仏領ニューカレドニア、独立再度否決 経済への懸念強く

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64595040U0A001C2FF8000/

※ 今日は、こんなところで…。

『【シドニー=松本史、パリ=白石透冴】南太平洋のフランス領ニューカレドニアで4日、独立の是非を問う2回目の住民投票があった。ロイター通信によると暫定結果では独立反対票が53%となり、独立は再度否決された。経済の不安定化や、独立による負担増への懸念が反対票につながったとみられる。

独立賛成票は46%超と前回(43.6%)より票を伸ばしたが、過半に届かなかった。フランスのマクロン大統領は4日演説し「フランスに残るという判断を感謝したい。あなたたちと一緒に明日のニューカレドニアを作っていきたい」と現地向けにメッセージを送った。

画像の拡大

ニューカレドニアはオーストラリアに近い群島で、人口は約28万人。住民は先住民のカナクが4割、欧州系が3割など。1853年にフランスが併合し、1946年には海外領土にした。60年代には欧州系との貧富の差に不満を持つカナクを中心に独立を求める動きが広がり、80年代には暴動で死傷者も出た。

住民投票は98年に独立に賛成派、同反対派、仏政府の3者でまとめた「ヌメア協定」に基づいて実施した。2018年に行われた1回目の投票では、反対派が56.4%で独立は否決された。投票はニューカレドニア議会の3分の1の提案で3回まで可能だ。そのため2022年までにもう一回行うことができる。

今回、過半がフランスに残留することを選んだ背景には、経済に対する強い不安があったとみられる。ニューカレドニアの主要産業はニッケル鉱業と観光業だが、足元で観光は新型コロナウイルスの打撃を受けている。ニッケルはステンレス鋼に加え電気自動車(EV)に使われるリチウムイオン電池の材料となり需要が伸びているが、価格は市況に左右されやすい。

米調査会社ムーディーズ・アナリティクスによると、フランスの財政支援はニューカレドニアの域内総生産(GDP)の15%を占める。しかし、ニューカレドニアが独立した場合「(仏からの財政)支援の法的根拠はなくなる」(在ニューカレドニアの仏高等弁務官事務所)。

ある欧州系住民は投票前、日本経済新聞の取材に対し「フランスからの支援が途絶えた後、生活水準が維持できるか心配だ」と話した。また南太平洋地域で影響力を拡大する中国への不安もあった。「独立反対の理由として『フランスが去れば、次は中国が来る』と主張する政党もあった」(現地記者)。

フランスにとっては、ニューカレドニアが残留する意義は大きい。フランスは自身を海洋国家と位置付けており、ニューカレドニアには仏海軍の駐留地がある。近年中国の太平洋進出に警戒感を強めているだけに、同駐留地は重要な拠点だ。また、太平洋とインド洋に多くの海外領土を持ち、広大な排他的経済水域(EEZ)を有する。残留により、こうした権益は維持される見通しだ。』

大統領候補が「万が一」選挙戦を続けられなくなったら… 過去に例は?法律ではどうなってる?

※ 大統領職の場合は、「副大統領が昇格」ということになる…。

※ 大統領候補の場合は、「候補者の再選出」となるようだ…。

※ 共和党内部では、ペンス副大統領を「大統領候補に再選出する」という向きもあるようだ…。そういうシナリオで、動き出している動きもある…、という記事も見た…。

※ その場合は、「パートナー」となる「副大統領候補」も問題となる…。

※ これは、オレの勝手な推測だが、「ニッキー・ヘイリー氏」も、有力な候補になるんじゃないか…。

※ その場合は、ペンス+ニッキー・ヘイリーvs.バイデン+カマラハリス…、という組み合わせになる…。

※ 全く、混沌としてきた…。

※ ともかくも、トランプ氏の回復度合いが左右する話しだ…。

※ しばらくは、トランプ氏の病状・回復度合いから、目が離せない…。

https://news.livedoor.com/article/detail/18993421/

『ドナルド・トランプ米大統領は自身とメラニア夫人が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを2020年10月2日に自身のツイッターで明らかにした。

再選を目指す大統領選挙に向けて9月30日に第1回討論会を行ったばかりで、11月3日には投開票を控えている。ところでもし万が一、大統領選の候補者が、体調不良などなんらかの事情で選挙戦を続けられないような状況となった場合、どのような対応が取られるのか。

副大統領候補が自動的に代役?…というわけではなさそう
大統領候補と副大統領候補を指名するにあたり、通常はまず予備選挙や党員集会を経て数千人の代議員を選出する。その後、民主党・共和党の全国委員会がそれぞれ夏に開催する全国大会で代議員が投票を行い、指名する。

