安倍前首相「菅氏、ずいぶん前から後継資格者」

安倍前首相「菅氏、ずいぶん前から後継資格者」
安倍前首相インタビュー詳報(上)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64309070Y0A920C2SHA000/

『安倍晋三前首相は日本経済新聞のインタビューで菅義偉首相に関し、後継候補として「ずいぶん前から有資格者だと思っていた」と明かした。総裁選で敗れた自民党の岸田文雄前政調会長については「『時、利あらず』ということだったのだろう」と述べた。菅政権への期待なども聞いた。

【関連記事】
安倍外交、同盟強化が起点 安倍前首相インタビュー
――体調はその後、いかがでしょうか。

「新しく使い始めた薬が非常に良く効いて、順調に快復している」

――後継に菅首相が就きました。

「私の健康上の理由で急なことになった。後継者はリリーフかつ先発投手という立場になる。安倍政権の官房長官としてすでに政策の中枢にいて、すべてを把握する菅氏にやってもらうのは非常に安心できると思った」

――菅首相が後継候補だと考え始めたのは7、8月の頃でしょうか。

「ずいぶん前、ある程度前から有資格者だと思っていた。あとは菅氏にその意思があるかどうかだった」

「今から思うと(来年9月の総裁任期末まで)あと1年と少しとなって『ポスト安倍』ということが言われ始め、菅氏もそういう選択肢を考えたのかもしれない。(菅氏を支持するという)そういう声が高まれば(総裁選に出馬する)気持ちが出てくるのは当然だ。政治家なら常に思うことだ」

――菅首相を巡っては新元号「令和」を発表したころから知名度が高まりました。

「総裁選で国会議員が1票を入れる場合、議員の心理は世論で反応のある人へと動く。そこが昔と、小選挙区制になった現在で異なる」

――菅首相の出馬の決断は素早いものでした。

「割り切りが良かった。私が辞めると言った段階でアベノミクスを継承すると言った。そういうところが菅氏の強みだ。(安倍氏の出身派閥である)細田派も菅氏でいいじゃないかとなった」

――安倍氏の意中の人は岸田氏ではないかと言われてきました。

「岸田氏は政治家として本当に誠実な人だ。外相としても大きな業績を残した。政治家にありがちな『自分が自分が』というのも全くない。確かに発信力が弱いと指摘する人もいる」

「私が急に辞めるという短期的な政局となり、残念ながら『時、利あらず』ということだったのだろう。ただ総裁選後半のパフォーマンスは良かった」

――菅首相は政権発足当初から具体的な政策を次々に打ち出しています。

「秋田県から出てきて、横浜市という浮動票の多い都市部の小選挙区で勝ち続けてきた人だ。人々が何を考えているのか、気持ちをすくい取るのが非常にうまい」

「携帯電話料金が家計に占める割合が多くなっているとみるや料金の引き下げを求める。出生率を上げなければならないときに、不妊治療の費用が大きな負担になっていると聞くと負担軽減に取り組む。アンテナを高くして、そういう声に応える具体的な政策を打ち出している。テンポは非常に良い」

――菅首相の首脳外交の手腕は未知数だとの見方もあります。

「菅氏は各国首脳と順調に電話協議を進めている。トランプ米大統領との電話も非常に気の合った協議になったと菅氏本人から聞いた」

「官房長官時代に駐日米大使らと頻繁に朝食会などで意見交換し、様々な交渉もしていた。すでに外交の要諦はおさえている。米側からも信頼されている。2019年には訪米してペンス副大統領らにも会った」

「安倍政権において7年8カ月超、一貫して官房長官を務めたという経歴は、ずっと政権の中枢にいたということで相手側には安心感となる。外交でそれは財産だ」

――北朝鮮による日本人拉致問題などは菅政権に残された課題となりました。

「菅氏は官房長官時代に拉致問題担当相も兼任し、日本にとっての問題の重要性や難しさは十分理解している。拉致被害者のご家族の気持ちにも寄り添ってくれていると思う。全く安心して任せられる。菅氏なら間違いない」

