来週から全国民を対象に新型コロナウイルス接種計画を実行に移す。同国政府は2億3000万回分のワクチン確保にめどをつけ、すでに中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)シノバック社から300万回分のワクチンが届い…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り122文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・集団免疫を得るためには国民約2億7000万人のうち1億8000万人がワクチン接種する必要があるとみているが、島国である地理的制約などもあり、目標達成には3年近くかかるとの見方がある。(記事の続きは以下のバナーから英文でお読みください)

この記事の英文をNikkei Asiaで読む
Nikkei Asia https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/Indonesia-to-roll-out-mass-COVID-19-vaccinations-next-week?n_cid=DSBNNAR

ジャカルタ — ・インドネシアは来週COVID-19に対して人口のワクチン接種を開始する予定だと、上級大臣は、同国がウイルスの拡散を食い止め、経済を軌道に乗せようとしていると述べた。

・イアランガ・ハルタルト経済担当調整相は月曜日、閣僚会合の後、計画を発表した。彼は、プログラムがハラール認証を受けているワクチンだけでなく、国の食品医薬品機関からの緊急使用の承認に依存していると付け加えました。

・インドネシアは世界中の医薬品から2億2,900万回以上のCOVID-19ワクチンを確保し、すでに中国のシノヴァックから300万回の用量を受け取っています。また、アストラゼネカとファイザーからそれぞれ追加の5000万用量を交渉しています。

・インドネシアの国営製薬会社バイオファーマは、すでに300万から34の州に70万回以上の用量を配布している、と同社は月曜日の声明で述べた。政府の目標は、当初130万人の医療従事者にワクチンを接種することです。

・ブラジルの生物研究センターは昨年、シノヴァツのショットは必要な50%を上回る有効性率を持っていると述べたが、トルコの保健当局は現地検査で91.25%の有効性を示したと述べた。

・インドネシアは東南アジアで最も累積COVID-19症例が多く、月曜日時点で772,103人の感染が確認され、22,911人が死亡している。

・ブディ・グナディ・サディキン保健相は最近、インドネシアは群れの免疫に達するために人口2億7000万人のうち1億8100万人にワクチンを接種しようとしているが、このプロセスには3年以上かかるとメディアに語った。インドネシアは17,000の島々の広大な群島であり、このような予防接種プログラムを物流の悪夢にしています。

・ジョコ・ウィドド大統領は昨年、インドネシア人は無料の予防接種を受け、ジャブが安全であるという人々の自信を人々に与えるために最初にショットを撮ることを約束しました。

・すでに予防接種を開始している米国や英国のような国々は、最も脆弱であるため、高齢者にショットを与えているが、インドネシアは労働年齢人口を優先している。18歳から59歳のブラケットの人々は、医療従事者と公務員の後にワクチンを受け取ります。

・政府は、より活発で社交的なグループにワクチンを接種することで、病気の広がりをより効率的に食い止めることができると考えています。ジャカルタはまた、この年齢層の人々が仕事に戻り、危機前のライフスタイルに戻り、国内の生産と消費を押し上げることができるようにしたいと考えています。

・列島は9月に終了した3ヶ月で20年ぶりに景気後退に陥り、アジア開発銀行は最近、インドネシアの成長見通しを前回予想の5.3%から4.5%に引き下げた。