病院のベッドに現れたコンテナ「重篤な患者は絶対に行かない」

『新しいコロナウイルス感染症(コロナ19)は、患者のベッドが容器にアクセスできるかどうかを確認しましたか?14日、中央事故処理本部(中央修本)によると、首都圏には1日8カ所しか残っていない

ソウルには5カ所、仁川には3カ所ある。全国に48カ国があります。病床がないので自宅で待っている19人の診断者は、13日を基準とし、580人でした。ソウル市は中浪区のソウル医療院の空き地にコンテナ式移動式ベッドを

48 台設けるまた、ソウル病院江南支部に60床、北西病院に42床を増設する。私たちはコンテナベッドの周りの疑問を解き切った。

どんな感じだ?

中浪区のソウル医療院で14日、コンテナ仮設ベッドの設置作業が進められている。ニュース1
コンテナベッドは幅3.1m、長さ7.5mです。コンテナーを使用するユーザーは合計 3 人です。コンテナ内に3つのベッドを設置します。各ベッドはスペースを分ける一時的な壁およびドアを置く。コリドー構造として設計されています。ただし、シャワーとトイレは屋外に個別に設置する必要があります。最大6名まで一緒に使用できます。

誰がそれを使用します

14日午後、ソウルの鐘路区にある新コロナウイルス感染症(コロナ19)の仮設診療所に来院した市民が検査を受けている。ニュース1
容器のベッドは重篤な患者の代りに軽度、無症候性の患者によって使用される。ソウル市市民保健局長のパク・ユミは、「コンテナベッドは感染症専門病院に入院し、回復期に入った患者の治療を終了し、隔離が解除されるまで使用される」と説明した。これは、診断された19人のうち、症状が治療後に改善した患者が主に使用することを意味します。全国23のライフセラピーセンターを置き換えます。
梨大木洞病院呼吸器内科の千恩美教授は「コンテナベッドは呼吸器系が弱い重症患者が暖房を使いやすい構造
だ。スペースが狭いため、呼吸ポンプなどの大型医療機器はアクセスできません」と、病院の医療チームは迅速に移動できません。重篤な呼吸器疾患を持つ患者は、コンテナベッドに行く必要はありません。

信じてくれる?

ソウル中浪区のソウル病院コンテナベッドの内部。ニュース1
専門家は、コンテナベッドでクロス感染が起こる可能性があると言いました。高麗大学予防医学教室のチェ・ジウ教授は「複数人が共用する外部トイレなどではクロス感染が起こる可能性がある」とし、「コンテナベッドで集団感染が起きる海外事例も報告されている」と述べた。千教授は「外から食べ物を届ける人、掃除する人が行き来する場合、コンテナのベッドは100%安全ではない」と説明しました。

他に選択肢は?

「コンテナベッドの設置は最後の手段であり、他の効果的なオプションを検討する必要があります」と、専門家が言いました。「国内の絶対病床数は不十分ではない」とクイ教授は言う。私立病院はベッドの80%を持っているので、ベッドを効率的に割り当てることができない」 「日本は3回、政府が民間病院に支払う「ベッド保証料」の基準を明言した。したがって、日本は、診断された人が多いが、医療の崩壊はまだ来ていないと説明しました。「政府は、明確なベッド保証料を提案し、交渉し、民間病院のベッドを確保するために努力すべきである」と、Cui教授は強調した。「現在の市立・都立病院の病棟をコロナの19床に変換すると、その病院を利用する経済的弱者は二次的な被害を受ける」と、古九老病院感染内科教授のキム・ユウは言う

キム・ジヤ 記者 kim.jia @ joongang.co.kr ▶ NAVER 購読上位 500 万 ▶ ニュースを探しましたか?

▶レベル 3 のアップグレードでは

、(c) 中央日報(https:/ /joongang.co.kr)は、無断で転載および再配布することはできません』