駐韓日本大使、しばらく空席に

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/38693.html

 ※ ハンギョレの日本語版から紹介する…。

『登録:2020-12-26 07:03 修正:2020-12-26 08:52

冨田浩司駐韓大使、駐米大使に異動 
内定した相星孝一大使の辞令はまだ出ず

日本の次期駐韓大使に内定した相星孝一駐イスラエル大使=NHK放送画面よりキャプチャー//ハンギョレ新聞社

 日本の冨田浩司駐韓大使が駐米大使への異動の辞令を受け、駐韓日本大使の席が空席になった。後任に内定した相星孝一駐イスラエル大使の辞令がまだ出ていないためだ。

 NHKなど日本のメディアは25日、日本政府が閣議で冨田駐韓大使を駐米大使に転補する人事案を同日付で決定したと伝えた。そして、後任には相星大使を起用する方針だと報じた。昨年10月に赴任した冨田大使は、バイデン米新政権の発足に合わせ、1年2カ月ぶりに異動することになった。冨田大使はバラク・オバマ政権時代に駐米大使館公使と外務省北米局長を務めた「米国通」で知られる。日本のメディアは、間もなく発足するバイデン政権との関係強化を期待した人事だと説明した。

 冨田大使の後任に相星大使が内定したという事実は、今月7日に日本メディアを通じて報じられた。鹿児島県出身で東京大学教養学部を卒業した相星大使は、駐韓日本大使館で1等書記官(1999年)や参事官(2000年)、公使(2006年)を務めるなど、二度にわたって約4年2カ月間韓国で勤務した。韓国語が流暢で、韓国に対する関心も高いとされ、冷え込んだ韓日関係に肯定的なシグナルとして受け止められた。

 予想とは異なり、相星大使の駐韓大使への異動辞令が出されず、駐韓日本大使はしばらく空席となった。前日の25日の閣議では、冨田大使の人事と共に、相星大使の人事も決まるものと見られていたが、いかなる理由で決定が保留になったのかは確認されていない。日本政府消息筋は同日、相星大使の辞令が出なかった理由について「まだ時期ではないということ」だと述べた。

 これに先立ち、日本側は、カン・チャンイル元共に民主党議員が韓国の次期駐日大使に内定したことに対し、自民党強硬派を中心に強く反発したという。 これに対し、カン次期駐日大使のアグレマン(外交使節に対する事前同意)をめぐり、異常気流が流れているという一部メディアの報道もあったが、大統領府は「事実無根」と否定した。

 今のところ、両国とも相手国が申請した次期大使内定者のアグレマンをめぐり、大きな問題はないという。しかし、駐韓日本大使の空席期間が長引いたり、カン氏の駐日大使赴任が遅れた場合は、ただでさえ良くない韓日関係に影響を及ぼす可能性がある。

キム・ジウン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/975944.html
韓国語原文入力:2020-12-2516:18』

相星孝一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%98%9F%E5%AD%9D%E4%B8%80

米、中国の虐殺認定検討 ウイグル族への弾圧めぐり

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM2519B0V21C20A2000000

 ※ 今日は、こんなところで…。

『【ワシントン=共同】トランプ米政権が中国政府による中国新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族への弾圧について、国際法上の犯罪となるジェノサイド(民族大量虐殺)と認定するかどうかの検討に入ったことが24日、分かった。対中強硬派のポンペオ国務長官が検討作業を指示した。米当局者が共同通信に明らかにした。米政府が認定すれば、中国の強い反発が予想される。

国務省で国際刑事司法問題を担当するタン大使が検討作業を取りまとめ、ポンペオ氏に報告する予定だというが、報告の時期は不明。ジェノサイドに認定した場合、中国に対する何らかの制裁措置を求める声が高まるのは確実とみられる。

来年1月20日の政権交代前に認定すれば、バイデン次期政権は中国への対応で難しいかじ取りを迫られそうだ。

ジェノサイド条約は人種、民族、宗教などが異なる集団を破壊する目的で行われる殺害や迫害をジェノサイドと定義し、国際法上の犯罪と規定している。

同自治区では少数民族に対する大規模な強制収容や強制労働、思想教育が国際社会の強い批判を集めている。女性に対する不妊手術や中絶の強制も報告されているが、中国政府は否定。トランプ政権は深刻な人権侵害を理由に自治区トップらに制裁を科している。

