トヨタ、期初予想「営業益5000億円」を半期で達成 豊田社長が語った“スピード回復”の理由

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2011/06/news118.html

『トヨタ自動車が新型コロナウイルス感染拡大の影響から回復を始めている。11月6日、2021年3月期の連結業績予想を上方修正。売上高に当たる営業収益は従来予想を2兆円上回る26兆円(前期比12.9%減)、純利益は6900億円を上積み、1兆4200億円(同30.3%減)とした。豊田章男社長は、コロナ危機以前からの取り組みの成果として「企業として強くなってきた」ことを早期の回復の理由として示した。

オンラインで開催した20年4~9月期決算説明会。豊田章男社長が業績などについて語った

5月に示した「営業利益5000億円」をすでに達成

 同日発表した20年4~9月期の連結業績は、営業収益が前年同期比25.9%減の11兆3752億円、営業利益は62.8%減の5199億円、純利益は45.3%減の6293億円だった。世界的な新型コロナ感染拡大の影響で、グループ総販売台数は19.9%減の436万6000台。販売台数の減少が響き、全ての地域で減益となった。

 一方、足元の業績は徐々に回復傾向にある。9月のトヨタ単体のグローバル販売台数は、前年同月を1.9%上回り、9月単月として過去最高を更新。特に北米と中国で大きく伸びた。北米では、7~9月の営業利益が前年同期を大きく上回っている。

 決算説明会で近健太執行役員は、足元の生産状況について「非常に繁忙」と話した。9月の生産台数は北米が前年同月比8%増、欧州が20%増、中国が49%増。日本国内でも4%増となっている。特に北米では、「RAV4」などのSUVやピックアップトラック、主力モデルの「カムリ」が好調。在庫が逼迫していることから、インセンティブ(販売奨励金)の負担も減少している。近執行役員は「(北米では)新商品を切れ目なく、いろいろなセグメントに投じることができた」と説明する。

北米では「RAV4」などSUVがけん引し、販売が回復傾向に

 20年5月の時点で、トヨタは今期の見通しについて、グループ総販売台数890万台、営業利益5000億円という“前提”を公表。新型コロナの先行きは不透明だったものの、自動車産業が経済に及ぼす影響の大きさから、一つの基準を示した。

 20年4~9月期決算では、期初に示した「営業利益5000億円」をすでに達成。今回修正した見通しでは、通期の営業利益を前期比45.8%減の1兆3000億円としている。豊田社長は当初の想定を上回る回復の理由について、「これまでの11年間の取り組みがあったから」だと説明する。

販売台数の回復などにより、連結営業利益を大幅に上方修正した(出典:2021年3月期第2四半期決算説明会資料)

リーマンショック時よりも回復は早い

 トヨタの決算説明会は例年、社長が登壇するのは本決算のみ。今回、中間決算の説明会に出席した理由について、豊田社長は「コロナ危機という有事であるから」と話した。そして、「特に有事のときは雇用を守り、利益を出して、税金を納めるのが責任。自動車産業は経済への波及効果が大きい。また、前を向いて頑張っている関係者への感謝と、この後の3Q、4Qも頑張っていく決意を伝えたかった」と説明した。

 期初の想定よりも業績の回復が早く、業績予想を大幅に上方修正できたことについては、「11年間の取り組みによって、企業として強くなってきた」と話す。11年前に何があったかというと、リーマンショックだ。当時の打撃は甚大で、09年3月期は赤字に転落。回復には時間を要した。

 リーマンショック時と今回のコロナ危機の回復スピードを比較するために豊田社長が示したのは、販売の落ち込みが最も大きい月から5カ月間の販売台数の前年比。リーマンショック時は前年比76%で、市場全体を4ポイント下回っていた。今回は前年比80%で、市場を3ポイント上回る回復を遂げているという。

