〔こういうものが、世の中だ…。〕

若いねーちゃんは、「忍者」になって、ゲーミングする…。

パパやママ、あるいはにーちゃんは、「ぼっちテント」に籠って、「パソコン仕事」「リモート・ワーク」する…。

キッズは、「キッズ・テント」で戯れて、夢を育む…。

アクティブ・シニアは、ワゴン車にテント積んで、キャンピングする…。

とあるジジイは、フルタワーと格闘し、寝かせたり・起こしたりして疲労困憊し、「こ…こ、こ…しが…。」と呟いたりする…。

そして、「こりゃあ、絶対電源だあー。」と叫んで、電源ユニットぽちったはいいが、その「新品のユニット」が、うんともすんともなのを前にして、途方にくれる…。

そして、フルタワーのサイドには、内部から引き出された電源や、マザボなんかが、なにやら箱を二、三個積み重ねたものの上に、剝き出しで乗せられている…。

それを前にして、ジジイは「一体全体、どーゆーことなんだ…。」「何が、原因なんだ…。」とブツブツ呟いている…。

しょぼつく老眼でマニュアル見ると、「大量に電力を消費するデバイスを使用する場合は、高出力の電源ユニットの使用をお勧めします。電源ユニットの能力不十分だと、システムが不安定になる、またはシステムが起動できなくなる等の問題が発生する場合があります。」
と書いてあるのを発見する…。

「これか…。」と呟いて、さらに読み進むとA、B、Cと3か所電源プラグを繋ぐ箇所があることを発見する…。

しかし、Aは4ピンであることを、さらに発見する…。

ガサガサと、電源モジュール・ケーブルの束を物色するが、「4ピン」のモジュールは、「無い」ことを発見して、途方に暮れる…。

そういうものが、世の中だ…。

Bauhutte、“ゲーミング着る毛布”「ダメ着」シリーズに電熱ヒーター内蔵の新モデル
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1293278.html

クルマのハッチバックに接続できるポップアップ式テント「CARSULE」
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1271268.html

徐々に環境を、構築しつつある…。

「旧機」、完全に復活させるのはあきらめた…。

結局、大幅にパーツ交換して、OSの再インストール…、というハメになった…。

オレは、昔人(むかしびと)だから、もの事が単純・簡単だった時代の頭(あたま)のまんまだ…。

不具合が生じた場合は、「パーツを交換」すればいい…、という発想から抜けられない…。

しかし、時代は「進化」し、BIOSは今やUEFIというものになった…。

こうなると、どうも「準OS」と言ったようなものになっている感じだ…。

不具合が生じている「マシン」に繋げると、「旧環境」を引きずるような感じなんだよね…。

CMOSクリアで、何とか解決した…。

そのままだと、メモリすら、一部認識できなかった…。

今はまだ、GPUすら装着していない…。

CPU内蔵GPUで出力し、ドライブも「起動SSD」だけ繋いでいる…。

ソフトも、ほとんど再インストールしていない…。

「旧機」にあったデータへも、ほとんどアクセスしていない状態だ…。

まあ、いい…。

徐々に、取り戻していこう…。