ジクジクした暑さで、オニューのパソコンがギブアップ : 机上空間

http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/23586875.html

 ※ 机上空間さんのサイトからだ…。

 ※ 今年は、オレも「熱トラブル」に見舞われた…。

 ※ いきなり、システムがシャットダウンした…。

 ※ バイオス表示させると、「CPUが88℃になっています!」というアラートが出てた…。

 ※ 兆候は、あった…。やたら、HDDにアクセスしてて、そっちの処理に引っ張られて、マウスの反応が鈍くなっていた…。「おんや?」と訝しんでいると、シャットダウンした…。

 ※ ウルサイのが嫌いなんで、設定は思いきり「静音」寄りに振ってある…。マザボのファン設定は、すべて「Silent」…。グラボは、「0db(ゼロ・デシベル)」ファン設定にして、低負荷の場合は、ファンが回らないようにしてある…。PCケースも、いわゆる「静音ケース」(窒息系)…。
 一応、ゆるくエアコンかけて、少しは冷やしていたが、CPUの温度が急激に上がったらしい…。
 水冷は、興味はあるが、「ポンプ音が、けっこうウルサイ。」という話しと、「手間の割には、そんなに冷えない。」という話しも聞くんで、採用してない…。「本格水冷だと、システムと同じくらいの費用がかかる…。」とも聞くしな…。

 ※ 対策は、PCケースの側板外して、フロントドアも開放した…。

 そして、バイオス設定で、CPUの温度モニターを、「Ignore(無視)」にした…。
 これは、緊急時の「応急処理」として、有効なんで、覚えておくといい…。
 前にも何回か、「CPU Fan error!」表示が出たときも、これで凌いだ…。
 原因を突き止めて、平常運転に戻れたら、ゆっくり元に戻せばいい…。

 ※ どうもRyzenは、熱に弱そうだ…。まあ、AMDの伝統だが…。

 ※ 今、もう一台PCが必要な状況になってきて、パーツを物色している最中だ…。

 ※ やはり、Intel系にした方が良さそうな感じだな…。