韓国BTS、所属事務所上場で各メンバーの保有株価値8億円超に

韓国BTS、所属事務所上場で各メンバーの保有株価値8億円超に
Yoojung Lee、Sohee Kim
2020年9月28日 12:12 JST 更新日時 2020年9月28日 15:10 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-28/QH8I8GT1UM1301

『所属事務所ビッグヒットがIPO-創業者パン氏はビリオネアに
パン氏は8月にBTSのメンバー7人にそれぞれ6万8385株を付与
BTS performs at the Times Square New Year’s Eve celebration in New York in 2019.
BTS performs at the Times Square New Year’s Eve celebration in New York in 2019. Photographer: Manny Carabel/FilmMagic via Getty Images
英語で初めて歌った新曲「Dynamite(ダイナマイト)」が米ビルボードのシングルチャート「ホット100」で1位に輝いた韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所、ビッグヒットエンターテインメントが韓国で新規株式公開(IPO)という記念すべき時期を迎えた。

  韓国ではここ数年で最大規模となる今回のIPOでビッグヒットの時価総額は約40億ドル(約4220億円)と評価されそうだ。新型コロナウイルス感染拡大でBTSがワールドツアーの中止を余儀なくされ、一部メンバーが兵役義務を履行しなければならなくなるリスクがくすぶる中でも、引受会社が株式の買い手を見つけるのにわずか数時間しかかからなかった。韓国メディアによると、上場日は10月15日。

  新韓金融投資のアナリスト、ソン・ジュンウォン氏は「ビッグヒットがこのタイミングで上場するのは当然だ」と指摘。「コンサートを開催できない中でアルバムのセールスを伸ばすBTSは人気絶頂のさなかにある」と話す。

SKOREA-ENTERTAINMENT-MUSIC-BTS
2019年ワールドツアーでソウル五輪スタジアムにあるBTSの背景と写真に収まるファンPhotographer: Ed Jones/AFP via Getty Images
  ブルームバーグのビリオネア指数によれば、IPOでビッグヒット創業者パン・シヒョク氏の保有株の価値は14億ドルに上る。同社株の43%を持つパン氏(48)は8月にBTSのメンバー7人にそれぞれ6万8385株を付与。各メンバーの保有株の価値は800万ドル(約8億4300万円)前後になる。2005年設立のビッグヒットはコメントを控えた。

韓国のBTS所属事務所IPO、860億円規模に-応募殺到で人気反映

relates to 韓国BTS、所属事務所上場で各メンバーの保有株価値8億円超に
ビッグヒット創業者パン・シヒョク氏Source: Big Hit Entertainment
  8月発売の新曲ダイナマイトでビルボード1位を獲得したBTSは、アジア出身の歌手としては1963年に坂本九さんが「上を向いて歩こう(英語名スキヤキ)」で頂点に立って以来の快挙となる。

  BTS人気の源泉は、効果的なソーシャルメディアの活用と「アーミー」と称される大勢の熱心なファンだと指摘されることが多い。IPOの目論見書によると、ビッグヒットの昨年の売上高の97%超、今年上期の売上高の約88%をBTSが占めた。

102.7 KIIS FM Jingle Ball – SHOW
カリフォルニア州ロサンゼルスでBTSのパフォーマンスを楽しむファンPhotographer: Jeff Kravitz/FilmMagic via Getty Images
  だが、新型コロナ流行が引き続き懸念材料だ。コロナ危機が悪化したり、長期化したりすれば、ビッグヒットのビジネスプランや業績にマイナスの影響が及ぶ恐れがあると目論見書は警告した。

  BTS依存が目立つことも欠点かもしれない。18-28歳の全ての男子に約2年間課される兵役の義務をメンバーがなお履行しなければならない問題があるだけになおさらだ。最年長のジンさんは来年末まで兵役を先送りする可能性があり、国会ではポップアーティストが30歳まで兵役義務の履行を延期できるようにする法案が提出された。

K-pop Band BTS Ads Ahead of Big Hit Entertainment IPO
ソウル市内のBTS広告(9月18日)Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  BTSはチャート1位の楽曲を生み出し、MTVビデオ・ミュージック・アワードなどでパフォーマンスも披露した。自らのファンとの交流プラットフォームに世界から75万6000人の視聴者を呼び込み、ライブストリーミングのコンサートを主催。多額の収益を生んだ。

  ビッグヒットはネットマーブルとBTSを活用したゲームを開発したり、サムスン電子がスマートフォン「ギャラクシーS20」のBTS版を発売したりとコンテンツベースの事業モデルも構築した。

  新韓金融投資のソン氏は「コロナ感染が始まった際、予定していたほぼ全てを中止しなければならず、危機に発展すると思われていたが、もはや危機とは考えられていない」と説明。「ビッグヒットは物理的なツアーやコンサートができなくても、オンラインでのコンサートやアルバムのセールスで利益を出せることを示している」と述べた。