――あえて助言するとすれば何でしょうか。

「菅氏は本来、非常に強い改革志向をもっている。改革は政権ができた当初の勢いがあるときが一番進めやすい。今の勢いを生かして、向こう傷を恐れずに思い切ってやってほしい」

――内閣支持率が高いうちに早期の衆院解散を求める声があります。

「解散は首相が下す最も難しい判断だ。たった1人で下す判断であり、これだけは誰にも相談できない。政権の命運がかかる勝負となる。研ぎ澄まされた『政治家・菅義偉』の判断、培ってきた勝負勘で決めてもらえれば良いと思う」』

帝国の図表化:トランプの財政のタイムライン

※ こういう記事も、出回るようになった…。

※ 今までは、「富豪」という属性も、「のし上がったトランプ」「アメリカンドリームの体現者」という好意的な捉えられ方だった…。そういう属性が、また、一部の「トランプ岩盤支持層」にウケた側面もあったんだろう…。

※ しかし、「4回も破綻に見舞われて、巨額の債務を負った。」とは言え、「納税を免れていた」という側面が、ネガティブに報じられるようになってきている…。

※ そういうことが、「トランプ支持」に、どう影響することになるのか…。

※ 今日は、こんなところにする…。

帝国の図表化:トランプの財政のタイムライン
ことでラスBuettner、ガブリエルJXダンス、キース・コリンズ、マイク・マッキンタイアとスザンヌ・クレイグ 2020年9月27日
https://www.nytimes.com/interactive/2020/09/27/us/donald-trump-taxes-timeline.html?action=click&module=Spotlight&pgtype=Homepage

【図解・国際】米大統領選の主な日程、今後の流れ

※ 早いもので、あと5週間しかなくなった…。

※ 3回のテレビ討論の行方が、「関ヶ原」だ…。

※ 両陣営ともに、巨額の資金を投入して、「メディア合戦」を戦っている…。

※ 世論調査では、バイデン氏リードと伝えられているが、クリントン氏のケースもあったしな…。

※ まだまだ、流動的だと思う…。

https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_america-election-schedule

情報BOX:米大統領選の主なスケジュール
https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20200817047.html

焦点:亀裂深まる米大統領と軍首脳、「トランプ流」失敗の理由

https://jp.reuters.com/article/usa-trump-military-idJPKCN26G0EW

『(ロイターの日本語版)
[ワシントン 23日 ロイター] – ドナルド・トランプ米大統領は就任当初、国家安全保障関連の最高幹部として数名の退役将軍を登用し、自称「史上最大」の国防予算強化を誇らしげに打ち出した。

9月23日、ドナルド・トランプ米大統領は就任当初、国家安全保障関連の最高幹部として数名の退役将軍を登用し、自称「史上最大」の国防予算強化を誇らしげに打ち出した。写真は2019年11月、アフガニスタンのバグラム空軍基地を訪問したトランプ米大統領(2020年 ロイター/Tom Brenner)
同盟国に自前の軍事支出の増額を求める政策を外交の要に据えるとともに、米軍に数千名の犠牲をもたらしてきた中東地域での「切りがない愚かな戦争」から手を引くことを公約した。

だが共和党出身のトランプ大統領は、その一方で軍トップの将軍らを嘲笑し、いくつかの重要課題に関する彼らの情報や提言に耳を傾けず、その知性や勇気、兵士たちに対する責任感に疑問を呈した。

トランプ大統領が政権浮揚のために軍を利用し、政治的に中立であろうとする国防総省の努力を意図的に損なっている、との批判もある。

ビジネスマンとして、テレビのリアリティーショー番組でも活躍したトランプ氏は、ときには味方である共和党内も含めてエスタブリッシュメントを批判しつつ、2016年に大統領選挙に勝利して初の公職に就いた。

最近では新型コロナウイルスに関する政府内の公衆衛生専門家の提言を無視するなど、公然とアドバイスを拒絶することも多いが、それでも支持基盤が大きく損なわれることはない。軍上層部に対する態度も含めた侮蔑的なアプローチが、2期目の4年間に向けた11月の選挙での勝利につながるかは不透明である。

