「宮崎正弘の国際情勢解題」からの情報

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)11月17日(火曜日)
        通巻第6703号

『(読者の声3)貴誌、前号のRSEPは「絵に描いた餅」という指摘には納得です。ところで各国の経済発展状況がひと目で分かるのが衛星からの夜間写真。まずは2016年撮影のもの。
https://www.crowdfundinsider.com/wp-content/uploads/2016/01/South-East-Asia-at-Night.png
 北朝鮮はお通夜、ラオス。カンボジア・ミャンマーもほとんど灯がない。中国は沿海部の発展ぶりがわかるとともに西安・成都・重慶・武漢・長沙・昆明までくっきり。昆明からの距離はハノイも重慶もさほど変わらない。これを見ると中国の明るい部分が本来の支那本土といわれたところでチベットやモンゴルの広さがよくわかる。
 次の写真は1993年から2003年までのアジアの夜の照度の変化を示したもの。
https://media.sciencephoto.com/image/e0740067/800wm/E0740067-Asia_at_night,_1993-2003_changes.jpg
 赤は10年の間に光が出現、オレンジ・黄は10年間で明るさが増大、白は変化なし、青は明るさが低下。日本は成長がすでに終わり、韓国・台湾・中国沿岸部が急成長、インドは全体として急成長なのに貧困州のビハール・ジャルカンド・オリッサなど穴開きのように暗い。
フィリピンはマニラ首都圏のみ、インドネシアはジャワ島に集中。アジアの成長とは裏腹に旧ソ連圏は青ばかり目立つ。ソ連崩壊の影響がかくも大きなものだったのかと実感します。
 ついでに同じ時期の欧州の写真。
https://media.sciencephoto.com/image/e0740069/800wm/E0740069-Europe_at_night,_1993-2003_changes.jpg
 ロンドン・パリが欧州の2大都市だとよくわかる。
アイルランドは法人税の減税で世界中から投資を集め急成長、北イタリアの成長は中国に乗っ取られてしまうのですね。東欧圏はセルビア・ブルガリアが大きくマイナス、ポーランドは赤や黄が増え発展のきざし。旧ソ連はモスクワとサンクトペテルブルク以外は圧倒的に青色ばかり、とくにウクライナがひどい。
いまだに政治の腐敗が続き統治能力に問題があるのでしょう、EU加盟などありえないことがわかります。
  (PB生、千葉)』

※ ここに上がっているURLに飛んで、そこからキャプチャした…。

※ 「暗い」ところは、「人が居住していない(or 生活形態が、「定住」じゃない)」ところと言う意味もある…。

※ 「人が居住(定住)している」のに、「暗い」ところが、真の意味で問題なんだろう…。

アジアが世界最大の貿易圏を形成した後、米国は取り残されている

アジアが世界最大の貿易圏を形成した後、米国は取り残されている:米国商工会議所
https://www.reuters.com/article/us-asean-summit-rcep-usa/u-s-being-left-behind-after-asia-forms-worlds-biggest-trade-bloc-u-s-chamber-idUSKBN27X03Q

『(グーグル翻訳文)
ワシントン (ロイター) – 米国商工会議所は月曜日、日曜日に15のアジア太平洋経済が世界最大の自由貿易圏を形成し、地域貿易における中国の支配的な役割を固めた後、米国が取り残されることを懸念していると述べた。

ファイル写真:ベトナムのグエン・スアン・フック首相(L)は、2002年11月15日にベトナム・ハノイで開催された第37回ASEAN首脳会議の仮想署名式で、中国の李克強首相の隣で署名する中国の中山商務大臣(R)が示す画面を見て、トラン・トゥアン・アン産業貿易大臣の隣に座っている。ロイター/カム

会議所は、米国の輸出業者、労働者、農家がアジア市場へのより大きなアクセスを必要としているとして、新しい地域包括的パートナーシップ協定(RCEP)の貿易自由化の利点を歓迎した。しかし、ワシントンはブロックに加わるべきではないと言いました。