日本市場で好調な、新型「ヤリス」シリーズ

 「リーマンショックや東日本大震災、円高など、いろいろなことがあったが、少しずつ取り組みを積み上げてきた結果だ」と豊田社長は強調する。“積み上げてきた”という言葉が示すのは、リーマンショック時と比べて資金が潤沢になったことだけでなく、「働く人たちが強くなった」こと。それが企業としての強さに表れているという。

 それは、同社が注力してきた原価低減活動が浸透してきたことだけにとどまらない。今回のコロナ危機では、工場の生産性向上や販売現場のオンライン活用などの取り組みによって「1台1台を積み上げるために生産も販売も必死になって仕事をした」(豊田社長)。さらに、工場を活用してマスクやフェイスシールドを製造するなど、社会の危機を乗り越えるために企業としてできることも行っている。

グループ総販売台数は942万台に上方修正した(出典:2021年3月期第2四半期決算説明会資料)
 豊田社長は「自動車産業の回復スピードは早く、日本経済に良い影響を与えられているのでは。トヨタの数字は(従業員や取引先など)多くの人の頑張りに支えられた結果だ」と語った。国内外を問わず、新型コロナの感染状況は先行き不透明だが、商品力や生産性の向上、将来を見据えた研究開発など、着実に事業を進められる体制を整えていたことが、業績回復につながっているようだ。』

バイデン陣営、政権移行の準備 閣僚人事、水面下で綱引き

バイデン陣営、政権移行の準備 閣僚人事、水面下で綱引き―米
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110600746&g=int

『【ワシントン時事】米大統領選でリードする民主党候補バイデン前副大統領の陣営が、来年1月の新政権発足に向けた準備を進めている。陣営は政権移行チームのウェブサイト「ビルド・バック・ベター(より良き再建).COM」を開設。激戦州で集計作業が続く中、水面下では閣僚人事をめぐる綱引きも活発化している。
【米大統領選】州別選挙人獲得状況

 同ウェブサイトはトップページにメッセージを掲載し「政権発足初日から全力で取り組めるように全速力で準備を進めている」と強調した。国民にアピールするとともに、開票結果をめぐって法廷闘争に出るトランプ大統領の陣営や支持者をけん制する狙いがあるとみられる。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、政権移行チームは、トランプ政権が重要な情報を共有しないなど円滑な引き継ぎを行わない可能性を念頭に、数カ月にわたって準備を進めてきた。バイデン陣営の政策実施に加え、各省庁で要職を担う数千人規模の人選も行う。
 陣営は「最も多様性に富んだ政権」を目指すと公言。閣僚や要職にオバマ前政権を支えた人材に加え、民主党の左派勢力や共和党からの登用も検討している。
 国務長官候補には、オバマ前大統領の国家安全保障担当補佐官を務めたスーザン・ライス氏や、前政権の国務副長官だったカーネギー国際平和財団のウィリアム・バーンズ理事長が挙がる。
 国防長官には、中国との大国間競争を見据え、国防総省の改革を訴えるミシェル・フロノイ元国防次官(政策担当)が有力視される。大統領補佐官(国家安全保障担当)には、バーンズ氏と同じく前政権で国務副長官などを歴任したアントニー・ブリンケン氏が有力候補と目されている。
 同性愛者を公言し、民主党指名を争ったブティジェッジ前サウスベンド市長が国連大使に任命される可能性もあるという。』

トランプの2016年の選挙勝利から学ばなかった教訓

トランプの2016年の選挙勝利から学ばなかった教訓
分析:ドナルド・トランプの勝利は2016年に驚いたかもしれません。今年の結果はあってはならない。
https://www.aljazeera.com/news/2020/11/6/lessons-not-learned-from-trumps-2016-election

『によって
スティーブ・チャガリス
2020年11月6日

2016年のドナルド・トランプ大統領の衝撃的な勝利に続いて、彼の勝利がなぜそのような驚きだったのかを見て、事後分析の不足はありませんでした。

選挙の翌日、ニューヨーク・タイムズの公開編集者リズ・スペイドが書いた一人は、「タイムズが自己反省の時期を始めるので、編集者がアメリカの半分についてあまりにもめったにカバーしないものを考えればいい」と語った。

