アジア開銀、新型コロナ対策支援でAIIBと協調融資

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM178TX0X11C20A2000000

 ※ 今日は、こんなところで…。

『【マニラ=遠藤淳】アジア開発銀行(ADB)がアジア新興国の新型コロナウイルス対策支援で、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)との協調融資に踏み切った。ADBの浅川雅嗣総裁が日本経済新聞とオンラインで会見し、明かした。ADBはこれまで、インフラ開発向けにAIIBと協調融資を実施してきた。

ADBは加盟国・地域のコロナ対策を支援するため、200億ドル(約2兆700億円)の緊急支援枠を設け、…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!』

・ADBは加盟国・地域のコロナ対策を支援するため、200億ドル(約2兆700億円)の緊急支援枠を設け、2020年12月上旬までに計149億ドルの融資・無償援助を実施した。この一部として、AIIBとはバングラデシュ、カザフスタン、タイなど向けに計11件の協調融資を実行した。融資額は11件計でADBが80億ドル超、AIIBは約45億ドル。なかには世界銀行などが融資に加わった例もあった。

・浅川氏は「ADB単独ではコロナ対策に必要な資金を供給しきれないので、AIIBのほか世界銀行などとの協力も積極的に進める」と話した。AIIBのコロナ対策支援は単独ではなく、協調融資に限って提供しているもようだ。

・ADBは12月、加盟国・地域のワクチン購入を支援するため新たに90億ドルの融資枠を設けた。コロナ関連支出で加盟国・地域の財政収支赤字はおおむね膨らむ。浅川氏は「各国・地域が(新型コロナを抑えて)財政再建にかじを切る時期に備え、国内資金を動員(確保)する力の強化が必要だ」と述べ、ADBが租税政策の立案や徴税能力の向上を助ける組織の設立を準備していると表明した。

・一連のコロナ関連対策で、ADBの2020年の融資・無償援助の総額は過去最高の310億ドル(前年比43%増)に達する見通しだ。21年は、ワクチンの普及などで新型コロナ関連の資金需要が一服し、融資・無償援助額はほぼ例年並みの230億ドル程度に落ち着く見通しだ。

・ADBはこれまでインフラ開発向けでAIIBとの協調融資に取り組んできた。16年6月には両行の初めての協調融資としてパキスタンの高速道路事業にそれぞれ1億ドルを提供した。インフラ向けの協調融資はその後、バングラデシュの天然ガス事業やインドの鉄道事業などでも実施し、累計で12件にのぼる。