桜田義孝氏のこと…。

 ※ 桜田氏と言えば、オリンピック等担当大臣だった時に、「USBメモリというものは、なんか穴に挿すものだということは、承知している。」とか、「パソコンは、自分でキーを打ったことは無い。」とかの言動が広く報道されたという記憶が鮮明だ…。

『【菅日誌】11月10日(火)
【午前】6時41分、東京・赤坂の衆院議員宿舎発。44分、官邸着。官邸の敷地内を散歩。7時24分、官邸発。29分、東京・虎ノ門のホテル「The Okura Tokyo」着。レストラン「オーキッド」で熊谷亮丸内閣官房参与と食事。8時14分、同所発。17分、官邸着。26分から33分、国家安全保障会議の9大臣会合。42分から56分、閣議。9時5分から27分、坂井学官房副長官。10時30分から40分、鈴木直道北海道知事。46分から56分、森田祐司会計検査院長から令和元年度決算検査報告受け取り。11時2分から20分、鈴木氏から北方領土返還に関する要望書受け取り。30分から45分、全国仮設安全事業協同組合の小野辰雄理事長ら。桜田義孝自民党衆院議員同席。

 【午後】0時51分、官邸発。52分、国会着。54分、衆院本会議場入る。1時2分、衆院本会議開会。2時51分、衆院本会議散会。衆院本会議場出る。52分、国会発。54分、官邸着。3時40分から4時6分、韓国の朴智元国家情報院長による表敬。北村滋国家安全保障局長、滝沢裕昭内閣情報官、滝崎成樹外務省アジア大洋州局長同席。7分から15分、阿達雅志首相補佐官。16分から30分、マイナンバー制度および国と地方のデジタル基盤抜本改善ワーキンググループ。32分から46分、橋本聖子男女共同参画担当相、林伴子内閣府男女共同参画局長。55分から5時5分、上野孝横浜商工会議所会頭ら。6分、北村、滝沢両氏入る。17分、北村氏出る。18分、滝沢氏出る。41分から6時1分、新型コロナウイルス感染症の政府対策本部。24分、官邸発。31分、東京・虎ノ門のホテル「The Okura Tokyo」着。宴会場「メイプル」で自民党の末松信介、公明党の秋野公造両参院国対委員長らと会食。加藤勝信官房長官、岡田直樹官房副長官同席。8時12分、同所発。18分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。』

 ※昨日の「菅日誌」だ…。目を引いたのは、『(※11時)30分から45分、全国仮設安全事業協同組合の小野辰雄理事長ら。桜田義孝自民党衆院議員同席。』という部分だ…。
『全国仮設安全事業協同組合』というものは、どういうものか知らんかった…。そこに、桜田氏が同席している…。どういう繋がりなんだろうか…。

 ※ それで、桜田氏についてと、『全国仮設安全事業協同組合』について、情報を収集した…。

桜田義孝
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E7%94%B0%E7%BE%A9%E5%AD%9D

 ※ このWikiによれば、
『エピソード
学生時代
実家は農家だったが、生活は苦しく、高校卒業後は明治大学の夜間部に通うために昼間は大工として働き、学費を稼いだ。[40]
アルバイトのつもりで始めた大工仕事がその後生業となり、25歳で桜田建設を起業した。しかし、業務等で自らパソコンを打つといったことはなく、パソコン教室に通っても忙しくて挫折したという[41][42]。』
『人物
空手、柔道はともに有段、将棋も4段の腕前を誇る。[48]
好きな言葉は「努力に勝る天才はなし」。
趣味は山登りとオペラ鑑賞。最近見たのは「椿姫」。[49]
自由民主党千葉県支部連合会会長(県連会長)への5期連続選出は、史上初である。
大臣辞任から20日後に元号が平成から令和に変わったため平成最後の閣僚辞任者となった。
言い間違いの多さ、活舌の悪さから「柏の出川哲朗」と呼ばれている[50]。』
『自由民主党第26第総裁である菅義偉は、1996年の初めて小選挙区比例代表並立制で行われた衆議院選挙で初当選した同期である。桜田義孝は農家生まれで2年間大工のアルバイトをして得た学費で明治大学の夜間学部に入学しており、地方の議会議員を経て国会議院となっている。菅も農家から段ボール工場で働きながら学費を貯め、夜間学部に通い、地方の議会議員を経て国会議員となっており境遇がよく似ている。1996年初当選同期の山口泰明党本部長によると、現在も菅氏のことを「菅」と呼び捨てにしている同期は桜田だけだという。また、菅も桜田を「桜田」と呼ぶ。桜田は、2020年9月15日情報番組ひるおび!にテレビ生出演の際、自由民主党総裁に選出された菅に対して、「思い切ったこと、歴史に残ることをやっていただきたい。特に憲法改正・地方創生については、しっかりと取り組んでいただきたいと思います。」コメントしている[47]。』