読み続ける
テイク:レイ・スアレスとの米国選挙円卓会議
そうではなかった地すべり:選挙がアメリカについて言うこと
説明: 争われた州におけるドナルド・トランプの法的主張
2016年にトランプに投票した6300万人の米国の半分は、数ヶ月の投票と分析の後、2020年に再び世界を驚かせました。

トランプがホワイトハウスで2期目を言われるかどうかはまだ分からないが、彼が2016年の投票総数を打ち砕き、少なくとも700万票を獲得したことを知っている。トランプが勝つか負けても、これらの疑問が提起される:米国の政治的物語を形作るのを助ける人々は、めったにカバーされない米国の半分について「一生懸命考えた」のだろうか?

ビデオを再生
見逃した予測
今年は、100年に一度のパンデミック、それに対するトランプの反応、パンデミックへの対処方法に関する声高な議論によって支配され、米国の都市で暴力的な抗議を引き起こした警察の残虐行為の事件によってマークされた夏と組み合わされました。

この物語の中で、トランプは分裂し、その瞬間を逃しているという感情が生じました。政治投票は定期的に、トランプの全体的な仕事のパフォーマンスと今年の危機に対する彼の取り扱いに失望するアメリカ人の大多数を示しました。そして、これらの世論調査は、彼が大統領選挙でジョー・バイデンを大幅に追跡していることを示し、彼らは民主党の反対者に対して苦労している現職の上院共和党員を示しました。

しかし、アメリカの有権者は、選挙の日が共和党の洗い流しになるだろうというスクリプトに固執しませんでした。共和党の政治コンサルタント、フランク・ルンツは、投票者が単に2016年の教訓を学ばなかったからだと言います。

「彼らは4年前にそれを間違えたので、彼らはもっとよく知っていたはずです」と、ルンツは木曜日にフォックスニュースに語りました。

ビデオを再生
トランプの有権者は誰ですか?

今年トランプに投票した人々は、アメリカの選挙人に関する選挙前の物語に直面して飛んでいますか?2016年と比較すると、ほとんどの場合、彼に投票したアメリカ人の断面は非常に似ていて、それらの多くがあります。

AP通信のVoteCast選挙後の調査によると、今年、米国の有権者の4分の3近く(74%)が白人で、その55%がトランプを支持した。男性の約半数(52%)が彼に投票した。トランプは小さな町や農村部に住む有権者の60%を獲得した。

バイデンの連合は、大卒者(彼は彼らの57パーセントを獲得した)、女性(バイデンは55パーセントを獲得した)で構成されていました。そして、彼は45歳未満の有権者の55%、都市の有権者の65%、郊外の54%を獲得しました。

2008年と2012年にバラク・オバマに投票したが、2016年にトランプを支持した、いわゆる206の「ピボット郡」については、トランプは今年そのうちの174を運んだ。投票ペディアによると、バイデンはわずか20票を獲得し、残りはまだ票を数えています。

ビデオを再生

分割
多くは、米国の政治的、文化的な部門について書かれています: エリート対労働者階級, 宗教的対非崇拝者, 都市対郊外.しかし、トランプと彼の支持者は、ワシントン、ニューヨーク、ハリウッドの強力な人々によって一方の側の懸念と利益があまりにも多くの焦点を与えられているかどうかについて深刻な疑問を提起し、いわゆる「エリート」の間で一見感性的であるが、大勢のアメリカ人の間で無意味と見なされる物語を作り出していると非難している。

それはトランプの有権者であり、右翼であるが、中米の有権者の多くはバラク・オバマに投票したが、その後民主党に幻滅し、2016年のトランプの選挙後に経済的、文化的に取り残され無視されたと言い続けている。しかし、それは今年の選挙日に向けて一見忘れられていたもう一つの教訓でした。