米国は2016年に、過激派組織「イスラム国」(IS)によるキリスト教徒やクルド民族少数派ヤジド派住民らの殺害をジェノサイドだと認定している。』

駐米大使に冨田氏決定

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE250LP0V21C20A2000000

『政府は25日の閣議で、駐米大使に駐韓国大使の冨田浩司氏を充てる人事を決めた。冨田氏はオバマ政権時代の2012年に駐米公使として米国に赴任し、13~15年に北米局長を務めた。発令は同日付。

冨田 浩司氏(とみた・こうじ)81年(昭56年)東大法卒、外務省へ。イスラエル大使、金融・世界経済に関する首脳会合担当大使、19年10月韓国大使。兵庫県出身、63歳。』

新駐韓日本大使は、三島由紀夫の娘婿 冨田浩司氏、来月赴任(2019年の話し)

新駐韓日本大使は、三島由紀夫の娘婿 冨田浩司氏、来月赴任 | ランゴワンの地図
https://ameblo.jp/max78kg/entry-12527018869.html

『朝鮮日報日本語版 2019/09/18 09:40

 新しい駐韓日本大使に主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の業務を担当した冨田浩司氏(62)=写真=が確定した。東京の外交消息筋が17日、「冨田氏のアグレマン(駐在赴任同意)手続きが完了し、早ければ来月にもソウルに赴任する予定だ」と明らかにした。

 2004年から06年まで駐韓政務公使を務めていた冨田氏は、外務省北米局長などを歴任、韓米日三角協力を重視するタイプだと言われている。東京大学法学部を卒業して1981年に外務省に入省、駐英・駐米公使や駐イスラエル大使などを務めた。駐韓政務公使だった時は韓国の歌をよく聞き、カラオケを楽しんで人脈を築いたという。金富謙(キム・ブギョム)元行政安全部長官、李東官(イ・ドングァン)元大統領広報首席秘書官、朴喆煕(パク・チョルヒ)ソウル大学国際大学院教授らと親密な関係を維持している。

 冨田氏は日本の極右小説家・三島由紀夫(1925-70年)の娘婿としても広く知られている。三島由紀夫は『金閣寺』『仮面の告白』など耽美(たんび)的な作品でノーベル文学賞の候補に挙がったことがあり、1970年に東京都内の自衛隊の建物で、「平和憲法改正のため自衛隊は決起せよ」と主張、切腹した。

     左寄りでない事は確かですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/冨田浩司

WSTS、2020年秋季半導体市場予測の結果を発表

https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP601030_R01C20A2000000/

『発表日:2020年12月01日

WSTS 2020年秋季半導体市場予測の結果

○世界の半導体市場動向

2019年の世界半導体市場は前年比-12.0%であった。米中貿易摩擦などの地政学的リスクが世界経済成長の失速を招き、半導体市場も大きな影響を受けた。

2020年は前年比+5.1%と予測した。新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックによるマイナス要因がある反面、5Gスマートフォンの増加やライフスタイルの変化が半導体需要を押し上げている側面もあり、プラス成長を予測した。

2021年は前年比+8.4%と成長が加速するものと予測した。

なお、US$1に対する円の為替レートは、2019年:108.9円、2020年:107.2円、2021年:106.2円を前提としている。

今回も春季予測と同様、COVID-19のパンデミックにより予測会議が開催されず予測値に関する討議が不可能であったため、以下に予測結果から読み取れる背景を記す。

2020年の半導体市場は、年初は2019年の低迷から回復基調にあったものの、COVID-19のパンデミックに伴い自動車業界を始め世界経済悪化の影響を受けている。但し5Gスマートフォン需要が増加していることに加え、感染対策としての在宅勤務やオンライン授業などの拡がりでパソコンやデータセンタ関連機器の需要も増加した。また、こうしたライフスタイルの変化に伴う”巣籠り需要”により、一部の民生機器市場も恩恵を受けている。このため、世界経済に比べて半導体市場は堅調に推移していると考えられる。