原題:BTS Members Bank $55 Million and ‘Hitman’ Is Now Billionaire (1)(抜粋)

(第2、第4段落にIPO価格決定を反映して更新します)』

電力不足のフィリピン 休眠34年の原発活用論が浮上

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64984150U0A011C2XR1000/

 ※ 休眠「34年」の原発を再稼働する…、とかスゲー話しだ…。恐ろしい話しでも、ある…。

韓国の原発は密集度世界1位、古里原発の周辺人口は福島の22倍
(2016-09-19 01:43 修正:2016-09-19 16:25)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25186.html

 ※ お隣の国は、こういう状況だぞ…。知ってる人、どのくらいいる?

2017-12-08
世界の原発利用の歴史と今
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/nuclear/sekainonuclear.html

モーリシャス賠償、経済支援で代替 政府、重油流出で

モーリシャス賠償、経済支援で代替 政府、重油流出で
国際法・ルールと日本
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65046780V11C20A0PP8000/

 ※ モーリシャス貨物船座礁燃料流出事故に対する、日本政府としての対応の、方向性が出たようなんで、紹介しておく…。

『政府はインド洋の島国モーリシャス沖で日本企業の所有する貨物船が座礁し重油が流出した事故を巡り、同国政府を経済支援する検討に入った。無償資金協力や円借款が念頭にある。法的責任のない日本政府が賠償金を支払うわけにはいかず、政策判断として道義的な責任を果たす。

茂木敏充外相は13日の閣議後の記者会見で、月内にモーリシャスへ調査団を派遣する考えを示した。関係国や機関と緊密に連携し、復旧と復興を進めると言明した。茂木氏はかねて「これまでにない規模でモーリシャスに協力していきたい」と強調してきた。

モーリシャス経済は観光業が支える。船主らが支払う賠償額だけでは被害を補いきれない。政府は賠償という形ではなく、途上国への援助として環境被害の原状回復や観光業の回復に力を貸す案を調整する。

海難事故が起きた場合、国際法上は政府に責任はなく、船舶の所有者に賠償責任が生じる。

海上でのタンカーの燃料や貨物の油の流出について定めた国際法に「油汚染損害の民事責任条約」がある。1967年に英国南西部の海上でトリー・キャニオン号が座礁し、大量の油が流れ出た事故を契機に各国間で議論し69年に締結された。

タンカー以外の貨物船の燃料流出などは「バンカー条約」が定める。いずれの条約でも、戦争や内乱などで避けられなかった場合を除き、事故や燃料流出の責任は船舶所有者が負うと定める。

事故を起こした大型ばら積み船「WAKASHIO(わかしお)」の所有者である長鋪汽船(岡山県笠岡市)に責任が帰属する。運航会社の商船三井はチャーターした立場で、賠償責任を負わないとの見方が強い。

モーリシャス政府はすでに長鋪汽船や保険組合に損害賠償を求める方針を発表した。賠償額の上限は「船主責任制限条約」で定める。船の総トン数に応じて算出し、今回はおよそ20億円とみられる。

賠償金だけではモーリシャス経済が受けた打撃を補いきれない。モーリシャス政府がさらなる賠償を求めるとの見方もある。上限に不服な場合は条約の破棄が必要になる。仮に条約を破棄してさらに巨額の賠償を求めれば船主が支払いきれなくなる懸念も残る。

それでも政府が賠償金の肩代わりをしたり、船主などの企業を金銭面で助けたりするのは難しい。

賠償金は「日本政府の法的責任を認めることになる」(外務省幹部)ため、説明がつかない。そこで一般的な援助という形をとりながら日本としての誠意を示す。

事故を起こした貨物船は現地時間の7月25日に座礁し、8月6日に油漏れが発生。漏れた量は1000トン程度になった。サンゴ礁が汚染され、モーリシャス政府は緊急事態宣言を出した。

沿岸のマングローブ林に油が付着し、サンゴ礁も汚染された。サンゴ礁の再生には数十年かかるといわれる。

事故への対処において当初は旧宗主国であるフランスが存在感を示した。油流出後すぐにマクロン大統領が「必要な人員や物資を送る」と表明し、油を吸着する資材や人員を派遣した。日本外務省の担当者は「その後は日本が中心になってきた」と語る。

現地では事故後のモーリシャス政府の情報開示などの姿勢に不満が高まり、数万人規模のデモが起きた。事態に対応する姿勢を打ち出せば、国際社会での日本政府への信頼を損なわずにすむと判断した。』