今月、軍務経験の無いトランプ大統領は、2018年の訪仏中に第一次世界大戦中の戦没米兵を「負け犬」「カモ」呼ばわりしたとの「アトランティック」誌の報道への対応に追われた。

<現場の兵士には愛されている>

トランプ大統領就任後の演説やツイートの検証、そして側近や軍当局者へのインタビューからは、同氏が将軍たちを絶賛したかと思えば、彼らを無能と表現することもあるなかで、大統領と軍の矛盾した、そして着実に悪化しつつある関係が見えてくる。

トランプ氏が好んで口にするのは、現場に近い兵士たちにより多くの関心を払っている、ということだ。

トランプ氏は2019年に行われた保守派の集会で、「いま何が起きているのか、将軍たちよりも兵士たちから多くを学べる場合がある。本当だ。言いたくはないが、将軍たちにはいつもそう伝えている」と述べている。

今月、現役の軍人を軽んじているとの批判を受け、トランプ氏はまた同じ主張を繰り返し、悪意があることを否定した。

「米軍が私を好んでいるとは言わないが、兵士たちからは愛されている」とトランプ氏は記者団に語った。「国防総省のトップ連中は恐らく私が気にくわないのだろう。彼らは、爆弾や飛行機その他もろもろを作っているご立派な企業が皆ハッピーでいられるよう、戦争ばかりしたがっているからだ」

複数の現・元軍当局者によれば、トランプ氏は最初のうち将軍たちを大げさに称賛したものの、彼らの進言が自分の希望に沿わないことで苛立ちを深め、前政権から引き継いだ戦争にウンザリし、軍上層部が政治的中立を維持することを忠誠心の欠如と捉えて不快感を抱いているという。

軍当局者らは、トランプ大統領は米軍内からの政治的支持をあからさまに求めることで行動規範を無視していると訴えている。米軍の忠誠の対象は、いずれかの政党や政治運動ではなく、連邦憲法であると想定されている。

「政・軍のあいだの規範があればこそ、非常に長期にわたって政治からの圧力に耐えることができる」とある軍当局者は匿名を条件にロイターに語った。「だが、すでに亀裂が見られる。軍の政治利用がもう行われている」

トランプ政権のもとで任務に就いていた元国防当局者は匿名を条件に、この問題は、突き詰めればトランプ氏が軍の忠誠をどう考えているかという点に帰着する、と話す。「軍は自分の味方なのか違うのか、自分の側につくのか歯向かうのか、というのが彼の発想だ」

トランプ氏は米軍の兵士たちの擁護者を自称しているものの、「ミリタリー・タイムズ」誌が実施した調査によれば、軍関係者のあいだでの同氏への支持は低下している。

大統領就任当初、トランプ氏を「好ましい」とする回答は46%、「好ましくない」とする回答は37%だった。7月・8月に行われた最新の調査では、それぞれ38%、50%と逆転している。

<国民を団結させない初の大統領>

6月、軍首脳は、短期間ではあるが米国内の政治的分断に巻き込まれた。トランプ氏がホワイトハウスに近い教会を徒歩で訪れ、聖書を掲げて写真を撮らせたとき、国防総省上層部が同行したのである。だがその直前には、州兵部隊の支援を受けた警察が催涙ガスやゴム弾を使って、非暴力的な抗議活動参加者を一帯から排除していた。

州兵部隊のアダム・デマルコ少佐は、連邦議会の公聴会に出席し、この取締りに対する懸念を陳述するという異例の行動に出た。

デマルコ少佐は、「6月1日の夜にラファイエット広場で目撃した出来事は、私や仲間の州兵たちにとって、ひどく気掛かりなものだった」と述べた。

国内で広がる抗議行動への対応にトランプ氏が軍の動員を示唆したことに対し、数名の退役大将はこれを非難する声明を発表するに至った。

トランプ政権の最初の2年間に国防長官を務めたジェームス・マティス元海軍大将の反応には失望感が現われている。

「これまで私が生きてきた中で、米国民を団結させようとしない大統領は、ドナルド・トランプ氏が初めてだ。彼はその素振りさえ見せようとしない」とマティス氏は書いている。「その代わり、彼は私たちを分断しようとする。私たちがいま目にしているのは、これまで3年間の、そうした計画的な試みの結果だ」

