アメリカの民主主義が大きく傷ついた大統領選挙

http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1799.html

『アメリカ大統領選挙は開票が進まず、バイデン、トランプどちらが勝つか分からない状態が続いている。しかし開票の過程でよくもまあこれだけと言う不正のオンパレード。

一寸この行方を考えるうえで重要な選挙の仕組みを解説したものが有ったので紹介する。

これは大統領選挙が勝敗がなかなかつかない時の仕組み。

2020-11-7アメリカ大統領選挙の仕組み

ここでキーポイントは、現在行われているのは各州の選挙人を選ぶ選挙(これが普通大統領選挙と言われているもの)と云う事。これが裁判などに持ち込まれて決着がつかない場合、下院で決選投票をすることになっている。ここでこの下院の決選投票は各州に1票を与え投票する仕組み。現在下院では共和党が26の州をとっているので、共和党に反乱が起こらなければトランプの勝ちとなる。

トランプが簡単に敗北を認めないのはこの仕組みが有るためだ。

そして、現在開票が遅々として進んでいるが(笑)、信じられない不正が噴出している。

例えば、
例① 偽造した投票用紙がC国で印刷され、それが使われている。
ソース:篠原常一郎氏のyoutube
https://www.youtube.com/watch?v=BKsz66bU490&feature=youtu.be
抜萃版
https://anonymous-post.mobi/archives/4725
注:篠原氏は中国から最低40億ドル(約4120億円)もの資金が流れていると言っているが、ソースがある話なのだろうか・・・。

傍証:トランプ大統領のツイート
訳文はMegumi.Mさんのツイートより
Megumi M.
@meguchan203
6月付のトランプのツイート「郵便投票の為に2020年は歴史上最も不正に仕組まれた選挙になるでしょうーこの愚かさが終わらない限り。第一次、そして第二次世界大戦中、我々は何の問題もなく投票しました。しかし今、彼らは郵便投票を手段として(選挙を)ごまかすためにコロナを利用しているのだ!」
引用ツイート

Donald J. Trump
@realDonaldTrump
· 6月22日
Because of MAIL-IN BALLOTS, 2020 will be the most RIGGED Election in our nations history – unless this stupidity is ended. We voted during World War One & World War Two with no problem, but now they are using Covid in order to cheat by using Mail-Ins!
午後7:54 · 2020年11月5日·Twitter for iPhone

トランプの6/22のツイート(アノニマスポストより引用)
https://anonymous-post.mobi/archives/4672
Donald J. Trump
@realDonaldTrump
不正な2020年の選挙: 数百万枚の郵便投票用紙が、外国やその他の国によって印刷されるだろう。それは、私たちの時代のスキャンダルになるでしょう!

2020-11-8トランプの6月22日のツイート

例② 投票の集計システムでトランプ票がバイデン票にカウントされている
ソース:https://anonymous-post.mobi/archives/4734
ミシガン州のある郡の事務員が集計ソフトの不具合に気付き、手で投票を数えたところ、その不具合のせいでトランプ氏と共和党のはずの6000票がバイデン氏+民主党に流れてしまったことが判明しました。ミシガン州の47の郡がこのソフトを使用していました。全ての郡は今すぐチェックしなければなりません
2020-11-7ミシガン州の選挙不正事例

こんな事例があちこちでゴロゴロ出てくる。ほとんどが民主党系の不正だ。
これではアメリカの民主主義に大きな疑問符が付いたと言ってもいいだろう。

若しバイデンが当選となったとしても、建国以来最大の不正選挙で当選した大統領となる。
これで内政、外交で力を発揮できるあろうか。
更に当然ながら弾劾裁判が待っている訳で、そこはどう切り抜けるだろう。

若しトランプが当選となったら、シナ排除の動きが加速する筈だ。
第二のレッドパージにもなるのではないか。

日本も学術会議問題で、共産党との問題がクローズアップされてきている。
今改めて、レッドパージを考えねばいけない時だと思います。』