英・トルコがFTA締結 月内にも批准手続き

英・トルコがFTA締結 月内にも批准手続き
英報道
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM280JE0Y0A221C2000000

『英国とトルコが月内にも自由貿易協定(FTA)に署名し、両国の議会で批准手続きをとることがわかった。英国が欧州連合(EU)と新たなFTAなど将来関係を巡る交渉で合意してから初めてのFTAとなる。

英紙フィナンシャル・タイムズが伝えた。両国はビデオ会議を通じて29日にも署名する見通し。31日までに双方の議会で批准手続きをとり、協定を発効させる。英国のトラス国際貿易相は27日、自身のツイッターに「我々は…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

有料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

・186億ポンド(約2兆6120億円)の貿易を担うトルコと継続的な貿易協定に署名するだろう」と投稿した。新たな協定について「製造業、自動車産業、鉄鋼業における英全土の何千もの雇用を支える」とも述べた。トルコのペキジャン貿易相も27日、両国の協定案について「署名の準備ができている」とした。

・英国はトルコにとって、ドイツに次いで2番目に大きな輸出相手国だ。ただ、トルコはEUと関税同盟を結んでいるため、英国とEUが通商協定で合意するまで、英国と個別にFTAを締結することができなかった。トルコは英国に白物家電、自動車、繊維製品を主に輸出している。英・EUの交渉が決裂すれば、輸出する際に高い関税や煩雑な手続きが生じる恐れがあった。

・英国とEUは24日、新たなFTAなど将来関係を巡る交渉で合意に至り、交渉決裂を回避した。英EU離脱の移行期間である年内中に双方の議会で承認や暫定適用の手続きが済めば、関税ゼロの貿易が維持され、年明けからの経済活動の混乱は回避される。