 ※ ということで、菅首相とは、同じ「苦労人」として、仲間意識が強く、「お友だち」関係にあるようだ…。

全国仮設安全事業協同組合 (アクセス)
http://www.kasetsuanzen.or.jp/

 ※ 調べると、建築現場で組み立てる「足場」の「安全を促進」しようとする団体であるようだ…。

 ※ これからの日本国は、「少子化」と「高齢化」に見舞われ続けるのは、必定だ…。

 ※ 建築現場でも、「未熟練職人」「高齢職人」のオンパレードとなるだろう…。さらには、日本語の理解が不十分な「外国人職人」のオンパレードとも、なるだろう…。

 ※ そういう「現場」で、そういう職人さんの安全を確保していくためには、こういう「安全足場」を整備 していくことが、重要だ…。

 ※ それで、菅さんとの近しい関係もあり、自ら「工務店」を経営してもいる桜田氏が、同席して、いろいろ意見を言ったりしたんだろう…。

 ※ オリンピック等担当大臣に任命されたのも、二階派出身だからというだけでなく、そういう現場に明るいという経験を買われたんだな…。

 ※ オリンピックなんかの「国家イベント」開催となると、どうしても「期日に間に合わせるための、突貫工事」となりがちだ…。

 ※ そういう流れに対して、現場目線で、いろいろと有益な助言・アドバイスを送る…、という役回りを期待したんだな…。

 ※『桜田は東京五輪・パラ五輪担当大臣のほか、サイバーセキュリティ戦略副本部長として事務を担当しており、2018年11月14日の衆議院内閣委員会で無所属の今井雅人議員から「自分でパソコンは使っているのか」という質問に対し、「25歳で独立してやっている。秘書とか従業員に指示してる。自分でパソコンを打つことはありません」と答弁した。国民民主党の斉木武志議員からイランの軍事施設がUSBメモリによって悪質なコンピューターウイルスに感染した事例を挙げ、「日本の原発もサイバー攻撃を受ける可能性がある」とした上で、「日本の原発にもUSBメモリはありますか」と質問された際には「使う場合は穴を入れるらしいが、細かいことは、私はよくわからないので、もしあれだったら私より詳しい専門家に答えさせるが、いかがでしょう」と答弁した[70]。
英ガーディアンは、「もしハッカーが(パソコンを使わない)桜田大臣を標的にしても、何も情報を盗むことができない。彼は最強のセキュリティーかもしれない!」[71]などとネット上での皮肉を報じている。
これらの発言が海外でも取り上げられていることについて「世界に私の名が知られた。いいか悪いかは別として、有名になったんではないか」とコメントした[72]。』

 ※ どうしてもオレらは、こういうメディアで流れる、上っ面の情報に左右されがちだ…。

 ※ しかし、そういう情報は、上っ面だけの、上澄みだけの、表面上の「底の浅いもの」にすぎないんだ…。

 ※ そこいら辺を、よくよく噛みしめる必要があるだろう…。