アイダホ州バレー郡のディアナ・ワーグナーは、ワシントンDCの米国政府について、そしてなぜドナルド・トランプに投票するつもりなのかについて、「(T)ねえ、ここに世界の残りの部分があることを忘れているようです」と、アイダホ州バレー郡のディアナ・ワーグナーは言いました。

民主党と共和党がアメリカ人と完全に接触していないと示唆したワグナーのような有権者は、再び誤解され、当初予想よりもはるかに近い大統領選挙につながり、下院と上院に立候補する共和党の予測不可能な成功につながった。

トランプが勝っても負けても、彼を支持した7000万人の有権者と数えることは、彼らが去らないという明確で大きなシグナルを再び送っている。

ソース : アルジャジーラ』

大統領のカウンセラーは彼に両方向のアドバイスを与えている

バイデンが戦場でリードしているので、トランプは直ちに選挙を譲歩する計画はない、と情報筋は言う
補佐官はフォックスニュースに、大統領のカウンセラーは彼に両方向のアドバイスを与えていると語った
https://www.foxnews.com/politics/trump-no-plans-immediately-concede-election-biden-battlegrounds

 ※ 朝見た時はあったが、今確認したら、もう掲載されていないようだ…。

『トランプ大統領は、民主党の候補者ジョー・バイデンが2020年の大統領選挙の勝者を宣言するのに十分な選挙票を提供できる主要州を率いているにもかかわらず、選挙を直ちに譲歩する計画はない、と上級補佐官はフォックス・ニュースに語った。

補佐官はフォックス・ニュースに対し、大統領の顧問は彼に両方向に助言を与えており、トランプに譲歩が正しいことだと伝える人もいれば、投票が正しく正当であることを保証するために戦い続けろと迫る人もいた。

フォックスニュースの確率ダイヤルを見るにはここをクリック

情報筋はフォックス・ニュースに、大統領は「単に懐疑的だ」と語った。

「彼は何ヶ月もこのことについて警告しました」と、補佐官が言いました。「メディアはそれを真剣に受け止めていなかったし、今、我々はシナリオと一緒にいる」

しかし、補佐官は、大統領は「最終的に譲歩するかもしれない」と言いました。

「彼はまだそこにいない」と補佐官は付け加えた。

トランプ陣営は今週、すでに多くの州で訴訟を起こし、世論調査へのアクセスを求めており、ネバダ州の連邦訴訟は、何千もの投票用紙が非居住者と故人に送られたと主張して、「違法な」投票用紙の数を止めるよう当局に促している。

Trump: ‘Amazing’ how mail-in ballot totals are ‘so one-sided’ビデオ
大統領はほぼ確実にペンシルベニア州で再集計を求めるだろう、と情報筋は、彼と彼のキャンペーンがウィスコンシン州で発表されたものに加えて、フォックスニュースに語った。彼はまた、ジョージア州でも再集計を求めるだろうし、バイデンを追い越さなければ、アリゾナ州でも再集計を要求する可能性が高い。

これが近い将来に解決されるかどうか尋ねられた側近は、フォックスニュースに「私はそれがどのように見えるか分からない」と語った。

一方、トランプ陣営のマット・モーガン顧問は金曜日、「今回の選挙は終わってない」と述べた。

「勝者としてのジョー・バイデンの誤った予測は、最終的には程遠い4つの州の結果に基づいています」と、モーガンが言いました。「グルジアは再集計に向かっており、投票用紙が不適切に収穫され、最終的にトランプ大統領が勝利する場所を見つけると確信している」

モーガンは、「ペンシルベニア州には、選挙当局がボランティアの法的観察者が投票場所への有意義なアクセスを妨げるなど、多くの不規則性があった」と述べた。

「我々は我々の挑戦で法廷で勝利したが、貴重な時間を奪われ、州法の下で受ける権利がある透明性を否定した」と彼は続けた。「ネバダ州には、郵便投票を不適切に投じた人が何千人もいるように見えます。

