ラオス、中国への送電網管理を放棄

https://www.econotimes.com/Chinese-firm-to-run-Laos-electric-grid-amid-default-warnings-1591542

『(グーグル翻訳文)
2020年9月6日日曜日7:50 AM UTC
ラオスは、潜在的な債務不履行を食い止めるために、電力網の過半数の支配権を中国南方電力網有限公司に譲ることになる。

電力網の株式保有契約は、国有の電気工デュラオス(EDL)と中国南部間で締結され、ラオスを最大の債権者である中国にさらに拘束する。

ラオス政府の規制の下で事業を行うが、その財務力に加えて、電力網の建設、運用、および管理における中国南方の経験を活用する新会社が設立されます。

ラオスのエネルギーと鉱山の大臣、Khammany Inthirathは、経験、技術、人的資源における中国企業の利点により、この契約は彼らにとって有益であると主張しました。

ラオスの中国大使館のウェブサイトによると、東南アジア諸国は送電資産を運営し、徐々に株式を買い戻すことができるとのことです。

電力の輸出はラオスの開発計画の中心であり、EDLTはローカルグリッドと国際接続に約20億ドルを投資する予定です。

中国は、習近平国家主席の世界的な「ベルトと道路」のインフラ構想の下で融資を受けた国々で戦略的優位を獲得した「債務トラップ外交」で非難されている。』