「民主主義は暗闇の中で死ぬ(※ Democracy Dies In Darkness)」…。

※ 昨日、作ったものだ…。

※ こう浮き世の義理仕事と、雑用の波が襲ってくるんじゃ、到底腰を落ち着けて、投稿作ったり、投稿上げたりしてはいられない…。おまけに、PC組み立ての方も、組み終わったはいいが、ネットへの接続で手間取ったり、データの移動で時間食われたり、メール・ソフトの設定で失敗したり(まだ、接続できない…)で、通常使って行くユーティリティや必要なソフトのインストールまで、なかなか終了しない…。

※ そんなこんなで、当分の間は、投稿の作成も、投稿上げるのも、不定期なものになるものと思う…。

※ そういうことで、ご了承願います…。

「民主主義は暗闇の中で死ぬ(※ Democracy Dies In Darkness)」 米紙ワシントン・ポスト、創刊初のスローガン
https://www.sankei.com/world/news/170304/wor1703040049-n1.html
(2017.3.4 19:24)

『【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ワシントン・ポストは、1面の題字の下に「民主主義は暗闇の中で死ぬ(Democracy Dies in Darkness)」というスローガンを載せ始めた。同紙が公式スローガンを掲げるのは、創刊から約140年で初めてという。

 スローガンは2月17日、公式ウェブサイトに初めて登場し、28日から紙面にも掲載されるようになった。

 この言葉は、同紙を2013年に買収した米ネット通販大手アマゾン・ドットコムの創業者、ジェフ・ベゾス氏が昨年5月、マーティン・バロン同紙編集主幹とのインタビューで、報道機関が果たす役割と同紙を買収した理由を説明した中で登場した。

 同紙によるとベゾス氏は元々、ウォーターゲート事件を暴いたボブ・ウッドワード同紙記者がこの言葉を使っているのを聞いたとしている。ただ、同記者が最初に言い出したわけではなく、同記者が昔、報道の自由に関わる裁判を取材したときの判決文が「原典」とみられるという。

 同紙は、スローガンは「1年近く前に決まっていた」としているが、トランプ大統領が主流派メディアとの対立を深める中で掲載が始まっただけに、一部で話題を呼んでいる。』

 ※ しかし、まあ、そうまた単純な話しでもないから、世の中複雑怪奇だ…。

 ※ 以下のような、「でき事」も、絡んでいる話しだ…。

 ※ そして、もちろん根本的な「背景」としては、「かの国」との距離の企業としての取り方…、が存在している…。事が、「軍事」に絡む話しだからな…。

 ※ ごくごく単純化すれば、以下のようになろうか…。

 ※ 初期の頃は、CIAをはじめとする「情報機関」と関係が深かった、「AWS」が優勢だった→そこで、マイクロソフトは、いろいろ言い立てて(ベゾスと「かの国」の近さを強調する…)、邪魔立てのロビーを開始する…。→それが効を奏して、マイクロソフトの「Azure」に決定される…。→それに対して、アマゾン(ベゾス)側が、買収済みの「ワシントン・ポスト」を使って、「反トランプ」の論陣を張る…。こんな感じか…。

 ※ この争いには、「CIAを中心とする「情報機関」(民主党寄り、と見てよい)」、軍需産業(伝統的には、共和党寄り。最近、ちょっと風向きが変わってきた…。)、「ペンタゴンを中心とする各連邦軍」の争いなんかも絡んで来る…。

 ※ さらには、「CIA以外の「情報機関」」や、退役軍人(冷戦終了で、大量に生じた。さらには、イラクやアフガンから、大量に帰還兵が生じた…。)達の利害も絡んで来る…。

 ※ そういう「各勢力」が、「巨額の軍事費」や「巨額の国家からの支援」を巡って、熾烈な「争奪戦」をくり広げているわけだ…。

 ※ ちなみに、現国防長官のマーク・エスパー氏は、「軍需産業(レイセオン)」の幹部だった人だ…。

 ※ そういう「各勢力」及びその背後で「カネを出している、財界」なんかの動きが、今度の「大統領戦」にも、影響してくるわけだ…。

米国防総省、「JEDI」クラウドプロジェクトの契約を保留–国防長官が調査
Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2019-08-02 11:27

『米国防総省(DoD)は米国時間8月1日、同省が進める「JEDI」(Joint Enterprise Defense Infrastructure)プロジェクトの契約プロセスを一時中断すると発表した。100億ドル(約1兆700億円)規模の契約となるJEDIの入札プロセスを精査するというMark Esper米国防長官の今回の決断に先立って、Donald Trump米大統領はこのプロセスに関する不満を表明していた。

物議を醸す米国防総省「JEDI」プロジェクト

物議を醸す米国防総省「JEDI」プロジェクト–受注候補はMSとアマゾンの2社に

 Politicoが報じているように、DoDの広報担当者Elissa Smith氏は声明で「Esper長官は、税金が無駄にされないようにしながらも、われわれの軍が人工知能(AI)を含む最高の能力を有し、世界で最も強力な軍であり続けることを確実にするという固い決意を抱いている」と述べるとともに、「Esper長官は米連邦議会の議員や米国民への約束を守るためにJEDIプログラムに目を向けている。Esper長官が精査を終えるまでは、いかなる決断も下されない」と述べている。