トランプは、デムスが選挙を「盗む」ことを試みていると主張し、「法的投票」が数えられると勝つと言う

モーガンは付け加えました:「最後に、大統領は、フォックスニュースとAP通信によるバイデンのための国家の無責任で誤った「呼び出し」にもかかわらず、アリゾナ州にあからさまに勝つためにコース上にあります。バイデンはホワイトハウスでの偽の主張のためにこれらの州に頼っているが、選挙が最終的になると、トランプ大統領は再選されるだろう」

一方、バイデンのキャンペーンスポークスマン、アンドリュー・ベイツは、「7月19日に述べたように、アメリカ国民はこの選挙を決定するだろう」と答えました。

「そして、米国政府は完全に不法侵入者をホワイトハウスから護衛することができます」と彼は付け加えました。

大統領は木曜日、彼と彼の選挙運動は、彼が2020年の大統領選挙に勝つことを維持しながら、選挙を「汚職が盗むことを許さない」と誓った。

大統領は「目標は選挙の完全性を守る」と述べた。

「法的な票を数えるなら、私は簡単に勝つ」と大統領は言った。「私たちは、腐敗がそのような重要な選挙、またはその問題に関するいかなる選挙も盗むことを許しません。

「有権者を黙らせたり、結果を製造したりすることは誰にも許されません」と彼は付け加えました。

大統領は、多くの投票所は「法的に許可されたオブザーバー」が投票の数を見させないと言いました。

「これは、彼らが選挙を盗もうとしているケースです – 選挙を厳しいしようとしています」と、彼が言いました。

バイデンは、投票数が終了した後、彼はトランプを倒すことは「間違いない」と言います

大統領は「ホラーストーリー、絶対的なホラーストーリーを聞いているし、アメリカに起こらせることはできません」と言いました。

「共和党も民主党も誰が勝つかという問題ではない。「ジョー、私自身」とトランプは言った。「我が国にそれが起こるのを許すはできない。このようなことが起こって恥をかかせることはできません。

彼は付け加えました:「だから、うまくいけば、多分すぐにクリアされます。私はすぐに願っていますが、それはおそらくプロセス、法的手続きを経るでしょう、そしてあなたが知っているように、私は特定の州を主張し、彼は州を主張しています。だから、私たちは両方とも州を主張することができます。でも、最終的には、審査員が支配しなければならないと感じています」

大統領は「シェナニガンがたくさんいて、我が国では我慢できない」と言い続けた。

Joe Biden urges patience as ballots are counted across Americaビデオ
トランプ陣営は今週、全国のいくつかの州で訴訟を起こし、世論調査へのアクセスを求めている。ペンシルベニア州では、控訴裁判所判事は、フィラデルフィア郡選挙管理委員会による投票用紙のキャンバスをより注意深く観察するトランプ陣営の道をクリアした。

投票ウォッチャーは当初、人々がペンシルベニアコンベンションセンター内で郵便物や不在者投票をスキャンする作業を行っていたテーブルから少なくとも25フィート離れたままでいる必要がありましたが、ペンシルベニア州連邦裁判所のクリスティーン・フィザーノ・キャノン判事は、「すべての候補者、ウォッチャー、または候補者代表がキャンバスプロセスに出席することを許可される」ことを要求する命令を出しました。マスクを着用し、社会的な離散性を維持するなど、すべてのCOVID-19プロトコルを遵守しながら」

命令は直ちに発効することであった、または11月5日の10時30分(EST)まで発効することであった。

フィラデルフィア市とペンシルベニア州民主党は、控訴を認めるか拒否するかを決定するペンシルベニア州最高裁判所に判決を控訴した。

「彼らは魅力的です – なぜ彼らは魅力的なのだろうか」とトランプは言いました。「私たちが望むのは、集計を行っている間に人々に見てもらいたいことだけです。

大統領は、「デトロイトやフィラデルフィアのような場所は、非常に重要な大統領選挙の結果をエンジニアリングする責任を負うことができない」と付け加えました。

フォックスニュースの有権者分析と対話するには、ここをクリックしてください

「彼らがこのプロセスを見たくない正当な理由は絶対にありません。なぜなら、そのまっすぐなならば、彼らはそれを誇りに思うべきだからです」と、トランプは言いました。「彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているが、それについて疑問はない」

