フランスで2000人超が闇パーティー コロナ規制違反

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM020NW0S1A100C2000000

『【パリ=共同】フランス西部リユロンの使われなくなった大規模倉庫で昨年12月31日夜から、新型コロナウイルス対策の規制に違反したダンスパーティーが開かれ、約2500人が集まった。取り締まろうとした警察に対し、車両を放火するなどして抵抗、1月1日夜もパーティーを続けた。地元メディアが伝えた。

「レイブ」と呼ばれるテクノ音楽に合わせて踊り明かすパーティーで、ベルギーなど国外からも若者らが集まったという。警察が中止させようとすると、多くの参加者が瓶や石を投げて激しく抵抗し、車両を攻撃。1台は炎上し、ほか3台が破損した。

警察は周辺を取り囲み、出てきた参加者に罰金を科す一方、新たな入場を防止。救急隊員らが現場で参加者に消毒液やマスクを配布した。ダルマナン内相は1日夜、対応を協議した。

フランスでは新型コロナ対策で、夜間の外出や多人数の集会は禁止。政府は1日、感染状況が悪化している東部や南部の15県について、外出禁止の開始時間を2日から2時間早めて午後6時にすると発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

有料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login