2021年は、COVID-19を巡る状況の改善を前提に世界経済も回復すると期待し、半導体市場も成長が加速する予測となったと考えられる。特に2020年に打撃を受けた自動車業界の急回復を想定したと見られ、関連市場は高成長が予測された。また5G化の更なる進展が幅広い製品の需要拡大に貢献すると考えられる。

○製品別市場動向(世界市場)

2020年における製品別のドルベースでの市場は、ディスクリートは前年比-1.2%、市場規模236億ドル、オプトは同-2.6%、市場規模405億ドル、センサーは同+7.4%、市場規模145億ドル、IC全体は同+6.4%、市場規模3,546億ドルと予測した。ICの製品別では、メモリは前年比+12.2%、ロジックは同+6.5%、マイクロは同+2.0%、アナログは同+0.0%と予測した。

2021年には、ディスクリートは前年比+7.2%、市場規模253億ドル、オプトは同+10.2%、市場規模446億ドル、センサーは同+7.8%、市場規模156億ドル、IC全体は同+8.3%、市場規模3,838億ドルと予測した。ICの製品別予測では、メモリは前年比+13.3%、ロジックは同+7.1%、マイクロは同+1.0%、アナログは同+8.6%と予測した。

○日本の半導体市場動向

2019年の円ベースでの日本の半導体市場は、前年比-11.2%、金額では約3兆9,187億円であった。

2020年は円ベースで同-2.1%と2年連続のマイナス成長で市場規模約3兆8,345億円となるものとみた。

その後、円ベースで2021年は同+4.8%、市場規模約4兆0,174億円になるものと予測した。

以上

※添付資料1~3は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付資料1~3

https://release.nikkei.co.jp/attach/601030/01_202012011658.pdf

コロナ下、半導体奪い合い 液晶パネルは品薄で急騰

コロナ下、半導体奪い合い 液晶パネルは品薄で急騰
トヨタは代替調達検討 ゲーム機生産に懸念も
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ24B3K0U0A221C2000000

『自動車の電動化や在宅勤務の広がりなどを受け、基幹部品である半導体や液晶パネルに品薄感が出ている。トヨタ自動車は半導体の代替調達の検討に入ったほか、一部のゲーム機は生産調整を迫られる可能性がある。半導体や液晶パネルメーカーは増産を急ぐが、不足感が解消するには時間がかかりそうだ。

米国半導体工業会(SIA)によると、10月の世界の半導体売上高は前年同月比6.0%増の390億ドル(約4兆200億円)と、1年11カ月…』

・春ごろは新型コロナの影響で自動車を中心に減産の動きが目立ったが、7月ごろから急回復したのに伴い半導体も回復基調だ。

・在宅勤務の普及によるクラウド拡大も半導体需要を引き上げる。世界半導体市場統計(WSTS)の予測では、2021年の市場規模が前年比8%強増の4694億ドルと、過去最高を更新する見通しだ。

・旺盛な需要を背景に半導体メーカーは設備投資を増やしている。韓国・サムスン電子と台湾積体電路製造(TSMC)、米インテルの大手3社の20年の設備投資の合計額は前年比で13%増え、日本円換算で6兆円に達する見通しだ。TSMCは米アリゾナ州に新工場を建設する計画。サムスンは米テキサス州の半導体工場の敷地を4割程度広げ、最先端ラインを導入する準備を始めた。

・各社は増産姿勢だが、半導体デバイスは通常、材料を投入してから製品ができあがるまでに3カ月以上かかり、機動的に生産量を増やすのが難しい。新型コロナの感染拡大で自動車メーカーなどが発注を絞ったのを受けて今秋から冬ごろの減産計画を立てていた企業も多い中で、需要の急回復は短期的に一部の製品で供給不足といったひずみを生んでいる。

・「スイッチの生産に支障が出る懸念がある」。任天堂幹部は主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に必要な半導体が今後、調達しにくくなるのではないかと気をもむ。