トランプはフィラデルフィアを「腐敗した民主党の機械」と呼び続けた。

一方、大統領は民主党のライバルであるジョー・バイデンに対し、どのような票を数えるべきかを「明確にする」よう強く求めた。

「私はジョーとすべての民主党員に、彼らが法的投票だけを望んでいる、つまり投票という言葉を言うことを明確にするよう求める- 我々は法的投票を数えたい」とトランプは言った。「開放性と透明性、選挙日後に違法な票は投じ込めなかった」

バイデンは、その日の早い段階で、彼は「各投票を数えなければならない」と信じていると言い、支持者に「落ち着いた」ままでいるよう促しました。

「各投票は数えなければならず、それが今通り抜け、そうあるべきだ」とバイデンは木曜日の午後に言った。「民主主義は時には乱雑で、時には忍耐も含まれる」

Supreme Court must resolve this key question in Pennsylvaniaビデオ
トランプは、彼と彼のキャンペーンは「正直な選挙を望み、正直な数を望み、正直な人々がそこで働くことを望んでいる」と主張しました。

記者会見の間、トランプは大統領選挙に勝つと主張したが、バイデンは木曜日、デルのウィルミントンからの短い発言の間に選挙に勝つことは「間違いない」と語った。

「我々は物事が立っている場所について非常に良い感じを続けます」と、バイデンが言いました。「そして、カウントが終了すると、ハリス上院議員と私が勝者になることは間違いありません。

バイデン陣営はトランプの記者会見を批判し、あるバイデンのスタッフはそれを「絶望的で根拠がなく、彼が失っている確かな兆候」と呼んだ。

選挙日の2日後、どちらの候補者もホワイトハウスに勝つために必要な票を集めていなかった。フォックスニュースは、五大湖の州でバイデンの勝利を予測し、彼は大統領エレクトになることから1つの戦場の状態であることを意味する264で彼を残しました。

トランプは、予想される214の選挙票で、はるかに高いハードルに直面しました。270に到達するために、彼はペンシルベニア州、ノースカロライナ州、ジョージア州、ネバダ州の4つの残りの戦場すべてを主張する必要があります。トランプは一般的に選挙日に大きな対人投票率を受け取ると予想され、バイデンは郵便で投票を通じてより大きなターンアラウンドを持っていると考えられていた。

ジョン・ロバーツは現在、FOXニュースチャンネル(FNC)のチーフホワイトハウス特派員を務めています。2011年1月、アトランタ支局に拠点を置く上級国家特派員としてネットワークに参加。』

郊外がトランプから遠ざかった方法

郊外がトランプから遠ざかった方法
エミリー・バッジャーとクォクトラン・ブイ2020年11月6日
https://www.nytimes.com/interactive/2020/11/06/upshot/suburbs-shifted-left-president.html?action=click&module=Well&pgtype=Homepage&section=The%20Upshot

『全国の郊外の郡は、この選挙でトランプ大統領から目をそらしました。これには、中西部とサンベルトの郊外、内輪郡、遠く離れた郊外、主に白人コミュニティ、より多様な郊外が含まれます。

2020年以前にすでに民主党寄りだった郊外の郡は、より傾いた。そして、深く共和党だった多くは、大統領から数ポイント離れてナッジしました。

この図は、2016年と比較して、これらの郡が今年の予備的な結果で投票した方法を示しています。全体として、彼らはジョー・バイデンに向かってシフトしました。戦場の州全体で明らかなこの動きは、彼が大統領に勝つ可能性にとって極めて重要である。

平均して、バイデン氏は金曜日の朝の時点で全国の373の郊外郡でヒラリー・クリントンのパフォーマンスを約4.8ポイント改善しました。ジョージア州では、シフトは8ポイント以上です。ミシガン州とウィスコンシン州では、約3ポイントでした。