 この単一ベンダー独占契約の入札プロセスに残っているのは、「Microsoft Azure」を有するMicrosoftと、「Amazon Web Services」(AWS)を有するAmazonの2社のみとなっていたが、Trump大統領は7月に、「世界で最も優れた複数の企業」から「大きな不満の声」を耳にしていると述べていた。

 Trump大統領は「彼ら(こうした企業)はこれが競争による入札ではないと主張している」と述べ、「こういった不満が出てくるような話はほとんど聞いたこともないため、何が起こっているのかを詳しく精査するよう要請するつもりだ」と続けた。

 Googleは2018年10月にJEDIの入札プロセスへの参加を取りやめ、OracleとIBMは2019年4月に要件を満たしていないとして選に漏れていた。Oracleは入札プロセスが公平性を欠いているとして異議を唱え、2018年12月に訴訟を起こしていた。その後、2019年7月に連邦判事が同訴訟を棄却したため、JEDIの契約はMicrosoftかAmazonが受注するものと考えられていた。

 JEDIは、10年間で100億ドルにもなる大規模なクラウド契約だ。これには機密性を要する環境と機密扱いではない環境における、IaaSとPaaSのサービスが含まれることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。』

米国防総省はなぜ「AWS」ではなく「Azure」を選んだのか 100億ドルのJEDI契約
AWS、IBM、Oracle、Google、Microsoftが受注でしのぎ
米国防総省は、クラウドプロジェクト「JEDI」の契約先として、本命視されていたAWSではなく、Microsoftを選定した。その背景には何があったのか。
[Chris Kanaracus,TechTarget]

『Microsoftは2019年10月、米国防総省(DoD)のクラウドプロジェクト「JEDI」(Joint Enterprise Defense Infrastructure)の契約を獲得した。Amazon Web Services(AWS)をのけて得たMicrosoftの受注は、クラウドベンダーの競争の分岐点として記憶される可能性がある。

 JEDIは「米国内から米国外へとシームレスに拡張でき、可用性が高く、安全で、回復力に優れたクラウド環境」の構築を目指し、1社のベンダーと10年間の契約を結ぶことを計画している。JEDIの契約は、Amazon Web Servicesが獲得するというのが大方の予想だった。JEDIの構想は2017年9月に初めて発表され、AWSやIBM、Oracle、Google、Microsoftが受注にしのぎを削った。国防総省は2019年4月に契約先候補をAWSとMicrosoftに絞り込んだ。このプロセスを不服として、Oracleは米連邦裁判所に訴訟を起こしたが、連邦裁判所は2019年7月にその訴えをのけた。

併せて読みたいお薦め記事
各国政府のIT事情
Microsoftがインド政府職員の「AI」スキル向上のためにやっていること
AIアナウンサーも登場、中国の国家戦略から学ぶべきこと
「WannaCry」を巡りMicrosoftがNSAを批判、混迷深めるIT企業と政府の関係
Microsoftのクラウド戦略
「ナンバーワンクラウドベンダー目指す」日本マイクロソフト、その秘策は?
クラウド“三国志”、Microsoft AzureはAIとIoTに賭ける

競争で優位に立つと見られていたAWS

 AWSは、JEDI契約の獲得競争で優位に立っていると見られていた。同社はクラウドサービスの幅広さと深さに加え、政府機関との契約実績もある。AWSは数年前、CIA(米中央情報局)との6億ドルの契約を獲得した。この契約は、CIAのビッグデータ分析能力の向上に主眼を置いたものだった。一方でMicrosoftも、2018年5月に米国の複数の情報機関と、政府機関向けクラウド「Azure Government」の利用に関する数億ドル相当の契約を締結したと発表している。

 JEDIの契約料は、全契約期間(10年)で最大100億ドル相当だ。ただし基本契約期間は2年間で、契約の保証金額は100万ドルにとどまると国防総省は明かす。この最初の2年間に支出される金額は約2億1000万ドルと見込まれる。契約の残りの部分については厳密な記録と評価が継続され、その結果に基づいて逐次決定される。

 AWSからすぐにコメントを得ることはできなかったが、報道によると同社の広報担当者は、JEDI契約の結果に驚いたという。「AWSは、クラウド市場の明確なリーダーだ。比較対象サービスを細部にわたって純粋に評価すれば、明らかに異なる結論になる」。AWSは、こう述べたと報じられている。

なぜAzureを選んだのか
続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。
続きを読む』 ※ 残念ながら、「会員限定記事」なんで、ここまで…。