RCEPは世界経済の30%、世界人口の30%を占め、アジア大国である中国、日本、韓国に初めて参加しました。これは、多くの分野で徐々に関税を引き下げることを今後数年間で目指しています。

米国はRCEPと環太平洋パートナーシップ(TPP)の後継者の両方を欠席しており、世界で最も急成長している地域にまたがる2つの業界団体から世界最大の経済を残している。

同会議所のマイロン・ブリリアント事務局長は、ドナルド・トランプ米大統領の政権は中国による不公正な貿易慣行に立ち向かう動きがあったが、アジアの他の地域における米国の輸出業者にとって限られた新たな機会しか確保していない、と語った。

トランプは2017年初めに、前任者のバラク・オバマがアジアへの米国のピボットの一環として交渉したTPP協定を辞めた。トランプはそれ以来、アジアで包括的な新しい貿易協定を締結していない、とブリリアントは言った。

「RCEPの欠点を考えると、米国の加盟は勧めないだろう」とブリリアントは述べ、最近の米国の貿易協定には、デジタル貿易、非関税障壁、知的財産保護などの問題に関するより強力で執行可能な規則が含まれていると述べた。

「しかし、米国は、この地域における米国の堅実なプレゼンスを維持するために、より前向きな戦略的努力を採用すべきである」と彼は言った。

「そうでなければ、私たちは世界の成長の主要なエンジンの一つとして外を見ている危険があります。

ブリリアントは、アジア太平洋市場への米国の輸出はここ数十年で着実に増加しているが、米国企業の市場シェアは低下していると指摘した。

彼は、2021年の平均成長率が5%を超え、中産階級が急速に拡大するとの予測を引き合いに出して、アジア太平洋市場の重要性を強調した。

アンドレア・シャラルによる報告;編集:サンドラ・マラー、ピーター・クーニー、マイケル・ペリー』

スパコン「富岳」6月に続き連続首位、4冠を達成

https://www.yomiuri.co.jp/science/20201117-OYT1T50148/

『スーパーコンピューター(スパコン)の計算速度を競う世界ランキング「TOP500」で、理化学研究所と富士通が開発した「富岳ふがく」が、今年6月に続いて1位となった。スパコンの研究者らで作る国際会議が17日発表した。日本のスパコンの連続首位は「京けい」が達成した2011年以来、9年ぶり。

計算速度で再び世界一になったスーパーコンピューター「富岳」(神戸市中央区で、6月23日撮影)
 同ランキングは毎年6、11月の年2回発表される。発表によると、富岳の計算速度は毎秒44京2010兆回(京は1兆の1万倍)。2位の米国製スパコンの約3倍となるスピードで圧倒した。4位までの順位は前回と変わらなかった。

 このほか、人工知能(AI)分野で使う計算能力やビッグデータの解析能力など3部門でも1位を獲得し、4冠を達成した。

 富岳は、同じく理研と富士通が開発した「京」の後継機で現在試運転中。21年度の本格運用に向け、心臓部にあたる中央演算処理装置(CPU)をフル稼働させ、能力をアップさせた。

 富岳は既に新型コロナウイルス対策に緊急投入され、唾液の飛沫ひまつの拡散予測などで成果を上げている。21年度以降は公募で選んだ研究テーマで活用し、気象予測や創薬など幅広い分野での利用が期待されている。』

日経平均、終値2万6014円 29年ぶり高値

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66316140X11C20A1000000/

『17日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値は前日比107円69銭(0.4%)高の2万6014円62銭と、1991年5月以来、29年ぶりに2万6000円台を回復した。新型コロナウイルスのワクチン開発により、経済の正常化が進むとの期待が高まった。人の移動が増えるとの観測から、空運や鉄道、レジャー関連の株が買われた。もっとも、日米欧で新規感染者が増えており、上値は重くなっている。』