全国的には、これらの郊外の郡は、投票マージンが2016年から最も変化した場所でした。トランプ氏は大都市圏以外の郡でマージンを改善したが、わずか1ポイントで改善した。圧倒的に民主的な大都市の郡も、約1ポイントで大統領に向かって微笑んだ。

郊外のパターンは、ますます多様で高学歴の郊外の有権者が多くの共和党議員を失脚させた2018年の中間選挙の傾向に続きます。トランプ氏は今年、犯罪の増加と財産価値の低下から地域社会を守るという約束で選挙運動を行い、党が失った郊外の有権者、特に女性の一部を取り戻すために強い努力をした。

そのメッセージはトランプ氏の基地から歓声を上げたのかもしれない。そして、共和党は下院でいくつかのスイング地区を取り戻しました.しかし、大統領にとって、郊外の序曲は不足しているように見えます。

大統領に対する郊外の反発はアトランタ地域全体で最も明確であり、バイデン氏に対する票の急増は金曜日の朝の時点で州を彼のコラムに押し込むのを助けた。12以上の郊外アトランタ郡がバイデン氏に向かって移動し、その結果、郊外に深いところまで利益を上げました。地域の多くの郡では、彼はクリントン夫人を10ポイント以上上回った。

2012年にミット・ロムニーに手を差し伸べ、4年前にクリントン夫人のためにかろうじて投票したクローズインコブ郡は、今年は地元のレースでもしっかりと民主党のように見えます。フォーサイス郡では、都市部のフリンジで、バイデン氏は約33%の票しか獲得していないが、それはクリントン夫人の24%から大幅な改善を構成している。フォーサイスと隣接するチェロキー郡では、バイデン氏は1980年のジミー・カーター以来、民主党大統領候補が記録した投票の最大のシェアを獲得しました。

ジョージア州が今年青い州の可能性として登場したからといって、バイデン氏が州全体で白人大学卒業生を獲得したわけではない。選挙に先立って投票すると、彼は可能性が低いと示唆した。しかし、郊外のそのグループとのパフォーマンスを向上させ、より郊外の郡でさらに控えめな利益を拾うことによって、それは州の大規模で強い民主党アフリカ系アメリカ人の人口と一緒にジョージア州で勝利の連合を構築するのに十分です。これは、アトランタ地域の中心部にあるフルトン郡とデカルブ郡で今年の好調な投票率を考えると、特に当てはまります。

ペンシルベニア州では、バイデン氏はピッツバーグとフィラデルフィア郊外での利益と、州の東半分の大部分でのスイングの恩恵を受けました。ミシガン州では、デトロイト郊外のオークランド郡でアドバンテージを広げました。

ウィスコンシン州では、トランプ氏はまだミルウォーキーを取り巻く3つの伝統的に保守的な郊外郡(オザウケ、ワシントン、ワウケシャ郡)のそれぞれを獲得しました。しかし、3人とも4年前よりもトランプ氏を支持し、バイデン氏が約2万5000票差で勝利した州の重要な転換となった。

ここで特定された郡はすべて、人口100万人以上の大都市圏内にあります。また、1平方マイルあたり約2,000世帯よりも低い場合、彼らは郊外と見なされます(エコノミストのジェド・コルコが開発した分類を借りています)。一部の都市は人口密度が比較的低く、性格が郊外であるため、特定の地下鉄エリアの中心都市を含む一部の郡は、ここで「郊外」として扱われます。

それは本当です, 特に, マリコパ郡, フェニックスの本拠地で, 多くの住民は郊外として政府の調査で自分の近所を説明します.金曜日の朝の時点で、投票はまだアリゾナ州全体で数えられていた。しかし、マリコパ郡は、当時、2016年から約6ポイントシフトしていました。バイデン氏の勝利を確保するのに役立つ別の戦場の状態では、それはまだ十分かもしれません。』