レナウン、破産手続きへ 名門ブランドに幕

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65740800S0A101C2EAF000/

※「倒産処理手続き」について、基本的なところを、ちょっと説明しておく…。

※ 大きく分類すると、1 再建型 2 清算型 と、2種類ある…。

※ 再建型 → 会社を存続させながら、金融機関や債権者との話し合いで、「債務の圧縮」を図りながら、少しずつ債務を弁済していき、ある程度のところで、「債権の放棄」を引き出したりして、決着を目指す。

※ 清算型 → 会社の再建はあきらめ、ともかくも残った会社財産を売り払って、返済資金を捻出して、弁済していき、最後は会社自体も消滅する。

※「民事再生手続き」は、再建型で、「破産手続き」は、清算型だ…。

※「破産」は、清算型の中でも、最も強力な手続きだ…。「会社財産」の、一切合財(いっさいがっさい)を処分して、弁済資金に変える…。手続きも、「破産管財人」というものが選任され、それを中心に進めて行くことになる…。

※ 一番強力なのは、「否認権」というものが認められる点だ…。

※ これは、「破産手続き」開始以前であっても、会社の債務の弁済状況が怪しい状態に入った段階での取り引き(金融機関の融資、納入業者の品物の売買契約…)なんかを、「否認(手続きとの関係で、効果を認めないこと)」ができる…、という制度だ…。

※ レナウンも、初めは「民事再生」を目指したようだが、売却できそうな「ブランド」や「事業」は、すべて売却し、それでも「負債」すべてを弁済するには、到底足りないんで、「破産」の道を選択するしかなかった…、ということなんだろう…。

『民事再生中のレナウンは11月下旬以降に破産手続きに移行することが分かった。東京地裁が10月30日付で同社の民事再生手続きの廃止を決定、4週間後をメドに破産手続きを始める。レナウンは再建に向けたスポンサー探しが難航したため、グループ全体での再建を断念し、ブランドや子会社の売却を進めていた。本体の清算は既定路線であり、破産手続きにより名門ブランドは消滅する。

レナウンは業績低迷や新型コロナウイルスによる資金繰りの悪化を受け、5月中旬の民事再生手続き後から再建を目指していた。9月末に紳士服「ダーバン」や「アクアスキュータム」など主力5ブランドを同業の小泉(大阪市)グループに売却。10月には機能性肌着を扱うレナウンインクス(東京・江東)をストッキング大手のアツギに譲渡した。その他のブランドについては直近までに店舗閉鎖などを完了していたもようだ。』