【韓国】インフルワクチンで27人死亡

https://hosyusokuhou.jp/

 ※ 問題がある場合は、Word Press.comの方に連絡してください。

『インフルエンザワクチンの接種後に死亡し、27人… 接種方針はまだ「混線」
記事入力2020.10.22。午後6:22 、最終修正2020.10.22。午後6:37

ウイヒョプ「中断しなければなら「vs政府 “計画通り”混乱加重
【韓国経済TVナムソンオ記者]

インフルエンザ(インフルエンザ)ワクチンを接種後に死亡した事例が続出している。

死亡事例はもちろん、接種後に異常症状を訴える患者も急増し、ワクチンの安全性に対する不安感も高まっている。

22日、病気管理庁などによると、16日後にこの日の午後5時現在まで、インフルエンザワクチン接種後の死亡者は27人である。

去る16日、仁川をはじめと全羅南道光州・順天・木浦、全北高敞・任実、済州、大邱、試合光明・高揚、慶尚北道星州・常駐・永住・安東、慶南昌原・統営、ソウル、江原春川・洪川など死者は全国で発生している。

●慶尚北道4人・ソウル2人・江原2人など、全国的に死亡者が続出

春川では、前日のインフルエンザワクチンを迎えたA(79)氏がこの日午前8時頃、出勤していたの倒れた。

心停止の症状を見せたAさんは、119救急隊によって病院に運ばれたが死亡した。

Aさんは、前日の午前10時頃、近所の議員から保寧バイオファーマ(保寧インフルエンザワクチンテトラベクシンジュ)インフルエンザワクチンを接種した。

Aさんは、高血圧、糖尿病、不整脈などの基礎疾患を患っていたことが確認された。

春川に続き、洪川でも、この日の午後1時30分頃ソソクミョンに居住する80代の高齢者Bさんが倒れたことを家族が発見し通報した。

Bさんは、三前19日、インフルエンザワクチン(コボックスのインフルエンザ4がPT株)を接種されたことが分かった。

ソウルでもインフルエンザワクチンを打って死亡した事例が、この日初めて報告された。

死亡者は江南区の某病院で接種した84歳の男性と永登浦内議員で接種した72歳の男性である。このうち84歳の男性は、基礎疾患があることが伝えられた。

二人とも同じ会社で製造されたワクチンを右と分かった。

この日の午前、自宅である仁川ソンハクドンで死亡したまま発見された70代20日延寿のある議員から、無料で接種を受けた。ワクチンの種類は、LG化学の「インフルエンザに加えてテトラフリーフィールドつぶれ支柱」に伝えられた。

仁川では16日、17歳の高校生がインフルエンザ接種後に死亡したりした。

全羅南道光州と順天、全北任実でもインフルエンザの予防接種をした80代のそれぞれ死亡事例が確認された。

これら右インフルエンザワクチンは、それぞれ緑十字製品とSKバイオサイエンスのスカイセルインフルエンザ4が等であることがわかった。

慶尚北道では常駐と永住、城主と安東などでワクチン接種後の死亡が二日間4人に増えた。

慶南昌原では最近二日の間、インフルエンザワクチンを迎えた後、死亡した事例が2件あった。

●以上の症状訴え老人も続出… 「中断しなければなら「vs」に直接関連しない”混乱

ワクチン接種後の原因を知ることができない以上症状で病院で入院治療を受ける高齢者の事例も全国で発生している。

江陵で20日ワクチンを迎えた80代、同日午前9時15分頃、呼吸困難の症状で病院に入院しており、円周でも19日、予防接種をした70代の入院治療を受けている。

済州島では、インフルエンザワクチン接種後死亡した60代と同じワクチンを接種した道民188人のうち2人が注射を部位のあざができたり疲労機運があるなどのわずかな症状を見せた。

保健当局は、ワクチン接種と死亡との関連を把握している。

このように、インフルエンザワクチンの接種後に死亡したり、異常の症状を示す患者が続出し、全国の第一線病院と保健所にワクチンを打たれてもされるかお電話が相次いでいる。

大韓医師協会は正式にインフルエンザの予防接種1週間延期を勧告して出たが、政府はまだワクチン接種と死亡との間の関連性が具体的に隠されて接種を継続していく方針であり、混乱だ。

ジョンウンギョン疾病管理庁長はこの日、国会保健福祉委員会の国政監査で、関連質疑に「死者の報告が増えたものの、「予防接種による死亡」という直接的関連性は低いということが、被害調査班の意見」とし「まだ中断する必要がというのが私達との専門家の判断だ」と明らかにした。

ナムソンオ記者gruzamer@wowtv.co.kr

▶ネイバーホームで[韓国経済TV]チャンネルを購読する [ライブ表示]
▶大韓民国財テク総集結!- [証券/株式相談/不動産】

ⓒ韓国経済TV、無断転載を禁じます』