NHKのウェブサイトには、16年の米大統領選挙を特集したページが残っており、クイズ形式で「候補が死亡したり辞退したら?」という仮定について解説している。それによれば、「別の候補を選び直すことになります」とのことだ。

「共和党は再び全国党大会を開くか、あるいは、党の全国委員会を開いて決めます。全国委員会を開いて代わりの候補を決める場合、168人の全国委員の過半数を獲得した人が新しい大統領候補になります。民主党も、党の全国委員会の特別会合を開いて決めます。どちらの党も副大統領候補がそのまま大統領候補になるわけではありません」
共和党の場合、再び全国大会を開くか、全国委員会にて代わりの候補者を決定する。民主党の場合、「全国委員会の特別会合」で決めるとのことだ。これまでに、健康上の理由で副大統領候補を選び直した例はあるが、大統領候補の立候補が取り消されたことはないという。

また、07年に総務省で行われた「補充立候補制度等のあり方に関する研究会」第3回の配布資料によると、米大統領候補者が死亡した場合の措置については、米国の連邦法においては規定されていないとしている。こちらでも、党での候補者決定から選挙人投票までの間に不測の事態があれば、

「それぞれの政党が全国委員会を開催し、改めて候補者を決定する」
と、全国委員会を開催し、「改めて候補者を決定する」とのことだ。なお、投票後に当選者に万が一の事態があれば、副大統領に当選した人が大統領になるという。』

2024年、共和党はニッキー・ヘイリーを初の女性大統領候補者として擁立するだろう
(2020年08月27日(木)14時30分)
https://www.newsweekjapan.jp/watase/2020/08/2024.php

富士通社長が謝罪 東証システム障害

富士通社長が謝罪 東証システム障害
「原因究明と再発防止に全力」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64607090V01C20A0000000/

『富士通の時田隆仁社長は5日、東京証券取引所で1日にシステム障害が発生し、全銘柄の取引が終日停止されたことについて「障害の原因となった機器の納入、システムを構築した企業のトップとして、多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりおわびする」と謝罪した。問題発生以降、時田社長がシステム障害について言及するのは初めて。

自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた取り組みを紹介するオンライン会見の冒頭、システム障害について謝罪の言葉を述べた。「原因究明と再発防止に全力で取り組む」と話し、東証と連携して速やかに再発防止策を講じるとした。

東証で1日に発生したシステム障害は、売買注文を受け付ける基幹システム「アローヘッド」が引き金となった。運用をつかさどる記憶装置のうち1台で、制御用のメモリー(主記憶装置)が故障した。故障が発生すると本来は自動的に代替機に処理が切り替わるはずだったが、機能しなかったという。東証は1日の会見で、「富士通と共同で原因の解明を進めている」と説明した。

東証は2012年にもアローヘッドのシステム障害を起こしている。このときはサーバーで故障が発生し、適切に代替機に処理が切り替わらなかった。富士通は当時も東証と共同で原因究明にあたり、再発防止策を講じた。装置の種類は異なるが、代替機に切り替わらなかった点は今回も共通する。

金融庁は2日、日本取引所グループと東証に対し、金融商品取引法に基づく報告徴求命令を出した。装置の点検が十分だったかや、内部管理体制などについて報告を求める。』

Windows10の破損したシステムファイルを修復する方法

Windows10の破損したシステムファイルを修復する方法【できない場合も】
https://itojisan.xyz/settings/18571/

※ 上から順に、試してみた…。

※「DISM」も、やってみた…。

※ セーフモードや、回復環境で「sfc/scannow」やってみても、この通りだ…。

※ 一時、「設定」が使えたんで、「システムの復元」も実行してみた…。9月28日の状態まで「復元」してみたが、やはり、HDDは見えて来ない…。

※ 残るは、「方法9:Windows10を初期化する」だけか…。「方法6:手動で正しいシステムファイルを上書きする」は、ちょっとヤル気がしない…。

※ どうしたものだろうか…。

※ 前にちょっと語ったが、実は、もう一台PCを組む予定になっている…。今日、最後のパーツが配送される予定だ…。

※ そっちの方に、多大の時間が食われるだろう…。

※ こっちの方は、後回しだな…。バックアップ自体は、USB外付けのHDDが使えるんで、取れることは取れる…。

※ 過去のバックアップのサルベージは、まあ、後回しでもいいか…。

※ ありゃりゃ…。重要なファイルだけでも、バックアップ取っておこうと、今試みた…。そしたら、USB外付けHDD、見えなくなっているぞ…。最近買った、一番デカいHDDだ…。

※ システムファイル、徐々にいろんなものが「死んで」行っている可能性がある…。

※ ちょっと、困ったな…。