陸軍大将のマーク・ミリー統合参謀本部議長は、後になって、その日トランプ氏に同行したことは失敗であり、「軍が国内政治に関与しているという印象」を与えてしまったと認めた。

<称賛したマティス氏を今は酷評>

その後トランプ氏はマティス氏を「世界で最も過大評価された将軍」と酷評するようになった。

将軍たちとの関係悪化の最初の徴候は、政権初期に現われていた。

2017年夏、トランプ氏はホワイトハウスの危機管理室で、マティス国防長官、H.R.マクマスター国家安全保障担当補佐官(陸軍中将)、レックス・ティラーソン国務長官らとアフガニスタンにおける米軍部隊の規模について協議していた(肩書きはいずれも当時)。

政権元幹部がロイターに語ったところでは、[元]将軍らは部隊の増強を求めており、「トランプ氏にその要望をはっきりと示せば、承認が得られるだろうと思っていた」という。

だがその要望に対して、トランプ氏はあらゆる種類の疑問を投げかけた。20分で終る予定の会議は2時間にもわたった。

「彼は、将軍たちであれ誰であれ、とにかく問い詰めた。『なぜ増強するのか』『いつになったら撤退できるのか』『どのような勝利が得られるのか』 ひどく居心地が悪かった」と元幹部は言う。

会議が終った後、トランプ氏は彼らに「現実的なオプション」を出すよう求めた。

トランプ氏は、前任のバラク・オバマ大統領によるアフガニスタンからの撤退命令をいったんは覆したものの、任期の終わりを迎える今、年内に駐留部隊の規模を4000人に削減し、和平交渉が成功すれば来年には完全に撤退することを予定している。

マクマスター氏はトランプ大統領のもとで国家安全保障担当補佐官を1年あまり務めた後に解任されたが、同大統領のアフガニスタン政策を厳しく批判しており、米国の支援下にあるカブール政権と対立するタリバーンと手を組んでいると非難している。

国防総省の首脳は、国外における米国の影響力という点でも、国内の安全保障という点でも、同盟国との関係が非常に重要であると考えている。彼らは、トランプ氏が中国やロシア、北朝鮮の首脳との良好な関係を誇る一方で、ドイツや韓国といった同盟国に敵対的なアプローチを取ることに警鐘を発している。

マーケット大学のリサ・ブルックス教授によれば、米軍首脳は、オバマ前大統領が国防分野の問題に過剰介入してきたと感じており、当初はトランプ氏のアプローチを歓迎する向きもあったという。

「だが現在では、(軍と政権の関係は)まったく別のレベルにあると思う。トランプ氏が今やっていることの一部は、組織としての軍の利害・品格に対する挑戦と考えられている、というのが今の状況だろう」と同教授は言う。

分かりやすい例の1つが、海軍特殊部隊シールズのエドワード・ギャラガー隊長が、イスラム国戦闘員捕虜の遺体のそばでポーズを取って写真を撮影させたことで告発された事件に、トランプ氏が介入したことである。

軍上層部により不当な待遇を受けている兵士たちの擁護者を自任するトランプ氏は、ギャラガー隊長の降格処分を撤回させ、後に海軍長官は解任された。

2019年11月にフロリダ州で行われた集会で、トランプ氏は「私は常に、我が国の偉大な戦士たちを支持する」と語った。

(Phil Stewart記者、Idrees Ali記者、Steve Holland記者、翻訳:エァクレーレン)』

激怒したアメリカが、台湾を本気で支援し始めた

習近平も慌てふためく…激怒したアメリカが、台湾を本気で支援し始めた
台湾の次は、尖閣諸島が危ない…
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75889?imp=0