スイッチはコントローラーを本体から取り外して操作できるが、こうした機能には高い演算性能を持つ高機能半導体が必要だ。「スマートフォンや車に比べ販売数量に季節変動があるゲーム機向けの半導体は後回しにされやすい」(外資系調査会社アナリスト)という。

・「21年4月以降の完成車生産が滞る懸念がある」。11月下旬、トヨタ自動車の幹部は危機感をあらわにした。10月に旭化成の子会社の半導体製造工場(宮崎県延岡市)で起きた火災によって半導体調達が困難になったためだ。特にデンソーが主に生産し、トヨタに供給する衝突の回避や被害軽減する安全システム向けの影響が深刻とされる。

半導体自体の代替調達を進めるほか、部品構成が変わる新仕様のシステムの前倒し搭載も検討する。さらにデンソーのライバルである独コンチネンタルから安全システムを代替調達するなど複数の手段で、完成車生産に影響がでないよう手を打つ考えという。

・東芝の大分県と岩手県の半導体工場には「家電や産業用途など業種を問わず受託生産の要請が来ている」(関係者)という。両工場はフル稼働が続き、受託生産の比率は従来の1割から2割に拡大した。

・巣ごもり消費による需要の高まりの影響は半導体以外にも広がる。液晶パネルの価格は春ごろよりテレビ向けで6割、パソコン向けで2割上がった。液晶パネル需給がひっ迫している背景には、LGディスプレーなどの韓国勢が液晶から有機ELへのシフトを急いでいることがある。

【関連記事】
液晶パネル価格、異例の高騰 巣ごもり需要で品薄に

・さらに、液晶パネルの駆動に欠かせない半導体の一種であるドライバーICが不足していることも、液晶パネルの供給に響いているとの指摘がある。「半導体受託製造会社(ファウンドリー)にとって、利益率の低いドライバーICは生産の優先度が低い」(アナリスト)

・国内のあるパソコンメーカーの調達担当者は「必要数のパネルが手に入らずパソコンの生産が追いつかない」と漏らす。

・ハイテク産業の活況は21年も続くとみる関係者は多いが、米中摩擦の行方がリスク要因となる。英調査会社オムディアの南川明シニアディレクターは「米国の対中国戦略の大きな枠組みは変わらない。米中の競争はまだまだ続く」と指摘する。半導体各社などは生産増強に動くが、政治リスクが常に隣り合わせとなる。

(広井洋一郎、松本桃香、ソウル=細川幸太郎)

※ 半導体製造産業は、好・不況の波が大きい…。巨額の資金を要する「装置産業」なんで、「ハイリスキー」な事業となる…。

※ それで、Intelとか、Armとか、自分で「製造すること」からは手を引いた…。企画・設計部門に特化した…。

※ 日本は、永らく、そこの部門でも、競っていた(その残党を寄せ集めたのが、「ルネサス」)んだが、諦めて、「材料」「生産設備」部門へと、撤退した…。今でも、そこの分野では、競争力を保持している…。

茂木外相、中南米やアフリカ訪問へ ビジネス関係強化

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE258I10V21C20A2000000

『茂木敏充外相は25日の閣議後の記者会見で、2021年1月4~14日の日程で中南米やアフリカなど8カ国を訪問すると発表した。自由で開かれたインド太平洋の連携や、各国とのビジネス関係の強化を確認する。

中南米ではメキシコ、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの5カ国を訪れる。日本企業のビジネス環境改善について意見交換する。日系社会との連携を深める。

アフリカのセネガル、ナイジェリア、ケニアの3カ国にも足を延ばす。22年にチュニジアで開催する第8回アフリカ開発会議(TICAD8)の成功に向けての協力を確かめる。茂木氏は12月上旬にも南アフリカやモーリシャスなど4カ国に足を運んだ。

アフリカ疾病管理予防センター(CDC)は24日、ナイジェリアで英国や南アフリカのものとは異なる新たな新型コロナウイルスの変異種を発見したと発表した。最新の状況などを踏まえて、訪問の可否を最終的に判断する。』

