菅政権の人材配置、関連…。

首相補佐官に共同通信前論説委員
柿崎明二氏
https://www.47news.jp/politics/5312799.html

『政府は29日の閣議で、首相補佐官に共同通信社前論説副委員長の柿崎明二氏(59)を充てる人事を決定した。10月1日付で就任し、政策の立案と検証を担う。これに先立つ9月30日付で共同通信社を退職する。首相官邸によると、国会議員を経ずに報道機関出身者が首相補佐官に就任するのは初めて。

 加藤勝信官房長官は記者会見で「これまでの知識、経験を踏まえて政策全般について評価、検証、改善すべき点を必要に応じて首相に進言を行っていただく」と述べた。

 柿崎氏は秋田県出身で早大卒。毎日新聞社を経て1988年に共同通信社入社。2019年から論説副委員長。9月16日から総務局付』

衆院予算委員長に金田氏 議運・高木氏、国家基本・浜田氏―自民内定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092900979&g=pol

『自民党は29日の総務会で、衆院の常任・特別委員長、審査会長の人事を内定した。予算委員長に金田勝年元法相、党首討論を取り仕切る国家基本政策委員長に浜田靖一元防衛相をそれぞれ起用。議院運営委員長は高木毅氏が続投する。10月下旬に召集予定の臨時国会で選ばれる。』

自民、行革推進本部長に棚橋氏
衆院委員長候補も内定
https://www.47news.jp/politics/5313137.html


『自民党は29日の総務会で、行政改革推進本部長に棚橋泰文元科学技術担当相を起用するなどの党役員人事を決定した。衛藤征士郎元衆院副議長は憲法改正推進本部長に充てた。10月23日か26日の召集を軸に調整している臨時国会で選任される衆院の常任、特別委員長候補も内定した。

 幹事長代理は林幹雄、石井準一両氏を再任したほか、新たに柴山昌彦氏が就いた。党紀委員長には衛藤晟一氏の就任が決まった。

 衆院人事候補では、党憲法改正推進本部長だった細田博之氏を憲法審査会長に充てる。党首討論を開催する国家基本政策委員長には浜田靖一氏を内定した。』

自民、政治改革本部長に塩崎氏
改憲は衛藤征士郎氏
https://www.47news.jp/politics/5314081.html
『自民党は29日の総務会で、党・政治制度改革実行本部長に塩崎恭久元厚生労働相を再登板させるなどの党役員人事を決めた。衛藤征士郎元衆院副議長は憲法改正推進本部長に、棚橋泰文元科学技術担当相は行政改革推進本部長にそれぞれ就いた。拉致問題対策本部長と1億総活躍推進本部長は参院から起用する方向で調整を進める。』

青年局長に牧島氏、初の女性 自民
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092900928&g=pol

『自民党は29日の総務会で、青年局長に牧島かれん衆院議員(43)=当選3回=を充てる人事を決めた。青年局長への女性起用は初めて。同ポストは竹下登、麻生太郎、安倍晋三各氏などの首相経験者も務め、若手政治家の「登竜門」とされる。
【議員情報】牧島 かれん(まきしま かれん)

 牧島氏は同日、党本部で記者団に「次世代の女性、女子学生の皆さんにも青年局の活動に活発に参加してもらえるきっかけになればいい」と語った。』

国会議員情報
牧島 かれん(まきしま かれん)
https://www.jiji.com/jc/giin?c=syu&d=6773c548013e6785ded2d11fe31c89d0