※ この米国の動きが、本気の台湾支援なのか、それとも単なる「対中カード」に使っているだけなのか…、の見極めが重要だ…。

※ いずれ、直ぐ直ちの「台湾武力併合」は、許さない…、ということは確かだと思う…。

※ それを超えて、「台湾の国家としての承認」にまで進むつもりなのかは、ちょっと分からない…。例えば、「国連加盟を尻押しする」とか…。WHO加盟は、一時尻押しの動きを見せたよな…。

※ いずれ、今回のコロナ騒ぎに乗じた、中国の機会主義的な動きに対して、相当に頭に来ていることは、確かだろうと思う…。

※ そういう米・中・台の動きは、否応なしに日本に波及する…。

※ その中で、どう舵取りして行くべきなのかを、考える必要がある…。

※ テキストは、相当に長いので、リンク先で読んでくれ…。

〔中東、アフリカ関連〕

中東の「放置火薬」、経済回復に影 ベイルート爆発の数百倍も 投資家警戒、復興阻む
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64309620Y0A920C2EAF000/

レバノン組閣断念、新首相候補が辞意 混乱長期化の懸念
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64294420W0A920C2FF8000/

レバノンの組閣断念「裏切り」 政治指導者への制裁示唆―マクロン仏大統領
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092800149&g=int

パレスチナ議長、中東和平の国際会議「21年早期に」 国連に要請
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64287020W0A920C2000000/

国境で銃撃戦 ソマリア軍とケニア軍
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092700123&g=int

『【モガディシオAFP時事】ソマリアとケニア、エチオピア3カ国の国境が交わる一帯で26日、ソマリア軍とケニア軍による銃撃戦が発生した。国境を挟んだソマリア側の町で、ケニア軍によってソマリア人3人が「25日に拉致された」と抗議するデモがあり、ケニア軍が発砲。ソマリア軍が応戦した。
 現地のソマリア警察は電話取材に「銃撃は数分続いた」と語った。複数の証言によると、3人は殺害されたと憤るデモ隊が国境沿いのケニア軍施設に接近、ケニア軍が発砲を始めた。死者の情報はない。』

アルメニアとアゼルバイジャン、係争地巡り戦闘

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64301670X20C20A9FF8000/

『【モスクワ=小川知世】旧ソ連のアルメニアとアゼルバイジャンが帰属を巡って対立するナゴルノカラバフで27日、両国軍による戦闘が起きた。死傷者が出たとみられ、両国が互いに相手側が攻撃を始めたと非難している。地域での紛争再燃に懸念が強まっており、ロシアや欧州は双方に即時停戦を訴えた。

アルメニア国防省は同国軍がアゼルバイジャン軍を攻撃する映像を公開した(27日、ナゴルノカラバフ)=AP
画像の拡大

ナゴルノカラバフはアゼルバイジャン西部に位置し、アルメニア系住民が独立を主張する。両国は帰属を巡る紛争でソ連末期から対立し、1994年の停戦合意後も衝突を繰り返してきた。7月には両国軍がナゴルノカラバフに近い国境地帯で交戦し、死者が出た。

アルメニア当局は27日、攻撃を仕掛けたアゼルバイジャン軍の戦車やヘリコプターを攻撃したと発表し、戒厳令を宣言した。アゼルバイジャン当局はアルメニア軍による攻撃を阻止し、民間人を守るために反撃を始めたと発表し、互いに対決姿勢を打ち出している。

周辺国は天然資源が豊富なカスピ海周辺地域での緊張激化に危機感を強めている。アルメニアに軍を駐留するロシアのラブロフ外相は27日、アルメニアとアゼルバイジャンの両外相や、アゼルバイジャンと関係が深いトルコの外相と相次いで電話協議した。ラブロフ氏は即時停戦を訴え、仲介に努める考えを示した。フランスやドイツも平和的な解決を求めた。』

戦闘の死者23人に アルメニアとアゼルバイジャン
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092800142&g=int