元徴用工問題で対応要求 官房長官、離任の韓国駐日大使に

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE260B20W0A221C2000000

『加藤勝信官房長官は25日、韓国の南官杓駐日大使と首相官邸で会い、離任のあいさつを受けた。元徴用工訴訟問題など日韓間の懸案について、韓国の適切な対応を改めて求めた。南氏は来年の東京五輪・パラリンピックの成功に貢献したいと表明し、両国で協力していく方針で一致した。

韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使

日本人拉致問題を含む北朝鮮への対応に関し、日韓の緊密な連携を重ねて確認した。

韓国大統領府は11月、南氏を近く交代させ、韓日議員連盟前会長の姜昌一氏を後任に充てる人事を内定している。〔共同〕』

[英文]韓国感染拡大止まらず 規制強化に混乱も

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGV253VI0V21C20A2000000

『韓国の新型コロナウイルスの再拡大が止まらない。1千人前後の新規感染者の発生が連日続いており、25日には過去最多となる1241人を記録した。これまで感染者が増えた際は教会や政治集会など特定の感染源が明らかで、対策もとりやすかったが、…』

・韓国は何週間もの間、コロナウイルス大流行の最も危険な段階を引き起すのに苦労しており、1日あたり約1,000人の新しい症例を集計している。月曜日、同国はコロナウイルス患者の過去最高の24人の死亡を報告した。金曜日には、1日前の985件から1,241件の新しい症例が報告されました。

・市は、韓国のパンデミックの第1波と第2波とは異なり、目に見える中心がないため、現在の症例の増加は特に困難であると述べた。「2月と8月には、発生は特にクラスターに集中し、検査、追跡、検疫、治療などの措置が効果的でした」と、市はリリースで言いました。

・これらのケースでは、アウトブレークはそれぞれ教会のメンバーと政治集会の参加者に結びついており、当局は暴露された可能性のある人々を追跡することが容易になりました。現在の流行の約70%は人口密度の高い首都圏に集中し、当局はコミュニティ感染の絶え間ないリスクを乗り越えています。

・この気になるストレッチは、韓国人が友人、同僚、卒業生が食事や飲み物を集める「年末パーティー」と呼ばれるものを慣習的に開催する年末の期間と一致しています。したがって、市は集会に対する厳格な管理が必要であると主張した。

・一部のコメンテーターは、市や地方政府に独自の指令を出させる代わりに、文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる国家政府は、全国的に適用される措置を引き渡す管制塔を運営すべきだと主張した。

・右寄りのジュンガン日報は火曜日の社説で、文政権は上から明確なリーダーシップを発揮できなかったと書いた。「人々は本当に大変な時期を過ごしています。文大統領は、今から、国民に直接状況を説明し、理解を求めるべきである。たとえ遅くても、今は勇敢な時です。

・木曜日に発表されたリアルメーターの世論調査の結果は、文大統領が国を運営する貧しい仕事をしていると答えた回答者の59.1%を示し、前週の57.7%から増加した。ムーンが好調だと答えた割合は37.4%で、39.5%から減少した。

・文大統領の頭痛に加えて、彼の政権が韓国国民のために速やかにワクチン用量を確保していないと批判しているので、COVID-19ワクチンの調達に関する論争となっている。

・火曜日のブリーフィングで、文大統領の事務所は批評家にワクチンの取り組みを「政治化」するのをやめよう求めた。同事務所によると、政権は国内ワクチン開発に2,186億ウォン(1億9800万ドル)を割り当て、海外から4,400万回のワクチン用量を確保したという。

・それにもかかわらず、政府は公衆衛生を保護するための韓国の努力の管理に不足しているという認識が残っています。

・「現実には、医療関係者や科学者、そして検疫対策に従うことに同意した一般の人々が、ウイルスの対応を成功させたのです。しかし、政府はそれを信用しようとした」とソウルのキョンヒ大学のアレックス・テクグァン・リー教授は日系人に語った。

・「ウイルスの状況がより安定していたとき、人々は政府を批判するのを控えましたが、この瞬間は政府の欠陥を明らかにし、人々は怒っています」と、リーが言いました。